2016年6月16日 更新

主食から始める、美しい食生活! 日本人だからこそ身に付けたい"ご飯"の作法。

日本人の主食、ご飯。幼い頃から食卓の上にあるのが当たり前で、「1日に1回は食べないと気が済まない!」という人もいるのではないでしょうか。でも、少しだけ立ち止まって考えてみてください。あなたは、ご飯の正しい食べ方や盛り付け方を把握していますか? あまりにも身近な存在すぎて、軽視しがちなご飯の作法。日本人として、しっかりと身につけておきましょう!

よそい方ひとつで、美味しさが倍増!

yellowrail/Shutterstock.com (19840)

via yellowrail/Shutterstock.com
まずは、ご飯のよそい方から。
そもそも、なぜ"盛る"ではなく"よそう"というか知っていますか? "よそう"とは、「身だしなみを整える、風情を添える」という意味があります。10世紀頃から使われている言葉で、昔の人がいかに趣や丁寧さを重んじていたかが伺えますね。それでは、具体的なご飯のよそい方を5ステップでご説明しましょう。

①炊き上がったご飯を混ぜる。
米と米の間に空気を入れるように、底から返すように混ぜましょう。
炊き上がったまま放っておくと、硬くなってしまうので注意です。

②しゃもじに水をくぐらせる。

③ご飯をそっとすくい上げ、茶碗によそう(1回目)。
よそうご飯の量は5〜6分目。
1度に全部よそってしまうのは、「仏壇に供えるご飯が1回よそい」という観点から好ましくありません。

④茶碗の8分目くらいまでよそう(2回目)。

⑤しゃもじを使って、三角山に整える。
"よそい方の作法"の要ともいえる過程です。
しゃもじを少し立てるようにして、中央が盛り上がるように体裁を整えましょう。ご飯だけでなく、どんな料理も"三角山"に盛り付けると、美味しそうに見えます。パスタが簡単&綺麗でオススメですよ。

美しい所作は、お箸の使い方から。

bepsy/Shutterstock.com (19843)

via bepsy/Shutterstock.com
ご飯をよそったら、丁寧に頂きましょう。
ポイントとなるのは、お箸の使い方。茶碗を左手(右手)に持ち、お箸の先端1.5〜3㎝を使い、少量ずつすくい上げて口に運びます。昔から「箸先五分、長くて一寸」と言われますが、五分とは一寸の半分(約1.5㎝)、一寸とは一尺の10分の1(約3㎝)のこと。ガツガツ食べるのは元気があって良いですが相手に失礼。一度に多く口に含むのも、ご飯の味を損ねてしまいます。また、あちこち食べ散らかすのではなく、茶碗の手前から奥に向かって食べるのが正しい順序。ご飯の上に"おかず"を乗せて取り皿代わりにするのも、やりがちですがマナー違反なので注意しましょう。

ちなみに、洋食レストランで出される平皿ライス。
食べ方に迷う人が多いですが、明確なルール・マナーはありません。ナイフを使ってご飯をフォークの背に乗せる方法が一般的ですが、自分のやりやすいように食べればOKです。いずれにせよ、無理なくスマートに、食事を楽しむことを忘れないでくださいね。

和食は、"目"で食べる料理。

NOBUHIRO ASADA/Shutterstock.com (19846)

via NOBUHIRO ASADA/Shutterstock.com
料理は見た目が美しければ、より美味しく食べられます。
それを特に重んじているのは、「目で食べる料理」と称される和食でしょう。だとすれば、その中でも主食であるご飯の作法には、より一層のこだわりを持ちたいところです。とはいえ、食事は楽しむことが最も大事。決して堅苦しく考える必要はないですが、一人の日本人として、基本的な作法は身につけておきたいところですね。

thumbnail pictures by taa22 /Shutterstock.com
9 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

玄米よりも優秀!?ヘルシーで栄養たっぷりな「ワイルドライス」に注目!

皆さん「ワイルドライス」ってご存知ですか?栄養価の高いスーパーフードの人気が高まる中、最近注目を浴び始めている食品です。「ライスとついているからにはお米なの?」「どうやって食べるの?」そんな疑問にお答えして、詳しくご紹介しましょう!

後からピリっと辛くなる!バターなしのコクうまエビカレー!

【動画】エビをたくさん入れたいエビカレー!さらっとした口当たりで、後からピリっとした辛さを感じます!バターを使わないレシピですが、コクがありエビがゴロゴロ入っているので満足感高いカレーです♪

食べ応え満点!香ばしい香りが食欲をそそる、ジューシー焼きいなり寿司

【動画】お弁当にピッタリ!こんがり焼き目をつけた油揚げの食感と、ほおばると口に広がる甘辛い出汁が絶品!今回はめんたい高菜漬けを混ぜて、大きめサイズで作ってみました。お好みの具でアレンジしても楽しいですよ。

春の山菜をどうやって楽しむ?定番の「ふきのとう・わらび・うど」の美味しい食べ方

春になると食べたくなる自然の恵み、山菜ですが、実家や親戚からどっさり送られてきて困った経験はありませんか?山菜で定番の「ふきのとう、わらび、うど」を3つまとめて、下処理と美味しい食べ方をご紹介します。

ポスト「コシヒカリ」!?新潟の新ブランド米「新之助」が高評価らしい!

新潟のコシヒカリは言わずと知れた名ブランドですよね。そんな新潟県の米研究120周年を記念する新品種が「新之助」なんです。既に試験販売を終え、今年の秋から本格的に出荷がはじまる新之助をご紹介します!

キーワード

ライター

ビデリシャス編集部 ビデリシャス編集部