2016年8月8日 更新

汚れの原因に合わせてお手入れ方法を変えてみよう!簡単お風呂掃除のコツ

毎日入るお風呂は、いつも綺麗な状態をキープしておきたいですよね。 場所によって汚れ方も違うので、同じお手入れ方法では落ちないこともあります。 水アカ汚れ、石鹸汚れ、ピンクカビ、黒カビなど、汚れの種類で異なるお手入れ方法のコツについてご紹介します。

ツルツルの素材なら、まずは水洗いから

TanyaRozhnovskaya/Shutterstock.com (21947)

via TanyaRozhnovskaya/Shutterstock.com
浴室内がタイル、プラスチックなど表面がツルツルした素材なら、まずは水だけで洗い流してみましょう。
浴室内が滑らかな場合は、カビや汚れは“表面に乗っているだけ”という状態のこともあります。

シャンプーやボディソープで身体を洗ったとき、気付かない間に泡や汗が壁に飛んでいることがあります。
お風呂を出るタイミングで、壁にシャワーで冷水をかけてカビを防ぐようにしましょう。

また、カビ取り剤を塗った後にブラシでこすると、洗剤のニオイがきつくなることがあります。
カビ取り剤を塗ったら何もせずに時間に任せてじっくりと殺菌するのがコツです。
ブラシでこすってしまうとカビ取り剤をまき散らして殺菌する時間がなく、洗浄効果が落ちてしまうので注意しましょう。

洗剤を使っても駄目ならクエン酸と重層

FotoDuets/Shutterstock.com (21948)

via FotoDuets/Shutterstock.com
普段のお手入れで、浴室内を綺麗にするなら浴室用中性洗剤を使って洗えばOK。
浴室全体に洗剤をスプレーで吹き付けて2~3分放置したあと、スポンジでこすり洗いをして水で洗い流しましょう。

石けんカスや水アカで白くモヤモヤした汚れ、ざらついた汚れには“クエン酸”を使います。
1カップの水に対して、小さじ1~2杯のクエン酸を入れてよく振って混ぜ合わせてスプレーし、スポンジでこすって洗います。
どうしても落ちない場合は40度のぬるま湯でクエン酸スプレーを使うのも効果的です。

ヌメリ、ピンク色のヌメリ汚れには“重層”を使いましょう。
スポンジに重層を1カップ振りかけて、気になるところの汚れを落としたら、1カップのクエン酸水を振りかけます。
発泡しはじめたら30分~1時間程度放置してからお湯で洗い流しましょう。

頑固な黒カビ撃退には片栗粉が救世主!

bitt24/Shutterstock.com (21950)

via bitt24/Shutterstock.com
お風呂のふちや扉などの溝に発生した黒カビ汚れはお手入れが面倒なだけでなく、完全に落とすのは難しい場所でもありますよね。

そこで使えるのが、お料理に使う“片栗粉”です!
片栗粉の水に混ぜると固まる性質を利用して、液体の塩素系漂白剤、カビ取り剤と混ぜて使うことができるのです。

分量は、液体の漂白剤やカビ取り剤が大さじ1に対して片栗粉も大さじ1を混ぜ合わせて透明になるまで練るだけ。
しっかりと水気を拭き取ったゴムパッキンや、カビ汚れが気になるところに片栗粉洗剤を塗って5分ほど放置します。
ゴムは塩素系漂白剤に弱いので、長時間放置するのはNG。
片栗粉を使うことでしっかり汚れに定着するので効果的にカビ取り剤が浸透します。
5分経過したらシャワーで洗い流すか綺麗に拭き取れば、スッキリと綺麗にカビが落ちます。
片栗粉漂白剤を作るときは台所用の漂白剤も使えるので、わざわざ専用のカビ取洗剤を買う必要がないのも嬉しいポイントです。
台所や洗面台の水回りにも使えるので、頑固な黒カビ汚れが気になっている人は是非試してみて下さいね。
10 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

お風呂場の掃除はコツさえつかめば時短できる!今日からできる実践法

家族みんなのリラックスタイムに毎日使うバスルーム。でも、カビやヌメリ、鏡や蛇口回りの水垢…掃除する場所がいっぱいあるお風呂を綺麗にするのは時間もかかって一苦労ですよね。ここではなるべく時間をかけずにできる“ポイント掃除”のコツについてご紹介します。

寒い冬のお風呂掃除をバッチリ時短!もしかしたらみんなやってる!?上手な手抜き術

冬のお風呂掃除って億劫ですよね。床は冷たいし、あまり丁寧にやって時間をかけていると身体が冷えてくるなんてことも…。もちろん冬だけでなく、オールシーズンできるお風呂掃除の上手な秘密の手抜きテクニックをご紹介します!

面倒なトイレ掃除を簡単・スッキリ・キレイに保つコツと絶対やってはいけないこと

みなさんは週に何回トイレ掃除をしていますか? トイレ掃除にかける時間はどれくらいですか? 理想は毎日のトイレ掃除ですが、忙しいと中々手が出にくいですよね。 面倒だからこそ覚えておきたい時短テクのコツと、トイレ掃除でやってはいけない事例をご紹介します。

ズボラさん必見!面倒くさい掃除をパパッと済ませる3つのヒント

ちょっと気になる汚れも「まだそんなにひどくないし…」「他にやることいっぱいで掃除は後回し…」など、忙しい人やお掃除が苦手な人もいますよね。ちょっとのアイデアで綺麗をキープできる、目からうろこのお掃除術3つの“ヒント”をご紹介します。

忙しい人にこそ使ってほしい!きれいに片付いたお部屋を作るお掃除時短テクニック

子育てや家事に追われていると、どうしてもお部屋がちらかってしまいます。いざ掃除をしようと思っても、ゆっくり時間はとれません。 そこで活用してほしいお掃除時短テクニック&コツをピックアップして紹介します。

キーワード

ライター

ビデリシャス・ライター ビデリシャス・ライター