2016年10月25日 更新

脱・雑巾宣言!?これからの窓拭きはスクイージーで楽々お掃除が大定番★

今までの窓拭きは雑巾や新聞紙を使って一生懸命キレイにしていましたよね。 でもこれからはスクイージーが大活躍なのです! 新しい掃除道具を増やしたくないと思っている人も、これを読んだら大納得の理由があるんです。 どうぞ最後までご覧ください♪

寒い冬も大掃除も、窓拭きがツラくないスクイージー

 (27832)

持ち手があるスクイージーは、水が手に触れている時間が少なく、そんなに力を入れなくても簡単にお掃除することができます。

●まずはウォッシャーやシャンパーという、スクイージーにタオルがついたような道具で軽く水拭きをします。
汚れがひどい場合は、水に少し中性洗剤を混ぜて使いましょう。

●全面を拭いたら、スクイージーで水切りをしていきます。
使い慣れるまでは窓に対して横にスライドさせてかけると上手に仕上がります。
慣れたら一気に縦に水切りをすると、より手早く仕上がります!

●スクイージーを一列かけたらゴム刃の水気を切って次の列を綺麗にしていきます。
ガラスに対して垂直に当てるのではなく、少し斜めにして水を流し落とすようスクイージーを使うのがコツです。

●隅っこに溜まった水はタオルで拭き取れば終了です。
あまり時間をかけてしまうと水分が蒸発して水の跡が残ってしまうので気を付けましょう。

天気と服装を工夫して汚れを見つけよう

 (27833)

晴れた日や風が強い日、乾燥している時間帯に窓掃除をすると、拭き残しが目立ってしまうことがあります。
窓拭きは、湿度が高い方が汚れが落としやすくなりるので、朝方や曇りの日にするのがポイントです。

窓を拭く順番も、実は外側からやると効率的です。
光の具合によって、室内側の汚れが見つけやすいので外側から綺麗にしたあと、室内から拭きましょう。

また、黒っぽい濃い色の服を着ていると、窓ガラスに反射して汚れを見つけやすくなりますよ♪

サッシや窓のレールも真っ白キレイになる掃除テク

 (27834)

サッシのカビ汚れには、片栗粉を使うと綺麗になります。
漂白剤に片栗粉を混ぜてとろみをつけた、漂白液を用意します。
割合は「1:1」でOK。
カビが気になる部分に乗せて5分ほど放置したら、ウェットティッシュや雑巾で拭き取れば綺麗になります。

窓枠やサッシには、洗面器いっぱいのお湯に大さじ4~5杯の重曹を混ぜた重曹水を使うと綺麗になります。
レール部分に溜まっているホコリは掃除機などで吸い取ってから重曹水で拭き取ります。
歯ブラシや爪楊枝などを使って細かいところまで綺麗にすればスッキリしますよ♪
窓拭きが苦手な人も、スクイージーがあれば簡単に綺麗になります。
歯ブラシでの掃除が難しい場合は、スクイージーを買うついでにサッシブラシやスポンジを使うと便利です。
いらなくなった食器用スポンジなどを綺麗に洗ってから使いましょう。
見違えるほどきれいになるので、是非試してみて下さいね♪
10 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ホテル流!窓ふき掃除をプロから学ぶ目から鱗のお掃除テクニック

ホテルに行くといつも綺麗で清潔なガラスが目に入ります。多くの人が出入りするホテルなら、子供がベタベタ触ったり、大人でも不意に触ってしまうことはしばしば。実は、綺麗さをキープするために、とても簡単なテクニックと意外な秘密が隠されていました。

保冷剤の別の使い方は消臭剤以外にもある!保冷剤を使った意外な活用方法

保冷剤を使ったお掃除テクの一つとして、消臭剤としての活用法はすでにご存じの方も多いと思います。しかし、お掃除“そのもの”にも使えるということはご存知でしたか?実はあの保冷剤の中身、案外優秀なんです!

お風呂がいつもピカピカになる毎日の“ちょこっとケア”は何をすれば効果的?

お風呂掃除するのはおっくうだけど、毎日のことなのでやらないわけにはいかないですよね。夕方の忙しい時間を格段にラクにしてくれるお風呂掃除のコツをご紹介します。これまでの生活リズムが変わってくるかも!?

昔の常識は今の非常識!?もしかしたらまだやってるNG掃除テクと新常識

時代の流れで変化してきた住まい。昔は畳の部屋も多かったと思いますが、今はほとんどがフローリングですよね。使う素材も天然素材から合成素材まで様々。でも、掃除の仕方は昔と同じでいいのでしょうか?実はその常識お掃除テク、今は非常識かもしれません。

洗濯機の汚れはどうしたらいい?洗濯槽だけでは終わらせない洗濯機のお掃除

洗濯しても洋服がにおう人は洗濯槽が汚れているかも!?思わず見て見ぬ振りしたくなってしまいがちな汚れもしっかりケアをしてカビを防止!意外と汚れている洗濯機の細かいパーツもしっかり綺麗にしましょう♪

キーワード

ライター

ビデリシャス・ライター ビデリシャス・ライター