2017年1月8日 更新

お手伝いはコミュニケーションの一貫!子どもと一緒に楽しくお掃除する方法

子どもにお手伝いをお願いすると親子のコミュニケーション機会が増えて、関係が良くなります。 お掃除を楽しく一緒にするアイディアを紹介するので、休日などを利用してチャレンジしましょう。

子ども専用のお掃除グッズを用意しよう

Ilike/Shutterstock (31819)

大人用の掃除用具は大きすぎたり重すぎたりして子どもには使いにくく、お掃除嫌いの引き金になってしまいます。子どもが使いやすい大きさのはたき、スポンジなどを用意して「○○ちゃん専用」などとプレゼントしましょう。

エプロンや三角巾、雑巾などを作ってあげるだけでも、お手伝いのやる気が出ます。お掃除をお願いする場所は、ダイニングのテーブルや玄関など毎日目にするところが適しています。定期的にお手伝いする習慣がつき、責任感が育つためです。お掃除が終わったら「助かった、ありがとう」とお礼の言葉をしっかり伝えて、子どものやる気を引き出します。

兄弟姉妹がいればゲーム要素を取り入れる

Africa Studio/Shutterstock (31820)

兄弟姉妹がいる場合は競争心が強くなるので、ゲーム感覚でお掃除できる方法を考えましょう。庭掃除なら「制限時間を決めて誰が一番大きな落ち葉の山を作れるか競う」などの具合です。

一人っ子の場合でも、制限時間を決めてどのくらいきれいにお掃除できるかチャレンジさせる方法が考えられます。ママが夕ご飯の支度をするのと子どもがお風呂掃除をするのと競い、どちらが早いか比べる方法も良いでしょう。ちょっとした工夫をするだけで、子どもが自らお掃除します。
負けた子どもがすねてしまうことがないように「頑張ってくれたからママはうれしい」などのフォローも重要です。

上手にお掃除できなくてもしからない

Sofi photo/Shutterstock (31821)

せっかくお手伝いしたのに失敗はかりを指摘されると、途端にお掃除が嫌いになって、やる気をそぐ結果になります。ここが足りない、汚れが残っているなど気になる点を伝える前に「ありがとう、助かった」の一言を伝えてください。

そのうえで上手にできなかったところに対して「次からこうしたらもっといい」など、肯定的な伝え方を意識しながら教えていきます。少しお掃除に慣れてくると他の場所にも挑戦したいと言い出すもので、好奇心を素直に受け止め、とりあえずやらせてみましょう。できることが一つずつ増えていくとモチベーションにつながって、自らお掃除できる子どもになります。
母親にとっては自分でやったほうが早いと思うことでも、お手伝いをお願いしましょう。子どもと向き合う時間が増える分だけ、親子の絆が深まります。何事も経験が重要、と考えるゆとりを持って、子どもと向き合う気持ちが重要です。


thumbnail picture by Yuganov Konstantin/Shutterstock
10 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

昔の常識は今の非常識!?もしかしたらまだやってるNG掃除テクと新常識

時代の流れで変化してきた住まい。昔は畳の部屋も多かったと思いますが、今はほとんどがフローリングですよね。使う素材も天然素材から合成素材まで様々。でも、掃除の仕方は昔と同じでいいのでしょうか?実はその常識お掃除テク、今は非常識かもしれません。

洗濯機の汚れはどうしたらいい?洗濯槽だけでは終わらせない洗濯機のお掃除

洗濯しても洋服がにおう人は洗濯槽が汚れているかも!?思わず見て見ぬ振りしたくなってしまいがちな汚れもしっかりケアをしてカビを防止!意外と汚れている洗濯機の細かいパーツもしっかり綺麗にしましょう♪

エアコンの簡単カビ取り・掃除するコツ!業者まかせを卒業しよう

エアコンのカビの臭い、気になったことはありませんか。業者にお願いすると結構な費用がかかるので、カビ取りとお掃除を自分でスッキリすませる方法をマスターしましょう。

高い場所のほこり掃除をお忘れなく!快適な住まいを作る家事テクニック

天井やカーテンレールなど高い場所のほこり汚れ、気にしたことはありますか。ほこりがたまっているとアレルギー症状の引き金にもなり、小さな子どもがいるご家庭なら意識したいところです。正しいお掃除方法を見直して、快適な住まいを維持しましょう。

そういえばいつから掃除してない…?ついつい忘れられがちなお掃除スポット

大掃除はぬかりなく全部きれいにしたし大丈夫!と思っているかもしれませんが、実は見落としているスポットがあるかもしれません。みんながついつい忘れてしまう、指摘されて思わずハッと気づくお掃除スポットをご紹介します。

キーワード

ライター

ビデリシャス・ライター ビデリシャス・ライター