2017年4月16日 更新

衣類の毛玉取り、どうしてる?次の冬に備えて衣替えをする前にちょっと一手間

お気に入りのセーターやカーディガンなど、着る回数が多い分だけ気になるのが毛玉です。いつの間にか脇や腕にポロポロとついていたりすると、着古した感じが出てしまってなんだか汚いようなイメージにも。でも、引きちぎるのは絶対NG!毛玉取りのコツをお教えします。

毛玉ができる理由と毛玉を作らないコツ

homi/Shutterstock (34557)

そもそも、衣類に毛玉ができるのは繊維の摩擦によるもの。バッグが当たる場所や脇、手首のあたりに毛玉が発生するのはそのせいです。エプロンをしている人は肩周りにもできているかもしれません。また、ウールのようにフワフワした細かい繊維が絡み合うと毛玉ができてしまいます。

生地や糸が100%ウールといった天然繊維の場合は繊維自体が短いので自然と落ちて行くこともあるのですが、レーヨンなどの合成繊維と絡み合うと「取れない毛玉」ができてしまいます。

静電気を防ぐためのスプレーや、柔軟剤を使って洗濯をすることで静電気や毛玉になるのを防ぐことができます。洗濯するときは裏返しにして柔らかめのネットに入れて洗うのもポイント。表地はできるだけ他の衣類をこすれないようにしましょう。

やりがちな毛玉の取り方が生地を傷める?

Africa Studio/Shutterstock (34558)

毛玉だらけの洋服はみっともないので何とか綺麗に取りたいですよね。一番簡単なのは電動の毛玉取り機を使う方法。ここでやりがちなのが、服に強く押し当ててしまうこと。裏から指を当てて強く押し当てたりすると、繊維どころか生地自体を断ち切ってしまう恐れがあります。

中には、毛玉ではなく生地の繋ぎ目を切ってしまい、穴をあけてしまうことも。ここ最近ブームになっている毛玉ブラシも、品質によっては繊維ごと立ち切ってしまうものがあり、生地が薄くなってしまうこともあります。また、スポンジの固い部分を使って取るという方法も毛玉を引きちぎっているのと同じことなので、できれば避けた方がいいでしょう。

毛玉取り機やブラシがなくても毛玉を取る方法

pen kanya/Shutterstock (34559)

毛玉を取る時は手や膝の上でかけず、アイロン台などに乗せて生地を整えながら繊維に沿って刃を滑らせるのがコツです。これは電動の毛玉取り機でも毛玉ブラシを使うときも同じです。一回で毛玉を取ろうとして逆らってしまうと生地が薄くなってしまうこともあります。

生地の目に沿って優しく当て、ゆっくり滑らせるだけでOK。家に毛玉取り機やブラシがない場合は、カミソリで代用することができます。産毛をそる時と同じ要領で、生地の目に沿って優しく刃を滑らせるだけです。

ただし、気をつけないと生地を切ってしまうので注意しましょう。カミソリで毛玉を取る時も、アイロン台などの平たいところに置いて生地を少し伸ばしながら毛玉だけを剃り落とすのがコツです。
カーディガンやマフラーの毛玉も、できれば平面に置いてケアをしましょう。毛玉取りは何度も行うと生地が薄くなってしまうので、同時に毛玉を予防することも大切です。衣替えでセーターをしまう前に一手間加えて、また来る冬に備えておきましょう。


thumbnail picture by Africa Studio/Shutterstock
10 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

テーブルの上の紙類がうっとおしい!新聞やDM、はがきはみんなどうしてる?

テーブルやカウンターに置かれた紙類、細々とした物の正体は一体何でしょうか?いつの間にかテーブルの端に積まれていくチラシやDMなどの紙類をパパっと片付けられるコツをご紹介します。

カレーの隠し味、何を入れる?理想の味に近づける我が家のオリジナルカレーへの道

家で作るカレーっていつの間にか「我が家の味」として定着していますよね。隠し味には何を入れていますか?特に決まってないという人も、今までとはちょっと違う隠し味を試したいという人も、是非参考にしてみてください♪

ヘルシー唐揚げは二度揚げが鉄則!? 意外な方法で美味しくカロリーカットするコツ

唐揚げをカラッと揚げるコツとして二度揚げなどがあります。確かに美味しいのですが、どうしてもヘルシーさに欠ける気がしますよね。でも本当に二度揚げは高カロリーなのでしょうか?油分をできるだけカットしつつ、美味しくあげるコツをご紹介します。

チャーハンは弱火がパラパラのコツ!IHでも実現可能なパラパラチャーハン

チャーハンと言えば、強火で一気に調理するものだからフライパンで一気に作るのが鉄則!と思いこんでいるかもしれませんが、IHコンロを使っているご家庭では実現できないのでしょうか?火力が弱くても美味しいパラパラチャーハンを作るコツをお教えします。

スーツやシャツの汗ジミの取り方とは?襟周り・脇の黄ばみを落として清潔に

スーツやジャケットについた汗ジミ、クリーニングに出さないでケアできるのが理想です。 襟回りや脇の汚れをスッキリ落としてきれいにする応急処置を紹介するので、できることから試してみましょう。

キーワード

ライター

ビデリシャス・ライター ビデリシャス・ライター