2017年1月11日 更新

大事な靴を長持ちさせたい!普段のお手入れ方法・雨の日の特別ケア

大事な靴を長持ちさせるためには普段のお手入れと雨の日の対応が重要です。帰宅後のブラッシング、クリーナーのお手入れと濡れてしまった時の対処法を覚えて、きれいな状態を維持しましょう。

汚れをブラシで落としてクリームを塗る

Joe Belanger/Shutterstock (31854)

一日履いた靴は汚れがたくさんついているので、ほこりや泥をかため毛足の靴用ブラシで落としていきます。目に見えるレベルの汚れが目立たなくなってきたら、ステインリムーバーを布につけて表面をこすりましょう。

ここまでが、お化粧で言うところのクレンジングと洗顔です。きれいな状態を維持するのに必用な水分と油分を補うために、靴クリームで仕上げてください。余分なクリームが残ってしまうのもよくないので、きれいな布でもう一度こすって馴染みよく仕上げます。光沢感がほしい革靴などはワックス系のクリームを少しずつつけて、おろしたてのような状態を維持しましょう。

雨の日はよく乾かしてからお手入れしよう

Kichigin/Shutterstock (31855)

雨で濡れた状態のまま放置すると靴の底がぬけたりヒビ割れしてしまったり、ダメージの原因になります。嫌な臭いのもとにもなるので、帰宅後にしっかり乾かしましょう。

雑巾でこびりついた泥を落とした後に水分をオフして、古新聞などで形を整えて影干しします。
ドライヤーで乾かすと型くずれしやすいので、影干しで乾かしましょう。水分がとれて乾燥したところで、ブラシやクリームを使った普段通りのお手入れを進めます。

シミや汚れが残ってしまった場合には、素材に合わせた洗剤で洗ってください。皮靴用のサドルソープ、スエード用のヌエードシャンプーなど用途に合わせたケアグッズが売っているので、靴によって使い分けます。

お手入れの仕上げに防水スプレーを活用

Olena Yakobchuk/Shutterstock (31856)

防水スプレーをかけておくと汚れやシミを防いでくれて、大事な靴が長持ちします。目立たない部分でスプレーと素材との相性を確かめたうえ、まんべんなく吹きかけましょう。

スプレーするコツは、靴から30cmくらい離して2〜3秒吹きかけることです。一カ所に長くかけすぎるとムラになってしまって、均一にコーティングできなくなります。スプレーした後に軽く雑巾でふき、滑らかな状態に整えます。

スエード素材の靴なら、ブラッシングして仕上げましょう。中敷にスプレーがつくと滑るので、丸めた新聞紙などでカバーすると安心です。梅雨の時期なら毎日、通常時でも履く度に防水対策をして、汚れや水気をブロックしましょう。
どんなに丁寧に靴をお手入れしていても、使用頻度が高いほど傷んでいきます。通勤用の皮靴は2〜3足用意して、毎日同じものを履くことがないようにしたいものです。立派なスーツを着ていても足下が汚れていると目に着くので、靴まで気を抜かずにお手入れしましょう。


thumbnail picture by Kichigin/Shutterstock
10 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

秋の味覚、甘くてほくほくのヤキイモ。自宅でも作れる3通りの方法

ほくほくしたヤキイモは秋の味覚。昔はよく落ち葉焚きで焼いたものですが、最近はすっかり見かけなくなってしまいました。家で簡単に作れたらいいと思いませんか?本格的な石焼き芋から簡単に作れる焼き芋まで、自宅でできる美味しい作り方をご紹介します。

冷蔵庫に入りきらない大きなスイカはどうやって冷やす?効率よく冷やす方法

夏といえばやっぱりスイカ!でも、大きなスイカになると「半分に切ってから冷蔵庫に入れる」という人もいると思いますが、大きなスイカをそのまま冷やせたらもっといいと思いませんか?家でも外でも、「効率よくスイカを冷やす方法」をご紹介します。

暑い日でもできるだけアイスクリームを溶かさずに持ち運ぶ方法とは?

夏の暑い日に食べたいアイスクリーム。でも、お土産で持っていくときや、BBQなどのデザートとして持っていくのはちょっと厳しそうですよね。できるだけアイスクリームを溶かさずに持ち歩く方法をご紹介します!

塩でお肉は柔らかくならない!安くてもかたくても美味しく柔らかく焼く方法

冷蔵庫から出したお肉に塩コショウを振って、室温に戻してから焼く…やっていることは間違っていないのにどうしてお肉がかたくなってしまうのでしょうか?お肉がかたくなる理由、そして、お肉を軟らかく焼くためのテクニックをご紹介します。

新常識!洗えない絨毯や大きなラグは水拭きお手入れで綺麗長持ち♪

家具のファブリック類はお手入れ方法に困ってしまいますが、掃除機をかける以外どうしようもないと思っていませんか?特に絨毯や大きなラグなどは色んな人の足で踏まれている場所なうえ、布なのでダニの存在も気になるところ。新常識のお手入れを伝授します!

キーワード

ライター

ビデリシャス・ライター ビデリシャス・ライター