2017年7月13日 更新

しっとり濃厚♡シンプルだけど飽きがこないベイクドチーズタルト

【動画】タルト生地はザクザク、チーズフィリングはなめらかで濃厚な味わいのチーズタルト。フィリングにサワークリームをプラスすることで夏でもさっぱりと召し上がれますよ♪

冷やして食べるのもオススメ♪

しっとり濃厚なチーズタルト。
フィリングはクリームチーズにサワークリームをプラスすることで、爽やかな味わいに♪
タルト生地のザクッとした食感とコクのあるなめらかなチーズフィリングのコントラストが絶妙な美味しさです!

チーズタルトの材料(16cmタルト型1台分)

<タルト生地>
・バター…60g(室温にもどす)
・粉糖…25g
・卵…25g(室温にもどす)
・塩…ひとつまみ
・薄力粉…100g
<チーズクリーム>
・クリームチーズ...150g
・サワークリーム…50g
・砂糖…50g
・卵黄…2個分
・生クリーム…50ml
・レモンの絞り汁…10ml
<トッピング>
・いちご
・粉糖
・ミント

つくり方

① ボウルにバターと粉糖を入れ、しっかりと混ぜる。
② 溶いた卵を少しずつ加え、都度よく混ぜる。
③ 塩・ふるった薄力粉を加え、ゴムベラで混ぜる。
④ 生地をひとまとめにしてラップで包み、30分冷蔵庫で寝かせる。
⑤ ボウルにクリームチーズ・サワークリーム・砂糖を入れて混ぜ合わせる。
⑥ 卵黄を加えて混ぜ、生クリーム・レモン汁を加えてしっかりと混ぜる。
⑦ 打ち粉を振るった台の上でタルト生地を5mmの厚さに伸ばし、型に敷き込む。
⑧ アルミホイルを被せ、さらに重石をのせる。
⑨ 180度のオーブンで15分焼き、アルミホイルと重石を外してさらに10分焼く。
17 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ティータイムをおしゃれに演出してくれる極上スイーツ♪甘酸っぱいラズベリーチーズクリームのロールケーキ

【動画】口溶けの良いふわふわのココア生地に甘酸っぱいラズベリーチーズクリームをはさんだロールケーキ。チーズクリームのなめらかな舌触りと冷凍クランベリーのプチプチ食感のコントラストが絶妙です。

タルト型不要!爽やかな味わいの型なしオレンジタルト

【動画】タルト作りに挑戦してみたいけど、一回しか使わないかもしれないタルト型をわざわざ買うのはちょっとな...という方にオススメのレシピをご紹介します!タルト型がなくても作れる「型なしオレンジタルト」。濃厚なクリームとフレッシュなオレンジが相性抜群で、とっても爽やかな味わいになります!

食べるのがもったいない!キウイのレアチーズタルト

【動画】今回ご紹介するのは、今が旬のキウイフルーツを使ったレアチーズタルトです。生のキウイフルーツにはゼラチンが固まるのを邪魔してしまう酵素が含まれていますが、ジャムのようにすることで解決!鮮やかな緑色で見た目も美しいので、ぜひお茶会などで作ってみてくださいね♪

食べられる芸術作品♡ほんのりピンクに色付いたりんごのレアチーズケーキ

【動画】さっぱりとした味わいのレアチーズケーキの中に、甘酸っぱいりんごのコンポートをたっぷりと入れ、上にも薔薇をかたどったコンポートをのせたフォトジェニックなスイーツ。レアチーズ生地に泡立てた生クリームを入れることで、ふんわりとした軽い食感に仕上げました。りんごのコンポートは着色料を使わなくてもりんごの皮で美しいピンク色に染まります!

ぷるんぷるん食感がクセになるイタリアの定番ドルチェ・パンナコッタのフルーツマリネ添え

【動画】イタリアの定番ドルチェ・パンナコッタ。パンナは「生クリーム」、コッタは「火を通す」という意味からこの名前になったそうです。生クリームや牛乳をバニラビーンズなどと一緒に煮詰めて、ゼラチンで固めた簡単スイーツ!プリンとは違った食感が楽しめますよ♪ぜひパンナコッタと相性抜群のフルーツマリネ「マチェドニア」を添えて召し上がってください!

キーワード

ライター

ビデリシャス編集部 ビデリシャス編集部