2017年9月26日 更新

お肉の旨味と野菜の旨味がしみ込んだ、ほろっと牛肉のビール煮込み♪

【動画】お肉が口の中で自然にとろけるまで、じっくりと時間をかけて煮込んだ牛肉のビール煮込み。ほろほろのお肉と玉ねぎの甘みがしっかりと味わえるように、煮込んで絶品のお肉料理を完成させて下さいね!

ほろほろお肉になるまでじっくりと・・・・!

ほろ苦い苦味と飴色玉ねぎの甘みで深い味わい「牛肉のビール煮」をご紹介します。

ベルギーでは「カルボナード」と呼ばれています。

牛肩肉をビールでじっくり煮込むと、お肉が口の中でほろっとほぐれる程柔らかくなります。

お肉にしっかり焼き色を付け、玉ねぎは甘味がでるようにじっくり炒めるのが美味しさのポイントです。飲み残しのビールや発泡酒でも作れますので、是非お試し下さい。

牛肉のビール煮の材料(2人分)

・牛肩ロース…500g
・玉ねぎ…400g
・にんにく…1片
・ホールトマト…1缶(200g)
・フォンドヴォー…200g
・ビール…200ml
・タイム…1枝
・ローリエ…1枚
・黒砂糖…大さじ1
・マスタード…小さじ1
・バター…15g
・塩…適量
・こしょう…適量

《付け合わせ》
・フェットチーネ100g
・バター5g
・パセリのみじん切り…適量

つくり方

1.牛肩ロースは3cm角に切り、塩・こしょうをまぶす。
2.フライパンにオリーブオイル(分量外)を熱し、牛肉の全面に焼き色がつくまで焼き、バットなどに取り出しておく。
3.玉ねぎはみじん切り、にんにくは叩きつぶす。
4.鍋にバターを熱し、2を入れて飴色になるまで強火で炒める。
5.ホールトマト・フォンドヴォー・ビール・タイム・ローリエ・黒砂糖・2の牛肉を入れ、中火で煮込む。
6.沸騰してきたら灰汁を取り除き、蓋をして2~3時間牛肉が柔らかくなるまで煮込む。
7.マスタードを加え塩・こしょうで味を調える。
8.皿に盛り、付け合わせのフェットチーネを添え、パセリを散らせば完成!
14 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

おもてなしにぴったりの色鮮やかなハワイ料理♪さっぱり冷たい"ロミロミサーモン"

【動画】「ロミロミ」とは、ハワイの言葉で「揉む」という意味。サーモンとトマト、玉ねぎなどを細かく切ってロミロミ優しく混ぜたさっぱり冷たい前菜です。カラフルでとっても華やかなので、おもてなし料理にぴったりです!

夏野菜を美味しくアレンジ!ズッキーニの詰め物 ローマ風

【動画】ズッキーニが美味しい季節がやってきましたね!ズッキーニを器にして、牛ひき肉をたっぷり詰めて、オーブンでジューシーに焼き上げました。表面のチーズとパン粉が香ばしく、カリっとした食感がアクセント☆きりっと冷やした白ワインにピッタリで、ホームパーティーにもオススメの1品です!

ほうれん草を練り込んでグリーンに変身☆もちもち平打ちパスタ「フェットチーネ」

【動画】おうちでできるパスタシリーズ。今回は、もっちりとした食感が特徴の平打ち麺「フェットチーネ」。イタリア語で「小さなリボン」という意味の幅の広いロングパスタです。ほうれん草を練り込んで風味豊かに仕上げたパスタ、酸味のきいた爽やかなトマトソースをたっぷり絡めて味わってください♪

後からピリっと辛くなる!バターなしのコクうまエビカレー!

【動画】エビをたくさん入れたいエビカレー!さらっとした口当たりで、後からピリっとした辛さを感じます!バターを使わないレシピですが、コクがありエビがゴロゴロ入っているので満足感高いカレーです♪

トルティーヤが埋まるくらいチーズをかけたい、とろとろチキンエンチラーダ!

【動画】家族や友達とシェアして食べたいチキンエンチラーダ!とろ〜っととろけるチーズの下はたっぷりの鶏肉をくるっと巻いたトルティーヤが♪ホームパーティーなどにもオススメのレシピなので是非作ってみて下さいね♪

キーワード

ライター

ビデリシャス編集部 ビデリシャス編集部