2017年1月7日 更新

簡単でボリューム満点!!お肉のようなにジューシーなくるま麩フライ♪

【動画】今週のレシピはくるま麩のフライです。お麩のフライってふにゃふにゃでサクサクにならなさそうな感じもしますが、お肉の食感に近いと言われているくるま麩で作れば、まるでカツのようにジューシーで、サクサクの食感を感じることができます♪いつもの揚げ物に変化をつけたい時や、ちょっとだけヘルシーにしたい時に是非チャレンジしてみて下さいね♪

簡単に作れるジューシーフライ!!

今週のレシピはくるま麩のフライです。

お麩をフライに?とびっくりされる方も多いですが、お麩の中でも1番お肉に食感が近いと言われている、くるま麩をフライにするとカツのように外はサクサク、中はジューシーで満足感のあるおかずに変身します!

くるま麩は水でしっかり戻してから揚げるととってもジューシーになるので、きちんと柔らかくなっているのを確認してから作ってみて下さいね♪

くるま麩のフライの材料(4人分)

・水            300g
・醤油           大さじ1/2
・昆布の粉        小さじ1(なければ昆布だしまたは、なくても良いい)
・くるま麩         4個

《衣液》
a薄力粉          適量
a水 適量
aパン粉          適量
a白ごま          適量

《飾り》
・キャベツ          適量
・みかん           適量

《トッピング》
・中濃ソース        適量

つくり方

<1>鍋に、水・醤油・昆布の粉を入れ、火にかける。温まったら火からはずす。
<2>バットにくるま麩を並べ、<1>を流しこんで、くるま麩が柔らかくなるまで戻す。
<3>くるま麩を半分にカットして軽く水気を絞る。
<4>aの薄力粉と、<2>の戻しで使った余りの戻し汁、aの水で小麦粉を緩くとく。
<5>パン粉に白ごまを入れ合わせておく。
<6><4>にくるま麩をつけて、<5>のパン粉をつけて180度に熱した油できつね色になるまで揚げ完成!





「Vegan kitchen」とは
いろんな国の料理をお肉、魚介類、卵、乳製品を使わずveganに変えて作ります。リクエストも受け付け中です。
12 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

料亭の味!紅葉おろしといただく"無花果の揚げ出し"

【動画】今が旬の無花果を使った一品。果物なので生で食べることが多い無花果ですが、実は揚げたり焼いたり煮込んでも美味しいんです♪熱々の出汁をカリッと揚げた無花果にたっぷりとかけた、無花果の揚げ出し。衣を剥がれにくくするために、薄力粉をあらかじめまぶしておくのがポイントです!

モッチモチ食感のもち米で、オートミールとお豆腐のタネを覆ったヘルシーしゅうまい!

【動画】今回はヘルシーさと食感にこだわった、お豆腐のしゅうまいです。お肉のかわりにお豆腐を使い、食感や風味を味わえるようオートミール・たまねぎ・しいたけを入れたタネを作り、それにもち米をコロコロとつけて蒸してみました!お米やお豆腐が入ることで満足感のあるしゅうまいになりますよ♪

チーズがなくてもトロトロに♡ぷっくり膨らんだカルツォーネ!

【動画】トマトソースと野菜をたっぷり挟んだカルツォーネ。今回のレシピにチーズは入っていませんが、チーズがなくても、豆乳と米粉でカルツォーネの中はトロトロに♡是非焼きたてを食べてみてくださいね♪

食べ過ぎ注意!!のどごしつるん♪なヘルシー水餃子!

【動画】中の具は野菜のみ!お肉は使っていませんが、きのこがたっぷり入っているので満足感の高い水餃子です。今回は食感の強いエリンギなどを入れていますが、他のきのこにチェンジしてもOK!もっとお肉の感じが欲しい!という方は大豆ミートにチェンジすると、ヘルシーなままでお肉入りの水餃子に近い味が味わえますよ♪

野菜とマカデミアナッツの食感が楽しい、ブロッコリーとドライトマトのパスタ♪

【動画】今週は野菜の旨味がぎゅっと凝縮されたブロッコリーとドライトマトのパスタを作りました。パスタとブロッコリーを一緒に茹でるので、時間もかからず簡単に作れます!ブロッコリーやドライトマトの他に、細かくしたマカデミアナッツが入っているので、色々な食感を楽しみながら味わえるパスタです♪

キーワード

ライター

ビデリシャス編集部 ビデリシャス編集部