2017年2月5日 更新

食べるのがもったいない!キウイのレアチーズタルト

【動画】今回ご紹介するのは、今が旬のキウイフルーツを使ったレアチーズタルトです。生のキウイフルーツにはゼラチンが固まるのを邪魔してしまう酵素が含まれていますが、ジャムのようにすることで解決!鮮やかな緑色で見た目も美しいので、ぜひお茶会などで作ってみてくださいね♪

鮮やかな緑色が美しい♡

ゼラチンの代わりにマシュマロを使ったレアチーズタルト。旬のキウイフルーツをレアチーズに混ぜ込んで、爽やかな味わいに仕上げました。生のキウイフルーツにはゼラチンが固まるのを邪魔してしまう酵素が含まれているのですが、しっかりとキウイに熱を加えてトロッとジャムのようにしたことで、ふわふわプルプル食感のレアチーズになります!スライスしてたっぷりと乗せたキウイフルーツには、お好みでナパージュを上から塗ればキラキラと輝きますよ♪

キウイのレアチーズタルトの材料(マフィン型6個分)

《タルト生地》
■バター…35g
■グラニュー糖…30g
■卵黄…1個
■薄力粉…90g
《レアチーズ》
■キウイフルーツ…1個
■グラニュー糖…30g
■クリームチーズ…45g
■マシュマロ…60g
■牛乳…40ml
■プレーンヨーグルト…40g
■レモン汁…小さじ1
《飾り》
■キウイフルーツ…2個
《ナパージュ》※お好みで!
■ゼラチンパウダー…5g
■上白糖…5g
■水…50ml

つくり方

① ボウルに常温のバター・グラニュー糖を入れてなめらかになるまで練り混ぜ、卵黄を加えてよく混ぜる。
② ふるった薄力粉を加えてさっくりと混ぜ、丸めて冷蔵庫で1時間寝かせる。
③ 生地を綿棒で2~3mmの厚さに伸ばし、マフィン型よりも大き目のセルクルでくり抜く。
④ マフィン型に④の生地をぴったりと敷き、フォークで全体に穴を開ける。
⑤ 180度に予熱したオーブンで15分焼いて冷ましておく。
⑥ キウイフルーツとグラニュー糖をフォークなどでよく潰して、500Wのレンジで5分加熱し、冷ましておく。
⑦ ボウルにクリームチーズ・マシュマロ・牛乳を入れ、500Wのレンジで2分加熱する。
⑧ マシュマロの形が見えなくなるまでよく混ぜ、プレーンヨーグルト・⑥のキウイペースト・レモン汁を加えて混ぜ合わせる。
⑨ ⑤のタルト生地に流し入れ、冷蔵庫で2時間以上冷やし固める。
17 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

サクサク!でもしっとりなさっぱりヘルシーないちごタルト♪

【動画】今回はリクエスト編!みなさんからいただいたリクエスト料理をヴィーガンレシピにアレンジしてみました。見た目はとっても可愛くて、味はさっぱりでヘルシーないちごのタルトです。サクサクのタルトに豆乳ヨーグルトを流し入れ、いちごをたっぷりとのせていきます。少し時間がたつとヨーグルトがタルトにしみ込み、出来上がってすぐのサクサク感とは違う、しっとりとした食感を味わう事ができますよ!

ホームパーティにぴったり!バットで作る、焼かない苺のムースタルト♡

【動画】サクサクのタルト生地にふわふわの甘酸っぱいムース♫ 焼かずに冷やして固めるので簡単ですよ! みんなでシャアするホームパーティーにピッタリのスイーツです♡

タルト型不要!爽やかな味わいの型なしオレンジタルト

【動画】タルト作りに挑戦してみたいけど、一回しか使わないかもしれないタルト型をわざわざ買うのはちょっとな...という方にオススメのレシピをご紹介します!タルト型がなくても作れる「型なしオレンジタルト」。濃厚なクリームとフレッシュなオレンジが相性抜群で、とっても爽やかな味わいになります!

マフィン型で作るおもてなし料理!ほうれん草とベーコンのパンキッシュ

【動画】ホームパーティーでのおもてなし料理や休日のブランチなど、オシャレ女子に人気の料理・キッシュ。フランスの家庭料理で、パイ生地やタルト生地を使うのが一般的ですが、今回は食パンで手軽に作れる「パンキッシュ」のレシピをご紹介します。マフィン型を使えば、可愛いプチサイズのパンキッシュに♡これなら切り分けなくても、みんなで仲良くシェアできますよ♪

週末のご褒美!マスカルポーネとクリームチーズのダブルチーズティラミスのつくり方

【動画】ティラミスといえばマスカルポーネチーズを使ったレシピが一般的ですが、今回はマスカルポーネとクリームチーズを贅沢に使った「ダブルチーズティラミス」をご紹介します。トッピングに酸味の強いフルーツを使う事でさっぱりした味わいを楽しめますよ♪オススメです!

キーワード

ライター

ビデリシャス編集部 ビデリシャス編集部