2017年7月12日 更新

夏の肌荒れにサヨナラ!麹甘酒のアボカドチーズキーマカレーのつくり方 【我が家のカレー | ル・クルーゼ】

【提供:ル・クルーゼ ジャポン】汗やクーラーからの乾燥、紫外線による肌荒れ!そんな時は胃腸の働きを高めるスパイスを使って麹甘酒のアボカドチーズキーマカレーをつくろう!

アボカドは食物繊維も多く腸内環境を整えてくれます。発酵食品で肌のターンオーバーを促進する効果のあるチーズ、そしてシミやくすみの原因となるメラニンを防ぐコウジ酸を含む飲む麹甘酒を加えて肌荒れを撃退しましょう。

ル・クルーゼの鋳物ホーロー鍋を使えば、野菜や素材の旨みも引き出すことも可能!

材料(4人分)

・豚ひき肉…200g
・玉ねぎ(大)…1/2個
・トマト(中)…2個
・アボカド(大)…1個(トッピングでも使用)
・セロリ…20cm
・にんにく…ひとかけ
・しょうが…ひとかけ

<調味料>
・レモン汁…適量
・ケチャップ…大さじ1
・中濃ソース…大さじ1
・醤油…小さじ1/2
・オリーブオイル…大さじ1

<スパイスA>
・コリアンダーシード…5粒
・クローブシード…3個
・クミンシード…小さじ1/2

<オススメのスパイス類>
下記量は目安です。調整はお好みで
・クミン…小さじ1
・コリアンダー…小さじ1
・カイエンペッパー…小さじ1/2
・クローブ…小さじ1/2
・ターメリック…小さじ1
・シナモン…少々
・オールスパイス…少々

・麹甘酒…100ml

<トッピング>
・卵黄…人数分
・シュレッドチーズ(フレーク)…適量
・カッテージチーズ…適量
・黒こしょう…適量

つくり方

①玉ねぎとセロリはみじん切り、トマトは細かい角切り、にんにくとしょうがはみじん切りに、アボカドは半分を角切り、半分を縦薄切りにしてレモン汁をかけておく。
②フライパンにオリーブオイルとスパイスAの材料を全て入れ、弱火で10分位火にかける。
③しょうがを加えて弱火で炒め、玉ねぎ・セロリを加え中弱火で炒める。
④玉ねぎが透明になったら豚肉を加え、塩こしょう(分量外)をして炒める。
⑤トマト・ケチャップ・中濃ソースを加えよく混ぜ合わせ、オススメのスパイス類を加えて10分程煮込む。
⑥麹甘酒と角切りのアボカドをいれなじませたら火を止める。
⑦ご飯にシュレッドチーズをのせ、上に⑥をのせる。卵黄とスライスしたアボカドをのせてカッテージチーズと黒こしょうを散らしたら完成!
【提供:ル・クルーゼ ジャポン】
13 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

夏バテを吹き飛ばす!にんにくレモンバターと豚肉の夏野菜カレーのつくり方【我が家のカレー | ル・クルーゼ】

【提供:ル・クルーゼ ジャポン】暑くて食欲減退、疲れがたまってカラダもダルい!そんな時は疲労回復にぴったりな豚肉と食欲をUPさせるトマトを使って、夏バテに効くカレーをつくろう!

体の中から冷えを撃退!かぶと骨付きチキンのシナモンココナッツカレーのつくり方【我が家のカレー | ル・クルーゼ】

【提供:ル・クルーゼ ジャポン】室内はクーラーが効きすぎて夏でも冷え性に…そんな時は血行促進効果があるココナッツミルクと漢方にも用いられるシナモン(桂皮)を使って体の中から冷えを撃退するカレーをつくろう!

風邪のひき始めに!免疫力アップのスパイスでつくる薬膳和風カレーのつくり方【我が家のカレー | ル・クルーゼ】

【提供:ル・クルーゼ ジャポン】季節の変り目で体調を崩したりしていませんか? そんな時は免疫力アップのスパイスでつくる出汁の効いた薬膳和風カレーはいかがでしょうか?

調理器具はルクルーゼだけ!鍋ひとつで楽に「肉じゃが」をつくる方法

【動画】お鍋(ルクルーゼ)一つで、肉じゃがの完成!素材の水分を活かした無加水調理で、味も濃厚に仕上がります。煮込み段階の状態がわかるようにノンストップ動画でご紹介します!

キーワード

ライター

【PR】ビデリシャスブランドコンテンツ 【PR】ビデリシャスブランドコンテンツ