2016年12月14日 更新

クリスマスを待つ間、カウントダウンしながら味わいたいドイツの伝統菓子”シュトレン”

【動画】クリスマスに食べるお菓子・・・ではなくクリスマスをカウントダウンしながらクリスマスまでに食べるお菓子「ショトレン」白くてちょっといびつな固めのパンのような見た目だけど、カットしてみればそのいびつな型の理由がわかるはず!中にはラム酒に漬け込んだドライフルーツがぎっしり♪あまいクリスマス限定のちょっと豪華な菓子パン、1日1日クリスマスを楽しみに待ちながら食べてみて下さいね♪

クリスマスまでのカウントダウンはシュトレンで!!

“買って食べる”と決めつけていたものを“実は作れる!”に変える「#とことんHOMEMADE」

クリスマスが近づくと食べたくなる、ドイツの伝統的なお菓子「シュトレン」。

洋酒につけこんだドライフルーツや木の実がどっしりと入っていて、1スライスでも満足感のあるケーキです。保存もきくため早めに作って、クリスマスを待つ間にカウントダウンしながら少しずつ食べて楽しみましょう。

日ごとにフルーツの風味がシュトレンへ移り、香りも本格的になっていきます。

それでは作り方を見ていきましょう。

シュトレンの材料(3個分・・・ 1個約300g分割)

▼元種
・牛乳:13g
・ヨーグルト:25g
・はちみつ:13g
・ドライイースト:5g
・水:8g
・薄力粉:50g
・強力粉:50g

▼本種
・ローマジパン:38g
・グラニュー糖:10g
・バター:150g
・お好みのスパイス:2g(動画では、シナモンパウダー、キャトルエピスパウダー1gずつ)
・お好みのナッツ:70 g(動画では、くるみ、アーモンドダイス、ピスタチオ)
・砕いたチョコレート(お好み):15g
・オレンジのコンフィ(お好み):30g
・薄力粉:88g
・強力粉:88g
・塩:2g(入れなくてもOK!お好みで追加してみて下さい)

▼漬け込み用ドライフルーツ
・白ワイン:300g
・グラニュー糖:150g
・ラム酒:200g
・お好みのドライフルーツ:合計160g(動画では、アプリコット、いちじく、クランベリー、ミックスレーズン、ブルーベリー、ドライチェリー)

▼仕上げ
・バター(溶かしておく):適量
・粉糖:適量(※溶けない粉糖がおすすめです)
・グラニュー糖:適量(お好みで追加してみて下さい)

つくり方

1.まずは元種をつくる。大きめのボウルに牛乳、ヨーグルト、はちみつを入れて混ぜておく。
 (30917)

2.1に水でといたドライイーストを入れる。
 (30919)

3.1にふるった薄力粉と強力粉を入れてゴムベラで混ぜる。
 (30920)

4.生地が2倍になるまで暖かい場所に置いて発酵をとる。
5.漬け込み用ドライフルーツをつくる。鍋に白ワインを入れ沸騰させ、グラニュー糖を入れて溶かす。
 (30921)

41 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

クリスマスのテーブルに並べたい、雪のように真っ白ないちごのショートケーキ♡

【動画】みなさん今年のクリスマスケーキは決まっていますか?今年はお家で作ってみようかな?と考えている方にはぜひチャレンジしていただきたい真っ白ないちごのショートケーキ。クリームの塗り方を少し工夫すると、自分で作ったとは思えないクオリティーのケーキが完成しますよ♪いちごをたくさん挟んで作ってみて下さいね!

⁂クリスマスの定番⁂ ブッシュ ド ノエル(Bûche de Noël) | SOUL SWEETS

ブッシュ ド ノエルはフランス語で「クリスマスの薪」。 パリで作られるようになったそうですが今では日本でも定番のクリスマスケーキですね! チョコレートクリームにドライフルーツを散りばめて、ふんわり生地で包んだ可愛いケーキです♪ 今年は手作りブッシュ ド ノエルでクリスマスを過ごしてみませんか?

口の中に入れた瞬間、シュワッと溶けちゃう♡クレームダンジュ

【動画】真っ白で、口の中に入れた瞬間に溶けてしまう、まるで淡雪のようなフランスのスイーツ「クレームダンジュ」。本場のフランスではフロマージュ・ブランを使って作るスイーツですが、日本のスーパーでは手に入りにくいので、クリームチーズとギリシャヨーグルトで代用しました。さっぱりとした爽やかな甘みとベリーの酸味が相性抜群!

和菓子であって和菓子じゃない。ラム酒香る"ドライフルーツ羊羹"

【動画】あっさりとした甘さの羊羹に、ラム酒で香りづけしたいちじくやフランボワーズなどのドライフルーツ、そして香ばしいクルミがゴロゴロと入った"和菓子であって和菓子じゃない"スイーツです。切った時の美しい断面に感動しますよ♪お茶やコーヒーとも合いますが、ウイスキーやワインなどの洋酒とも相性ぴったりです!

生地からソースまで全て手作りで!作る時間も楽しいトマトクリームで食べるラビオリ♪

【動画】最初から最後まで全て手作りで作るラビオリ♪普段なかなか作ることのない大きな大きなパスタ生地を作って、リコッタチーズにパンチェッタ、ほうれん草をパスタ生地で挟んでみましょう♪食べるのはもちろんですが、作っている時間も楽しいので、食べきれるのかな?と心配になってしまうくらい大きな生地で作ってみるのがオススメですよ♪

キーワード

ライター

ビデリシャス編集部 ビデリシャス編集部