2017年7月21日 更新

ほうれん草を練り込んでグリーンに変身☆もちもち平打ちパスタ「フェットチーネ」

【動画】おうちでできるパスタシリーズ。今回は、もっちりとした食感が特徴の平打ち麺「フェットチーネ」。イタリア語で「小さなリボン」という意味の幅の広いロングパスタです。ほうれん草を練り込んで風味豊かに仕上げたパスタ、酸味のきいた爽やかなトマトソースをたっぷり絡めて味わってください♪

コシのある平打ち麺で、しっかりとした食感を楽しめる♪

プリっとして歯切れのいい平打ち麺「フェットチーネ」
ほうれん草を練り込んでほんのり野菜の香りが♪
グリーンの麺と真っ赤なトマトソースは、味も見た目も相性バッチリです!

ほうれん草のフェットチーネの材料(2人分)

<フェットチーネ>
・ほうれん草...30g
a 強力粉...120g
a 溶き卵...30g
a 塩...ひとつまみ
<トマトソース>
・オリーブオイル...大さじ1
・にんにく(みじん切り)...1片
・玉ねぎ(みじん切り)...100g
・トマト缶(カット)...300g
・塩・こしょう...各少々
・モッツァレラチーズ...1個
・パルメザンチーズ...適量

下準備

・にんにく、玉ねぎをみじん切りにしておく。

つくり方

1. ほうれん草はくたくたになるまで柔らかく茹でたら冷水にとる。水気を切り細かくみじん切りにしてペースト状にする。
2. aと1を混ぜ合わせ、滑らかになるまでこねて、ラップで包んで常温で20分寝かせる。
*ほうれん草がダマになっても大丈夫です。
3. フライパンでオリーブオイルを熱し、にんにくを香りが出るまで炒めたら、玉ねぎを加えてさらに炒める。
4. トマト缶・塩・こしょうを加え、半量になるまで弱火で煮詰める。
5. 2に打ち粉(分量外の薄力粉)をして平たく伸ばし、パスタマシーンで生地の厚みを徐々に薄くしていく。
※数回繰り返すとほうれん草がキレイに混ざります。
18 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ミートソースがよく絡む!コシのあるショートパスタ「ガルガネッリ」

【動画】ガルガネッリとはイタリア・ロマーニャ州の卵入り手打ちパスタのこと。特徴は、しっかり張りのある生地で噛み応えと歯切れの良さ!そして、「ペッティネ(pettine)」と呼ばれる専用の道具で成形した表面の細かい溝。この凸凹にソースがたっぷり絡みます♪コロンとした可愛らしい筒状のショートパスタ。取り分けやすいので、ホームパーティーでの1品にもオススメです☆

手作りパンチェッタでつくる濃厚&クリーミーな本格カルボナーラ☆

【動画】イタリア料理に欠かせないパンチェッタ!豚ばら肉を塩漬けにして、乾燥・熟成させて作ったものです。今回はご家庭でも簡単に作れるように、冷蔵庫で乾燥させながら熟成させていきます。傾けた網にのせると、豚肉の水分が下にぽたぽたと落ちていき、お肉の水分がだんだん抜けて旨みが凝縮します!手作りのパンチェッタで作るカルボナーラは最高に美味しい♪ハーブは全て揃えなくてもいいので、お好きなハーブで香りを付けてくださいね☆

手打ちならではのモチモチ食感!オレキエッテ バジルペスト和え

【動画】イタリア・プーリア州の代表的パスタ「オレキエッテ」。「小さな耳」という意味で、名前の通りコロンとしたフォルムが可愛らしいショートパスタです!モチっとした食感は自家製ならでは♪パスタのくぼみに香り豊かなバジルペストがよく絡みます。見た目も鮮やかで、写真映えする1品です!余ったソースはお肉料理や魚料理、サラダやピザなど、色々なお料理に活用してください♪

トマトやビーツ、ほうれん草を練り込んだ自家製のもっちもちカラフルパスタ♪

【動画】手軽に作れるパスタはいつでもお家に常備しておきたいもの。お家にあるのはお店で買ってきたノーマルな色のパスタが大半だけど、自分で作るパスタなら、麺の色だって好きな色にできちゃう!パスタ生地にトマトやビーツ、ほうれん草やハーブを練り込んでソースだけじゃなくて麺から味も色もつけちゃいましょう♪たまには色とりどりなカラフルパスタでランチ、なんていうのもおしゃれで素敵かもしれませんよ!

お肉の旨味と野菜の旨味がしみ込んだ、ほろっと牛肉のビール煮込み♪

【動画】お肉が口の中で自然にとろけるまで、じっくりと時間をかけて煮込んだ牛肉のビール煮込み。ほろほろのお肉と玉ねぎの甘みがしっかりと味わえるように、煮込んで絶品のお肉料理を完成させて下さいね!

キーワード

ライター

ビデリシャス編集部 ビデリシャス編集部