2017年4月19日 更新

辛味と爽やかな酸味にハマる!タイ料理の定番「トムヤムクン」

【動画】一度味わうとやみつき!唐辛子の辛みとレモンの爽やかな香り&酸味が複雑な味わいを作りだす「トムヤムクン」。エビの頭を入れることで出汁とコクが出て、より本格的に仕上げてくれますよ。

有頭エビを使うのがポイント!

世界三大スープのひとつともいわれる、タイの代表的なスープ「トムヤムクン」。
お店で食べるイメージがあるトムヤムクンも、実はおうちで簡単に作れちゃう♪
頭から出汁がいっぱい出るので有頭のエビを使うのがポイントです!

トムヤムクンの材料(2人分)

■有頭エビ…6尾
■ミニトマト…2個
■マッシュルーム…3個
■鶏がらスープ…400ml
■こぶみかんの葉…2枚
■レモングラス…8本
■赤唐辛子…2本
■しょうが(薄切り)…2枚
■パクチー(茎)…2本
■チリインオイル…小さじ2
■ナンプラー…大さじ1と1/2
■レモン汁…大さじ1
■塩…小さじ1/4
■砂糖…小さじ1
〈トッピング〉
■パクチー

つくり方

➀ 鍋に鶏がらスープ・ちぎったこぶみかんの葉・レモングラス・赤唐辛子・薄切りにしたしょうが・小口切りにしたパクチーの茎・チリインオイル・ナンプラー・レモン汁・塩・砂糖を入れて火にかける。
② 煮立ったらエビの頭を加えて軽く煮てる。
③ ミニトマト・殻を剥いて背ワタを取ったエビ・厚めに切ったマッシュルームを加えて5〜6分煮込む。
④ 器に盛り、パクチーを飾れば完成!
10 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ハーブの香りと煎り米の香ばしさが食欲をそそる!豚肉と煎り米のエスニックサラダ「ラープ・ムー」

【動画】今回は、タイ東北部の名物料理「ラープ・ムー」をご紹介します!ラオス語で「ラープ」は幸せ、「ムー」は豚肉という意味。豚肉をハーブ・唐辛子・ナンプラー・ライム・煎り米粉で和えたエスニックなサラダで、バンコクのお惣菜屋さんやレストランでも定番のサラダです☆辛さと酸味が合わさったタイ料理独特の美味しさで、煎ったお米の香ばしさと、たっぷり入れた爽やかなハーブの香りが口の中に広がります。ピリッと辛いタイ料理でスタミナをつけましょう♪

甘さと辛さと酸味が絶妙!タイ料理の定番「パッタイ」

【動画】タイの代表的な料理「パッタイ」は、日本でいう焼きそばのようなポピュラーな料理。ほんのり酸味が効いた甘辛さはとにかくクセになる味で、食欲が刺激されるので食べ過ぎ注意です!ぜひ本格タイ料理にチャレンジしてみてくださいね。

冷房で冷えてしまった身体をぽかぽかに♡酸味とトマトのダシがきいたトマト酸辣湯!

【動画】優しい酸味とトマトの旨味がたっぷりとしみだしたスープが美味しいトマト酸辣湯!そのまま食べるとお腹に優しくほっこりするような酸辣湯ですが、これだとちょっとボリュームが足りないという方は、お米や中華麺を入れて食べると、また違う美味しさと出会えるのでオススメですよ♪

夏こそタイ料理!フルーティーな甘酸っぱさがクセになるパイナップルチャーハン

【動画】夏になると、無性にタイ料理が食べたくなりませんか?今回は甘酸っぱいパイナップルとチャーハンの塩気が絶妙なバランスの「パイナップルチャーハン」をご紹介します。パイナップルをくり抜いた器がインパクト大なので、パーティー料理にオススメ♪

食卓を華やかに!ストライプ柄で見た目もおしゃれな、彩り豊かなファルファッレのサラダ♪

【動画】ファルファッレとは「蝶ネクタイ」という意味で、蝶の形をしたかわいらしいショートパスタ。今回はトマトの生地を使い、ストライプ柄でキュートなファルファッレを作ってみました☆ パスタマシーンが無い場合、生地の水分量を少し増やすと麺棒で代用できますよ☆残ったパスタをしっかり乾燥させれば保存可能です!生パスタ特有のモチモチの食感、是非味わってください♪

キーワード

ライター

ビデリシャス編集部 ビデリシャス編集部