2017年2月22日 更新

春になると食べたくなる♡レンジで作る「さくら餅」

【動画】3月3日はひなまつり!今回は桃の節句によく食べられている和菓子「さくら餅」のレシピをご紹介します!さくら餅は関東風と関西風があり、今回は関西風を作りました。関西風のさくら餅は道明寺粉を蒸し器で蒸して作るのが一般的ですが、レンジでも簡単に作れちゃうんです♡

四季を感じる和菓子♪

桃の節句に食べるお菓子といえば「さくら餅」。
今回は道明寺粉を使用した関西風さくら餅のつくり方をご紹介します。知らない方も多いですが、実はさくら餅には関東風と関西風があるんです!関東風は小麦粉などで焼いた薄い生地にあんこを包んで桜の葉で巻いたもの。関西風は道明寺粉を蒸してあんこを包んで桜の葉で巻いたものです。
スーパーやコンビニにさくら餅が並び始めると、もう春だなぁ♪なんてウキウキする方も多いのではないでしょうか。春を感じる和菓子をぜひ作ってみてくださいね!

さくら餅の材料(6〜8個分)

■道明寺粉(中粒)…100g
■上白糖…25g
■塩…ひとつまみ
■水…150ml
■食紅…少々
■こしあん…150g
■桜の葉(塩漬け)…6~8枚
〈シロップ〉
■水…大さじ2
■上白糖…大さじ1

つくり方

① 少量の水(分量外)で溶いた食紅を水に少しずつ加え、桜色に色付けする。
② ボウルに道明寺粉・上白糖・塩・①の桜色の水を加えてよく混ぜる。
③ ラップをふんわりとして、500Wの電子レンジで4分半加熱する。
④ 軽く混ぜ、ぴったりとラップを密着させて10分蒸らす。
⑤ シロップ用の水・上白糖を混ぜて500Wの電子レンジで1分加熱し、上白糖が溶けたら冷ましておく。
⑥ ④をヘラで切るように混ぜ、生地が温かい内に⑤のシロップを手に付けて6~8等分に丸める。
⑦ 生地を手のひらで軽く押して平らにし、丸めたこしあんを包んで成型する。
※手に生地がくっつく場合は、⑤のシロップを手に付けてください。
⑧ 水洗いして水気をよく切った桜の葉で包めば完成。
14 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

行楽のお供に持っていきたい♪5色のひとくちおはぎ

【動画】今回ご紹介するのは、フォトジェニックなひとくちサイズのカラフルおはぎ!定番のつぶあんから、ココナッツとマンゴーをまとったトロピカルなおはぎまで、バリエーション豊かです♪ミニサイズだと大勢が集まる席でも手に取りやすいので、オススメですよ!

自然の甘みを生かした極上スイーツ!安納芋のきんつば

【動画】ねっとりとした食感と砂糖で煮詰めたかのような甘さが特徴の安納芋を使った「きんつば」のレシピをご紹介します。お芋自体が甘いから砂糖をほとんど使わずに作っているので、罪悪感なく食べられるスイーツ♡材料はたったの5つです!

心奪われる華やかさ♡ドーナツ型でつくる「寿司ドーナツ」

【動画】今回ご紹介するのは、色鮮やかでとっても可愛い「寿司ドーナツ」です。ドーナツ作り以外では使い道がないドーナツ型を使えば、簡単に豪華な見た目のお寿司が作れます♡刺身の盛り合わせをスーパーで買って作れば、色んな種類のお寿司が楽しめるしリーズナブル♪ひなまつりの参考にしてみてくださいね!

ラップがあればOK!家でも簡単に作れる水まんじゅうレシピ

梅雨が明ければ夏本番!熱い毎日を少しでも涼しげな食べ物で癒しませんか?透明ひんやりな水まんじゅうは型がなくてもできるのです♪簡単ですぐに作れるレシピを紹介します。
dish tips | 2,453 view

春の食卓を華やかに彩る。簡単・激ウマな菜の花サラダレシピ3つ

βカロチン・ビタミンたっぷり・美容効果に優れた「菜の花」、春になるとなぜかたまらなく食べたくなります。 定番のおひたしも良いのですが、春のそよ風を感じるサラダなんていかがでしょうか。 簡単かつ激ウマの秘蔵レシピ3つを紹介します。

キーワード

ライター

ビデリシャス編集部 ビデリシャス編集部