2016年3月28日 更新

お肉なしでも絶対に美味しい本格ヴィーガンラザニアを自宅で手作り!

【動画】イタリアではパスタと並んで家庭の味として定番のラザニア。パスタよりもちょっと手間がかかるけど何層にも重なった生地と濃厚なソースの組み合わせはまさに絶品!どの家庭でもいろいろな具材を入れて楽しみますが今回はお肉なしのヴィーガンラザニアです。

パスタよりひと手間かかります!

今週のレシピは、ラザニアです。作るのに普通のパスタよりもひと手間多いですが、料理の見栄えと味には変えられません! 今まで作ったことない人も、ヴィーガン仕様のラザニアを作ったことない人もぜひチャレンジしてみてくださいね。 バジルやオレガノなどのハーブ類をトマトソースに加えてもいいですね。

ヴィーガンラザニアの材料(4人分 18×22cm容器1つ分)

トマトソース
・ ドライトマト 30g
・ たまねぎ 250g
・ トマト 200g
・ にんにく 1片
・ かぼちゃの種 80g
・ くるみ 80g
・ 塩 小さじ1

ホワイトソース
・ ココナッツオイル 40g
・ 豆乳 400g
・ 強力粉 40g(大さじ4)
・ 塩 小さじ1/2
・ 白胡椒 少々

つくり方

《1》 ドライトマトを数時間浸水させます。
 (18863)

《2》 他の全てのトマトソースの材料と一緒にフードプロセッサーにかけます。
 (18862)

 (18861)

《3》 ココナッツオイルを鍋に入れて火にかけて溶かし、小麦粉を加えます。
 (18860)

 (18859)

《4》 ダマがなくなったら豆乳を徐々に加え、トロみがつくまで火にかけます。
31 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

肉の旨味がギュッ!ラザニエッテ - サルシッチャとブロッコリーのトマトソース

【動画】サルシッチャとブロッコリーのトマトソースが絶品!ラザニエッテの作り方を東麻布「Ristorante Pellini Adagio」東條吉輝シェフにご紹介頂きました。ラザニエッテとは小さなラザニアという意味です。 ラザニアシートを茹でる時には、オリーブオイルをお湯の中に入れると、ラザニアシートがくっつくのを防げますよ。 ぜひお試しくださいね。

自宅で作る本格パスタの簡単レシピ。ペペロンチーノの乳化問題の解決方法も

パスタって簡単そうで意外と難しいですよね。特にペペロンチーノは、作るときの乳化によって味が変わるといわれるほど。自宅で簡単に作るための本格イタリアンのコツをご紹介します。

焼いても揚げてもおいしいミートボールのトマトソースパスタ♪

【動画】今回は簡単で時短できるのに栄養満点のおかず、ひよこ豆で作るミートボールでトマトソースパスタを作りました!!ミートボールに大麦を入れることで食感が増し、お肉を使っていないのに食べ応えが出てお腹いっぱいになりますよ。

濃厚ソースとからめて食べたいもちもちの食感がクセになるお団子パスタ、ニョッキ!

【動画】丸くてもっちとした弾力があり、少量でもお腹がいっぱいになるイタリアのお母さんの味「ニョッキ」小さなめなお団子のような形のこのパスタはいつも食べている細長い麺のパスタとは違い、じゃがいもを使って作ることでクセになるような、もちもちの食感のニョッキが作れます♪それをチーズたっぷりの濃厚クリームソースと絡めれば寒い日に食べたいもっちもちパスタの出来上がりです!

おいしさのポイントは新鮮さ!?豆の味をしっかり味わいたいグリーンピースパスタ!

【動画】今週のVEGGIE DISHESは、生のグリーンピースをペーストにした素材の味をしっかりと味わえるパスタです。グリンピースが苦手・・・という方でもおいしく食べられます!豆の新鮮さがおいしさの決め手となってくるので、ペーストにする前にグリーンピースを味見して、ニンニクを入れるか、入れずにそのままのシンプルな味にするのか決めて作ってみてくださいね。

キーワード

ライター

ビデリシャス編集部 ビデリシャス編集部