2016年3月7日 更新

少しの手間でパスタがもっとおいしくなる!?ペペロンチーノの作り方!

【動画】今週のVEGGIE DISHESは、パスタの中でも定番レシピ、ペペロンチーノ!よく作られるという方も多いのではないでしょうか?今回はこの定番のぺペロンチーノをよりおいしいペペロンチーノにするためのコツをご紹介します。パスタを茹でる前のほんのひと手間で、まるで生パスタで作ったかのようなもちもちパスタのペペロンチーノが作れますよ。いつもと同じだけど、“どこかいつもと違う”ペペロンチーノ、是非味わってみて下さいね。

1度味わってほしい!!もちもちパスタ!

今週のレシピは、ペペロンチーノです。

パスタは事前に1〜2時間ほど浸水させておくと食感が生パスタのようにモチモチになり、茹で時間も短縮できます。

ぜひ自宅でやってみてくださいね!

ペペロンチーノの材料(2人分)

・スパゲッティ 180g
・水 2〜3リットル(浸水・茹で兼用)
・にんにく 1片
・鷹の爪 1〜2本(辛いのが好みの方は種も使ってください)
・オリーブオイル 大さじ1〜2
・塩 大さじ1(茹で汁用)
・茹で汁 適量(100〜200ccほど)
・パセリ 適量

つくり方

《1》スパゲッティを1〜2時間ほど浸水させます。
 (17394)

《2》にんにくと鷹の爪をカットし、オリーブオイルと一緒にフライパンで火にかけます。
 (17399)

 (17396)

 (17434)

 (17438)

《3》塩を加えた熱湯でスパゲッティを茹でます。浸水してあるので柔らかくなっており、表記よりも短めに茹であがるのでご注意ください。
 (17441)

23 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

おいしさのポイントは新鮮さ!?豆の味をしっかり味わいたいグリーンピースパスタ!

【動画】今週のVEGGIE DISHESは、生のグリーンピースをペーストにした素材の味をしっかりと味わえるパスタです。グリンピースが苦手・・・という方でもおいしく食べられます!豆の新鮮さがおいしさの決め手となってくるので、ペーストにする前にグリーンピースを味見して、ニンニクを入れるか、入れずにそのままのシンプルな味にするのか決めて作ってみてくださいね。

手打ちならではのモチモチ食感!オレキエッテ バジルペスト和え

【動画】イタリア・プーリア州の代表的パスタ「オレキエッテ」。「小さな耳」という意味で、名前の通りコロンとしたフォルムが可愛らしいショートパスタです!モチっとした食感は自家製ならでは♪パスタのくぼみに香り豊かなバジルペストがよく絡みます。見た目も鮮やかで、写真映えする1品です!余ったソースはお肉料理や魚料理、サラダやピザなど、色々なお料理に活用してください♪

ほうれん草を練り込んでグリーンに変身☆もちもち平打ちパスタ「フェットチーネ」

【動画】おうちでできるパスタシリーズ。今回は、もっちりとした食感が特徴の平打ち麺「フェットチーネ」。イタリア語で「小さなリボン」という意味の幅の広いロングパスタです。ほうれん草を練り込んで風味豊かに仕上げたパスタ、酸味のきいた爽やかなトマトソースをたっぷり絡めて味わってください♪

お肉なしでも絶対に美味しい本格ヴィーガンラザニアを自宅で手作り!

【動画】イタリアではパスタと並んで家庭の味として定番のラザニア。パスタよりもちょっと手間がかかるけど何層にも重なった生地と濃厚なソースの組み合わせはまさに絶品!どの家庭でもいろいろな具材を入れて楽しみますが今回はお肉なしのヴィーガンラザニアです。

ハロウィンパーティーにもオススメなかぼちゃと酒粕で作るかぼちゃナーラ

【動画】今週のVEGGIE DISHESは、秋の味覚!かぼちゃで作るパスタ、かぼちゃナーラです。甘いかぼちゃと “ 酒粕 " を入れて作るパスタは発酵食品の味がする今まで食べたことのない新しいパスタです。とろとろのかぼちゃクリームをたくさんパスタに絡ませて食べてみてくださいね!

キーワード

ライター

ビデリシャス編集部 ビデリシャス編集部