2017年4月30日 更新

特別な日につくりたい♡華やかな飾り巻き寿司「四海巻き」

【動画】四方の海の波紋を表現した、伝統的な太巻き「四海巻き」のレシピをご紹介します。職人じゃないと作れないのではないかと思っちゃうぐらい芸術的で美しい見た目ですが、意外と簡単に作れるんですよ♪特別な日に、作ってみてくださいね!

インスタ映え、間違いなし♡

特別な日に作りたくなるような、切り口が芸術的でとても華やかな飾り巻き寿司のレシピをご紹介します。この飾り巻き寿司は「四海巻き」といって、四方の海の波紋を表現した伝統的な太巻きです。凝った見た目ですが、作り方は意外と簡単!お祝い事やお弁当などに是非つくってみてください。

四海巻きの材料(各4つ分)

・海苔(大判)…3枚

〈サーモン〉
・サーモン(柵)…適量
・卵焼き…適量
・きゅうり…1/2本
・鮭フレーク…大さじ1
・酢飯…60g
・白米…80g

〈マグロ〉
・マグロ(柵)…適量
・卵焼き…適量
・きゅうり…1/2本
・ゆかりふりかけ…小さじ1
・酢飯…60g
・白米…80g

つくり方

1. 海苔を縦半分に切って6枚にする(以下、海苔中)。そのうちの2枚を縦13~14cmほどに切る(以下、海苔小)。海苔小を切った際に余った海苔2枚に水を付け、海苔中の2枚と貼り合わせて長さを足す(以下、海苔大)。
2. きゅうりを海苔の横幅と同じ長さに切る。
3. サーモン・マグロ・卵焼きを海苔の横幅と同じ長さに合わせ、1cm角の棒状に切る。
4. 白米にそれぞれ鮭フレークとゆかりふりかけを混ぜる。
5. 海苔小に酢飯を奥1cm残してまんべんなくのせる。
6. きゅうりをのせて巻く。
7. 海苔中に4のごはんを奥1cm残してまんべんなくのせ、6をのせて巻く。
8. 7を縦4等分に切る。
9. 海苔大に8を2つ、きゅうりが外側になるように横向きにおき、溝に卵焼きと刺身を交互にのせる。
17 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

心奪われる華やかさ♡ドーナツ型でつくる「寿司ドーナツ」

【動画】今回ご紹介するのは、色鮮やかでとっても可愛い「寿司ドーナツ」です。ドーナツ作り以外では使い道がないドーナツ型を使えば、簡単に豪華な見た目のお寿司が作れます♡刺身の盛り合わせをスーパーで買って作れば、色んな種類のお寿司が楽しめるしリーズナブル♪ひなまつりの参考にしてみてくださいね!

大豆の発酵食品テンペと豆乳マヨネーズでつくるヘルシーな『巻き寿司』レシピ

【動画】今回のVEGGIE DISHESは、ヴィーガン仕様の巻き寿司です。豆乳からつくる自家製マヨネーズとテンペを混ぜ合わせ、細長く切った野菜を具材にします。海苔側が内側にくるようにする裏巻きバージョンです。

おもてなしにぴったりの色鮮やかなハワイ料理♪さっぱり冷たい"ロミロミサーモン"

【動画】「ロミロミ」とは、ハワイの言葉で「揉む」という意味。サーモンとトマト、玉ねぎなどを細かく切ってロミロミ優しく混ぜたさっぱり冷たい前菜です。カラフルでとっても華やかなので、おもてなし料理にぴったりです!

食欲がない時でもツルッと食べれる♡さっぱりヘルシーな翡翠色のなすそうめん

【動画】翡翠のような色合いが涼やかな「なすそうめん」のレシピをご紹介します。なすにひと手間加えるだけで、まるでそうめんのようなさっぱりとした一品に!小麦粉を使用していないので、そうめんよりもヘルシーです♪なすの皮も無駄なく甘辛なふりかけにしました!

夏なのにおでん!?夏野菜がたっぷり入った"冷え冷え"夏おでん

【動画】スープを吸った手作りがんもどきと今が旬の夏野菜が美味しい"冷え冷え"夏おでん!がんもどきはすりおろした山芋を入れることでふわふわな食感になりますよ♪夏おでんは和がらしよりも柚子胡椒を付けるのがオススメです!

キーワード

ライター

ビデリシャス編集部 ビデリシャス編集部