2017年9月29日 更新

秋の味覚、甘くてほくほくのヤキイモ。自宅でも作れる3通りの方法

ほくほくしたヤキイモは秋の味覚。昔はよく落ち葉焚きで焼いたものですが、最近はすっかり見かけなくなってしまいました。家で簡単に作れたらいいと思いませんか?本格的な石焼き芋から簡単に作れる焼き芋まで、自宅でできる美味しい作り方をご紹介します。

ほくほく甘みたっぷり本格石ヤキイモを自宅で作る方法

Chudovska/Shutterstock (39220)

最近では、ヤキイモを作る専用の鍋が市販されています。石を使って焼くので、本格的な石ヤキイモができますが、専用鍋がなくても土鍋ややかん、鉄鍋、中華鍋、そのほかにも厚手のホーロー鍋などでも可能です。石は1~2cmの丸い石が良いのですが、熱処理されていないと割れる可能性があるので、ホームセンターで売られている園芸用の玉砂利など、熱処理もされているものを選びましょう。

まず、石を鍋に敷き詰め、強火で約10分ほど加熱します。その後、火を止めて鍋の中の温度が均一になるように10分程置きます。次に、さつまいもを石に埋め、弱火にかけます。アルミホイルに包むと焦げにくくなります。さつまいもの大きさにもよりますが、小さめで50分~1時間、大きいものだと1時間半程度かかります。竹串がスッと通れば出来上がりです。

もっと素早く!電子レンジで簡単にヤキイモを作る方法

gcafotografia/Shutterstock (39221)

鍋を使った本格石ヤキイモも美味しいですが、時間がかかってしまうのが欠点です。もっと素早くヤキイモを作りたいなら電子レンジを使う方法があります。

作り方は、水洗いしたさつまいもを、濡れたまま連続した2枚のキッチンペーパーで包みます。これにラップをかけて電子レンジにかけますが、ラップをかける前のキッチンペーパーで包まれたサツマイモに水をかけてます。キッチンペーパーから水がしたたり落ちるくらいまでの量が目安です。その後、簡単に絞ってからラップをします。この工程があることでサツマイモを加熱した際に固くなりにくくなります。

電子レンジの皿の上に乗せた後は、まず500ワット(強)で2分加熱、その後、解凍モードでゆっくり20分加熱すると完成です。低温で時間をかけて加熱することで、さつまいもの甘みが強くなり、ほくほくしたヤキイモが出来上がります。

オーブントースターでこんがりヤキイモを作る方法

trailexplorers/Shutterstock (39222)

電子レンジを使った作り方はいちばん早く完成しますが、電子レンジでは、ヤキイモらしい焼目がなくて物足りないという方もいると思います。自宅にある家電で手軽に作りたい場合、オーブントースターならこんがりと焼目が付いて、ヤキイモらしい仕上がりになります。

水洗いしたさつまいもの水分を拭き、オーブントースターで、10分加熱して10分余熱で調理、を3回繰り返します。何も巻かずに焼くことで、皮もパリッとヤキイモらしく出来上がります。パリパリとした皮は剥きやすく、中はほくほくで石ヤキイモにとても近い食感です。
自宅で作るヤキイモのレシピを3通りご紹介しました。甘くほくほくしたヤキイモは、そのまま食べてももちろんですが、バターを付けても美味しいですよ。ヤキイモに向いているさつまいもの種類は、安納芋や鳴門金時、紅あずまなどがおすすめです。


thumbnail picture by abc1234/Shutterstock
10 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

懐かしい味をもう一度!子どもの頃に大好きだった給食メニューを自宅で作ろう

子どもの頃に食べた懐かしい味、学校の給食。いちばんお気に入りだったメニューは何ですか?またもう一度あの懐かしい給食を味わってみたいですね。自宅でも作れる人気の給食メニューを3つご紹介します。

冷蔵庫に入りきらない大きなスイカはどうやって冷やす?効率よく冷やす方法

夏といえばやっぱりスイカ!でも、大きなスイカになると「半分に切ってから冷蔵庫に入れる」という人もいると思いますが、大きなスイカをそのまま冷やせたらもっといいと思いませんか?家でも外でも、「効率よくスイカを冷やす方法」をご紹介します。

暑い日でもできるだけアイスクリームを溶かさずに持ち運ぶ方法とは?

夏の暑い日に食べたいアイスクリーム。でも、お土産で持っていくときや、BBQなどのデザートとして持っていくのはちょっと厳しそうですよね。できるだけアイスクリームを溶かさずに持ち歩く方法をご紹介します!

塩でお肉は柔らかくならない!安くてもかたくても美味しく柔らかく焼く方法

冷蔵庫から出したお肉に塩コショウを振って、室温に戻してから焼く…やっていることは間違っていないのにどうしてお肉がかたくなってしまうのでしょうか?お肉がかたくなる理由、そして、お肉を軟らかく焼くためのテクニックをご紹介します。

大事な靴を長持ちさせたい!普段のお手入れ方法・雨の日の特別ケア

大事な靴を長持ちさせるためには普段のお手入れと雨の日の対応が重要です。帰宅後のブラッシング、クリーナーのお手入れと濡れてしまった時の対処法を覚えて、きれいな状態を維持しましょう。

キーワード

ライター

ビデリシャス・ライター ビデリシャス・ライター