2017年7月12日 更新

飲めなくても大丈夫★ノンアルコールで楽しめる「モヒート」のアレンジ

一般的にモヒートと言えばホワイトラムを使ったカクテルですが、透明感のあるソーダとミントってノンアルコールでも好相性だってご存知でしたか?ランチでも雰囲気を楽しむことができるノンアルコールのモヒートアレンジをご紹介します♪

ノンアルコールで作る基本のモヒート

Oxana Denezhkina/Shutterstock (37374)

ホワイトラムを使わない、ノンアルコールのモヒートに使う材料は、「ライム・ミント・ソーダ」の3つだけなのでとっても簡単。

ミントの割合もお好みで調節してみてください。ライムの代わりにレモンを使ってもOKですが、いずれもスライスしたものを使いたいので、皮はよく洗ってキッチンペーパーなどで水気をしっかり切っておきましょう。

薄いイチョウ切りにしてソーダの中に沈めてもいいですし、大きな丸のまま薄くスライスして浮かべるのもいいでしょう。グラスのサイズや、飲み方に合わせて工夫してみてください。

果汁を入れるというより、「柑橘類から滲み出る酸味」を楽しむイメージです。また、グラスはよく冷やしておくのも大事なポイント!モヒートは「濡らす」という意味なので、モヒートを作るときはグラスの準備からはじめましょう♪

一度は試して!美味しい「パクチーモヒート」

Tiger Images/Shutterstock (37375)

モヒートと言えばミントの葉を使うのが一般的ですが、最近ではパクチーモヒートもブームで、お店のメニューとして出しているところもあるほどなんです。最近では瓶に入ったパクチーモヒートも販売されていて人気を集めています。

お酒が飲めないパクチー好きには悔しい一品ですが、家ならノンアルコールで作れちゃいます!ライムやレモンのスライスをと一緒に、ミントの変わりにパクチーを好きなだけ入れてソーダを注ぐだけ。パクチー好きにはたまらない一杯ですね♪

知ったらやりたくなる!モヒートのアレンジテクニック

mstella/Shutterstock (37376)

基本のモヒートはとてもシンプルなので、そこからちょい足しをしてアレンジすることでレシピの幅が広がるんです!例えば桃やキウイなどのフルーツ類。食べやすいサイズにカットしてモヒートに入れるだけなので撮っても簡単です。

モヒートにして甘みが足りないときはガムシロップを足してもOK♪凍らせたスイカやレモンジュース、パインジュースをミキサーにかけてシャーベット状にし、そこにソーダとミントを注ぐというアレンジも夏は涼しそうですよね。

ランチやおやつ代わりにもピッタリなので、おもてなしに出しても喜ばれそう。グレープフルーツや色んな味のジュースで試してみてくださいね。
シャーベット状のモヒートは子どもも喜んでくれそうなアイデアカクテル♪お酒が飲めない人がお酒を飲んでいる気分を味わえるノンアルコールカクテルなので、お酒を控えている人にはオススメですよ。オリジナルのモヒートアレンジを楽しんでくださいね☆


thumbnail picture by Ivan Mateev/Shutterstock
10 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

米粉だからモッチモチ♡甘くない!おかず蒸しパン

【動画】パサパサだから蒸しパンは苦手...という方にオススメの米粉の蒸しパン!今回は甘くないおかず蒸しパンに♪蒸し器が家にない方でもお鍋があれば簡単に蒸しパンが作れますよ!アレンジ自在なので、いろいろな味を楽しんでみてくださいね!

クラッカーを簡単アレンジしてお家パーティーしちゃお☆アレンジクラッカーアイデア集

パーティーにピッタリなクラッカーのアレンジ料理。前菜として、おつまみとして、そして子供たちのおやつにもピッタリなクラッカーアレンジは、美味しい上にちょっと華やかですよね♪乗せて、挟んで、楽しみながら食べましょう♪

豆腐クリームがかなり便利!生クリームやホワイトソースの代用アレンジレシピ

ダイエット中に気になるのがカロリーや糖質の摂りすぎですよね。生クリームもホワイトソースも脂肪分や糖分が気になるところ。でも豆腐クリームがその食べたい欲求をカバ―してくれます!生クリームを買い忘れてしまった時の代用にもなるので、覚えておくと便利ですよ♪

ホワイトデーはこれで決まり!サクほろ食感のスノーボールクッキー

【動画】ブールドネージュとも呼ばれているフランスの焼き菓子「スノーボールクッキー」。口に入れるとほろっと崩れて、噛むとサクサクする食感がクセになります♪とっても簡単でアレンジも自在なので、好きなフレーバーで作ってみてくださいね!可愛くラッピングすれば、プレゼントにぴったりですよ♪

しっかり食べて健康に!昭和女子大学の学生と先生が考えた「マチャンカ風」と副菜レシピ

【動画】昭和女子大学健康デザイン学科・管理栄養学科では食事、運動を通して、体の中から美しくなる『輝け☆健康「美」プロジェクト(H&Bプロジェクト)』を展開中。今回もカラダの中から美しくなるランチメニューを紹介します。副菜と合わせて定食としていただいても、エネルギー量はひとりあたり680kcal!

キーワード

ライター

ビデリシャス・ライター ビデリシャス・ライター