2016年12月31日 更新

「せり」がこの冬大活躍間違いなしってどういうこと!?お鍋に欠かせない優秀野菜

春の七草のひとつとしてお馴染みの「せり」ですが、実は11月からせりの旬ははじまっています。でも、どうして今、せりがブームを呼んでいるのでしょうか?ヘルシー野菜が注目されている理由と、せりの魅力に迫ります!

せりを食べるのは七草がゆだけ?

hungryworks/Shutterstock (31680)

「せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろ」でお馴染みの七草。七草に使われる野菜はいずれも普段は注目されるような野菜ではないので、あんまり食べる機会がないですよね。でも、近年「せり」がブームになりつつあるのはご存知ですか?

これまで注目されることもなく、脇役にすらいなかった「せり」がブームになっている理由の一つに、2016年版のトレンド鍋に「草鍋」がピックアップされたことにあります。熟成肉やジビエなどの肉ブームの裏で、野菜がたっぷり食べられるヘルシーさ、そしてあっさりとした食べやすさに人気が集中したようですよ。

鍋だけじゃない「パクチー」ブームも一役買っていた!

Graham Corney/Shutterstock (31681)

2016年最も注目された野菜の一つが「パクチー」ではないでしょうか。実はパクチーも「せり」の一つなんです。独特の香りなので苦手な人も多いと思いますが、一度ハマると好物になってしまう人も少なくありません。パクチー料理の専門店でのブームをきっかけに、自宅でも楽しめるパクチー鍋も話題になりましたよね。

ちなみに「パクチー」はタイ語で、英語では「コリアンダー」、中国語では「香菜(シャンツァイ)」。では日本語ではなんていうかご存知ですか?パクチーの和名は「コエンドロ」。日本料理には馴染みが薄く、エスニック料理がブームの発端となったことから、日本でも「パクチー」と言いますが、乾燥させた果実は「コリアンダー」と分けて呼んでいます。

きりたんぽだけじゃもったいない!「せり鍋」レシピ

bonchan/Shutterstock (31682)

これまで、せりを使うお鍋といえば「きりたんぽ」が有名でしたが、草鍋ブームの到来により、「仙台せり鍋」も注目されるようになったのです。作り方はいたって簡単。定番の「鶏ベースの出汁」に鶏肉とたっぷりのせりを入れるだけ!えのきやお豆腐、人参、ゴボウなど、好きな具材を入れればOKなんです。
せりは5分くらい煮込めば食べられます。根の方から入れて、おかわりするごとに葉の方を入れていくのがコツ。 〆にご飯はもちろん、中にはお餅を入れるというご家庭もあるそうです。卵でとじていただきましょう♪
ちなみに、「草鍋」というのは青野菜がたっぷり入ったお鍋のことで、特に野菜の種類は限定されていません。でも、春の七草は万病を防ぐと言われていますよね。食物繊維でお腹スッキリ効果も見込めます。ついつい食べ過ぎてしまう年末の鍋料理に「せり鍋」もチャレンジしてみましょう!


Thumbnail picture by Jiang Zhongyan/Shutterstock
10 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

パクチー好き全員集合!気になる和食との相性は?パクチーに合う料理をご提案♪

ここ数年、「パクチーが大好き!」という人が増えましたよね。パクチー料理専門店も多く、気軽に使えるソースやペーストなども続々と登場し、自分たちでパクチー料理を作るのも簡単になりました。そんなパクチー好きのために、「パクチーに合う料理」をご提案します!

世界一の味!タイのマッサマンカレー

【動画】今回ご紹介するのは、アメリカの人気情報サイトで‟世界一美味しい料理”と紹介されたタイの「マッサマンカレー」です。スパイシーなのに、ココナッツミルクでまろやかな味わいに♪

辛味と爽やかな酸味にハマる!タイ料理の定番「トムヤムクン」

【動画】一度味わうとやみつき!唐辛子の辛みとレモンの爽やかな香り&酸味が複雑な味わいを作りだす「トムヤムクン」。エビの頭を入れることで出汁とコクが出て、より本格的に仕上げてくれますよ。

甘さと辛さと酸味が絶妙!タイ料理の定番「パッタイ」

【動画】タイの代表的な料理「パッタイ」は、日本でいう焼きそばのようなポピュラーな料理。ほんのり酸味が効いた甘辛さはとにかくクセになる味で、食欲が刺激されるので食べ過ぎ注意です!ぜひ本格タイ料理にチャレンジしてみてくださいね。

カレー&パクチーの香りで食欲増進!カリッと揚がったカレー風味の揚げ餃子

【動画】パクチー好きの方に試してほしい!カレーとパクチーのスパイシーな香りがたまらないサモサ風揚げ餃子。 引き立つ香りとエスニックな味はビールのおつまみにもピッタリ!ぜひ作ってみてくださいね。

キーワード

ライター

ビデリシャス・ライター ビデリシャス・ライター