2017年8月2日 更新

ご飯は小分けして冷凍庫へ!炊き立ての美味しさが続く正しい冷凍保存のコツは?

炊飯後のご飯をそのまま保温しておくと、硬くなってパサパサになった経験はありませんか?ご飯は保温や冷蔵より冷凍がいちばん美味しく保存できます。まとめて炊くと電気代の節約にもなりますね。美味しくご飯を冷凍するためのコツをご紹介します。

17,292 view お気に入り追加 1

美味しいご飯の保存方法は保温・常温・冷蔵・冷凍?

yellowrail/Shutterstock (38174)

余ってしまったご飯はどうしたら美味しく保存できるのでしょうか。ご飯を長時間保存する際、保温、常温、冷蔵、冷凍を比較すると、冷凍が最も美味しく保存できます。保温は炊飯器の機種にもよりますが、3時間を超えると徐々に固くなってしまいます。

常温保存は菌が繁殖する心配もあるので、冬場で約1日、夏場では半日程度が限度でしょう。温度2~3度の冷蔵庫内は、最もご飯の水分が失われ風味を損なう環境です。これらの保存法に比べて冷凍保存は、炊きたてのご飯の水分を逃さない状態で保存されるので、美味しさをキープすることができるのです。

炊き立てのご飯を美味しく冷凍するコツ

jreika/Shutterstock (38175)

ご飯を美味しく冷凍するコツは、炊飯後は時間が経つにつれ水分がなくなってしまうのでなるべく早く冷凍することです。ご飯が炊けたらすぐにラップしましょう。お茶碗1杯ずつ(1食分ずつ)を解凍ムラがないように2cm程度の厚さにラップすることと、ご飯粒が潰れないようにふわっと包むことが美味しく保存するコツです。

急速冷凍機能があればいいのですが、ない場合は粗熱を取ってから冷凍庫に入れます。なるべく急速冷凍させるためには、ラップで包んだご飯をアルミトレイの上に置いたり、ラップの上からさらにアルミホイルで包むとより早く冷凍できます。

冷凍ご飯の正しい解凍方法と温め方

Rostislav_Sedlacek/Shutterstock (38176)

冷凍したご飯を食べるときも急速解凍が基本です。時間をかけて自然解凍すると、ご飯の風味が落ちてしまいます。

食べる直前に凍ったままのご飯を1食ずつ電子レンジで温めます。このとき解凍機能は使用しないでくださいね。炊きたてのようなふっくらしたご飯にするためには、均等に温めることです。片面を1分~1分30秒温めたら、裏返してさらに1分温めます。

次に茶碗などに移しご飯をほぐします。軽くラップをかけ、再びレンジで1分温め、足りないようだったら様子をみながら30秒ずつ温めます。冷凍したご飯は、美味しく食べるためにも、1週間以内に食べきることが望ましいです。
ご飯の炊きたての美味しさをキープするための、正しい保存方法についてご紹介しました。一人暮らしなら、ご飯をまとめて炊けば電気代の節約にもなります。ご飯の冷凍方法と解凍方法をマスターして、いつでも炊き立てのような美味しいご飯を食べたいですね。


thumbnail picture by Nishihama/Shutterstock
10 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

冷凍技術はここまで進化!解凍しても新鮮食材の風味を楽しめる驚きのフリーザー

解凍したお肉からにじみ出る肉汁…。多少は味が落ちてもしょうがない…と諦めていたあなたに、朗報です!解凍しても風味・食感が生の食材と全く変わらない、驚きのフリーザーが誕生! 

【種類別】野菜・魚・肉類・麺類を冷凍保存するときの基本的なテクニック

「これって冷凍できるの?」「どうやって冷凍すればいい?」野菜や魚、肉類、麺類などは、それぞれ使いやすい冷凍の仕方があります。買ったまま冷凍してしまうと、いざ使うときにちょっと大変。冷凍前の「一手間」が使いやすくなるコツです。

オレンジみたいにまん丸で可愛い♪イタリアのライスコロッケ"アランチーニ"

【動画】イタリアのライスコロッケ「アランチーニ」。ころころ可愛いライスコロッケの中から、とろ〜りチーズとミートソースが!ボリューム満点で、パーティーメニューにオススメです♡

お弁当にピッタリ!近畿地方の郷土料理、しらすと明太子のめはり寿司♪

【動画】握り飯を高菜の葉で包んだ郷土料理「めはり寿司」。頬張った途端、高菜の香りが口いっぱいに広がってお米の旨みを引き立てますよ!簡単に作れて冷めても美味しいのでお弁当にピッタリ。ぜひお試しくださいね。

炊飯器で簡単!ビビンバ風の甘辛いスペアリブご飯

【動画】炊飯器にお米とスペアリブと野菜を入れて一緒に炊き込んだ「ビビンバ風スペアリブご飯」のレシピをご紹介します。炊飯器に入れる前にフライパンでしっかりと焼き目をつけたスペアリブが香ばしい♪ビールと一緒に食べたくなるご飯です!

キーワード

ライター

ビデリシャス・ライター ビデリシャス・ライター