2017年3月18日 更新

タイムの種類は300以上!?キッチンハーブとして人気のハーブに秘められた栄養

煮込み料理をするときや、ブーケガルニとして使うことが多いタイム。実はその種類は300もあると言われていることはご存知でしたか?キッチンハーブとしても人気のタイムについて、詳しく調べてみました!

みんなが知ってるタイムは2~3種類?

Ole Schoener/Shutterstock (33571)

タイムといっても、一般的に認知されているのはほんの2~3種類。多くて5~6種類といったところでしょう。でも、実際はなんと300種類以上も存在しているのです。古代エジプト時代から使われていたり、原産もヨーロッパだけでなく、アメリカやアジアまでも幅広く分布していることも原因の一つといえます。

キッチンハーブなどとして栽培している人はご存知かもしれませんが、タイムは草ではなく「常緑小低木」という木なんです。私たちがよく目にする、一般的に「タイム」と言われるものと言えば「コモンタイム」を指します。

多くはお肉を煮込むときに乾燥したタイムをブーケガルニにして使います。ほかにも、ピンクタイムやシルバータイムなどがありますが、レモンタイムやオレンジタイムは柑橘系の芳香があるので、お菓子作りに使われることもあります。

タイムが古代エジプト時代から愛されていた理由

Fortyforks/Shutterstock (33572)

古代エジプトでは、ミイラを作る時の防腐剤としてタイムを使ったり、ギリシャ人は浴室や神殿でお香として炊いて使っていた歴史があります。部屋を清めるという目的もあったようですが、タイムは勇気を鼓舞すると信じられていたという説があり、女性が騎士に贈っていたとも言われています。

ハーブティーとして飲めば快眠にも役立ち、消毒薬や石けんにも使われていたりと、日常生活ではなくてはならないハーブだったようです。

実際、タイムに含まれている香り成分であるチモールとカルバクロールには消毒作用があり、歯磨き粉や石けん、ローションなどにも使われることがあります。主にハーブとして使うため、そのまま食べるということはありませんが、カロテンやビタミンCも多く含んでいるのが特徴的です。

タイムの使い方と正しい保存方法

Magr/Shutterstock (33573)

生のタイムを保存するとき、濡らし過ぎるとカビてしまうことがあるので、多少乾燥させるのがポイントです。ただ、生の良さを残したいなら乾燥させすぎないようにポリ袋などに入れて野菜室で保存しましょう。どうしても使いきれないようであれば、一度水で洗って水気を取ってから風通しの良いところで乾燥させてドライハーブにしてもいいですね。

タイムをお料理に使う際は、お肉でも魚でも好相性なので、煮込みやグリルだけでなく、蒸し料理にも使うことができます。オリーブオイルやビネガーなどに一緒に浸けておけばハーブオイル、ハーブビネガーとしても使えるのでサラダやドレッシングなどの仕上げに使えて便利。タイムの種類によってはお菓子やパン作りに活かしてもいいですよ。
タイムはあまりに身近なハーブなので、なんとなく知っているような気がしていましたが、実際は知らないこともあったのではないでしょうか。お料理はもちろん、アロマとして使ってみるのも良いかもしれませんね。是非お試しください。


thumbnail picture by natalia bulatova/Shutterstock
10 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

米粉と豆乳で優しい味わいに♡ほうれん草のクリームパスタ

【動画】クリームソースといえば小麦粉・牛乳・バターなどを使って作るイメージですが、今回は米粉と豆乳で優しい味わいに!小麦粉と違って米粉はダマにならないので、失敗しませんよ♪風味付けにはタイムをたっぷりと使って、香り豊かなクリームパスタに仕上げました!お腹も心も満たされる「ほうれん草のクリームパスタ」です。

手作りパンチェッタでつくる濃厚&クリーミーな本格カルボナーラ☆

【動画】イタリア料理に欠かせないパンチェッタ!豚ばら肉を塩漬けにして、乾燥・熟成させて作ったものです。今回はご家庭でも簡単に作れるように、冷蔵庫で乾燥させながら熟成させていきます。傾けた網にのせると、豚肉の水分が下にぽたぽたと落ちていき、お肉の水分がだんだん抜けて旨みが凝縮します!手作りのパンチェッタで作るカルボナーラは最高に美味しい♪ハーブは全て揃えなくてもいいので、お好きなハーブで香りを付けてくださいね☆

秋のおもてなし料理♡ローズマリー香る"秋刀魚とトマトのオーブン焼き"

【動画】今が旬の秋刀魚を使った、おもてなしにぴったりのメニューです。青魚とトマトは相性抜群!ローズマリーの香りが魚の匂いをやわらげてくれるから、青魚が苦手という方にも食べてもらえるはず!秋刀魚に薄く塗った粒マスタードと、上に乗せたパン粉がいいアクセントに♪

夏野菜を美味しくアレンジ!ズッキーニの詰め物 ローマ風

【動画】ズッキーニが美味しい季節がやってきましたね!ズッキーニを器にして、牛ひき肉をたっぷり詰めて、オーブンでジューシーに焼き上げました。表面のチーズとパン粉が香ばしく、カリっとした食感がアクセント☆きりっと冷やした白ワインにピッタリで、ホームパーティーにもオススメの1品です!

「ラムネにビー玉が入ってる理由は?取り出せる?」ラムネに関するみんなの謎を解決!

「ラムネはどうしてビンなの?」「ビー玉が入ってる理由は?」子どもの頃からなんとなく疑問に思っていたラムネの不思議。みんなの中にあった「なんで?」を解説!ビー玉の取り出し方もご説明します♪

キーワード

ライター

ビデリシャス・ライター ビデリシャス・ライター