2017年6月14日 更新

アメリカの食文化をいちはやく紹介した“ポップ”なファミレス「デニーズ」誕生のひみつ

アメリカ発。「コーヒーショップスタイル」のファミレス「デニーズ」VOL.1

「いらっしゃいませ、デニーズへようこそ」という挨拶とともに席まで案内される。「ああ、デニーズに来たんだな」と思う瞬間だ。

デニーズはロイヤルホスト、すかいらーくと並ぶファミレス御三家のひとつだが、他の2チェーンと異なるのは「アメリカ直輸入」という点。
現在のデニーズ(写真は「デニーズ篠崎店」)

現在のデニーズ(写真は「デニーズ篠崎店」)

いまや全米最大規模を誇るファミレスチェーン・デニーズは1953年に米・ロサンゼルス郊外で誕生した。いわゆる「コーヒーショップスタイル」のレストランチェーンで、以降、ロードサイドを中心に展開し、現在では全米で約1700店舗まで増えた。
アメリカのデニーズ(1970年代)

アメリカのデニーズ(1970年代)

日本では外食が家族にとってハレの行事だった70年代初頭、総合スーパーのイトーヨーカ堂(現・セブン&アイ・ホールディングス)は新たなサービスブランドを探していた。そこで浮上したのがレストランチェーン構想だ。

同社は1973年に米・レストラン大手のデニーズ社と技術援助契約を結び(1984年に商標権を買い取り、契約解消)、デニーズジャパンを設立。翌1974年4月、横浜市のイトーヨーカドー上大岡店1階に初の日本店舗となる1号店をオープンさせた。

当時最先端のロードサイド1号店の上大岡店あれこれ

華々しくオープンしたデニーズ1号店の立地は、京急本線上大岡駅から徒歩10分ほどの住宅地。車社会の発展によって生まれた、当時としては最先端のロードサイド型レストランだった。
イトーヨードー内にオープンした1号店の上大岡店

イトーヨードー内にオープンした1号店の上大岡店

「米デニーズ社との契約上、メニューや制服も本家と同じ。今では一般的に『ファミリーレストラン』とくくられますが、社員やスタッフの間ではアメリカ直輸入の『コーヒーショップスタイルレストラン』という意識が強かったと聞いています」(セブン&アイ・フードシステムズ販売促進部・諏訪美紀子さん、以下同)
オープン当時の制服

オープン当時の制服

メニューにはステーキ、ハンバーガー、サンドイッチ、スープ、サラダボールなどの“わくわくするようなごちそう”が並び、「朝、昼、晩の食事をご家族で楽しめる全く新しいタイプのレストランです」とある。
初代メニューブックには当時の日本人が知らなかった“ごち...

初代メニューブックには当時の日本人が知らなかった“ごちそう”が並んだ

たとえば、ステーキは、当時アメリカで一般的だった「トップラウンド」という内モモ肉を使用し、価格は1500円。「意外とリーズナブル」と思ったが、当時の大卒初任給が8万円弱の時代だから、なるほど、ごちそうである。
当時のスタッフ募集チラシ

当時のスタッフ募集チラシ

なお、この記念すべき1号店はイトーヨーカドー上大岡店の閉店に伴い、2017年3月に閉店。閉店を惜しむ客で連日行列ができたという。
29 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

「すかいらーく」はなくなり「ガスト」が増えた ー低価格路線への戦略転換

日本発の「ファミレス」を進化させるすかいらーくグループVOL.2

ジャンバラヤ、ハンバーグカレードリア…デニーズの歴史を彩るヒットメニューたち

アメリカ発。「コーヒーショップスタイル」のファミレス「デニーズ」VOL.2

キーワード

ライター

ビデリシャス編集部 ビデリシャス編集部