2017年5月12日 更新

パクチー好き全員集合!気になる和食との相性は?パクチーに合う料理をご提案♪

ここ数年、「パクチーが大好き!」という人が増えましたよね。パクチー料理専門店も多く、気軽に使えるソースやペーストなども続々と登場し、自分たちでパクチー料理を作るのも簡単になりました。そんなパクチー好きのために、「パクチーに合う料理」をご提案します!

もりもり食べたい人は「どっさり」パクチー

jreika/Shutterstock (35247)

パクチーを食べる時、大体はメインの付け合わせだったりトッピングだったりするかもしれません。でも、「丸ごとパクチーを食べたい!」という人もいると思います。そんなあなたには、「パクチーの天ぷら」をオススメ!

天ぷら粉にパクチーを絡めてサッと揚げるだけ。食べやすいサイズに切って、かき揚げのようにお玉の上で揚げるのがコツです。食べる時は塩でサクサクいただきます。

中華好きなら「老虎菜(ラオフーツァイ)」というサラダもオススメ。パクチー、きゅうり、ピーマン、青唐辛子を胡麻油と塩で和えたシンプルなもの。使っている材料が少ない分、ダイレクトにパクチーの味が楽しめます。

「バインミー」というベトナム風サンドイッチも、パクチーを美味しく食べられる料理です。フランスパンに対して縦に切り込みを入れ、ハムやパクチーを挟むだけ。好きなだけ挟んじゃいましょう!

色んなものにトッピングしたい「ちゃっかり」パクチー

jreika/Shutterstock (35248)

和食にもパクチーは意外な親和性を発揮することはご存知でしたか?例えば冷ややっこ。大葉の代わりにパクチーをトッピングするだけの簡単アイデア。醤油にちょっとナンプラーを足すと美味!

ご飯に刻んだパクチーとツナを混ぜ合わせた混ぜご飯。ツナがなくても、胡麻油と塩で軽く味付けしてもいいでしょう。もちろん海苔とも相性がいいのでおにぎりにすれば、ランチにこっそりパクチーを楽しめちゃいます♪

卵焼きに刻んだパクチーを混ぜて焼いても美味しそう!小さじ1杯程度のナンプラーを入れればタイ風になりますね。

他にも、牛丼や親子丼などのトッピングにも好相性です。薄味だとパクチーの風味が勝ってしまうので、ちょっと濃いめの味付けにするのがコツ。照り焼き系なら間違いないでしょう。

飲み物もデザートもパクチーがいい!?

Maximov Denis/Shutterstock (35250)

パクチーを残さず活用するなら、根っこもすててはいけません。根をよく洗ってから水気をしっかり切り、ウォッカやジンなどに浸けこめば「パクチーリキュール」を作ることができるんです。

手でちぎったパクチーをグラスに入れ、パクチーリキュールと炭酸で割れば自家製パクチーモヒートが完成!お好みでレモンやライムを絞ってももちろん美味しく飲めちゃいます。

グレープフルーツやライムなど、酸味のある果実と相性がいいパクチーはデザートにも変身可能!蜂蜜と寒天(ゼリー)を溶かして緩く固まったら、容器にゼリーとフルーツ、パクチーを交互に流し入れて行きます。寒天(ゼリー)は酸味のあるものを入れると固まらなくなってしまう性質があるので、ちゃんと粗熱を取ってから使うのがコツですよ。
パクチーが苦手な人には本当に嫌な顔をされてしまいそうですが、パクチー好きにはたまらないレシピがたくさんあります。ソースやペースト状にすれば、パクベーゼ(パクチーのジェノベーゼ)を作ることができます。パスタやサラダにしてどうぞ!


thumbnail picture by KatyaPulina/Shutterstock
10 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

食卓を華やかに!ストライプ柄で見た目もおしゃれな、彩り豊かなファルファッレのサラダ♪

【動画】ファルファッレとは「蝶ネクタイ」という意味で、蝶の形をしたかわいらしいショートパスタ。今回はトマトの生地を使い、ストライプ柄でキュートなファルファッレを作ってみました☆ パスタマシーンが無い場合、生地の水分量を少し増やすと麺棒で代用できますよ☆残ったパスタをしっかり乾燥させれば保存可能です!生パスタ特有のモチモチの食感、是非味わってください♪

暑い日は火を使わないご飯メニューがありがたい!火を使わなくても作れるおかず

暑い夏の日はできるだけ火を使わない料理が便利ですよね。「メニューに限界がありそう」「飽きてしまいそう…」と思うかもしれませんが、ちょっとしたコツさえつかめば簡単に作れるお料理はたくさんあるんですよ♪

やらなくても変わらないなんて嘘!ちょっとひと手間で料理がさらに美味しくなるコツ

時短レシピや手抜き料理、ズボラレシピなどなど…世には多くの簡単レシピが溢れています。でも、手間を省いた分だけ「ちょっと足りない」「もう少し何とかならないかな?」と思ってしまうことも。ちょっとひと手間で美味しくなるコツ、見直してみましょう!

旬のブドウを料理しよう! 葉っぱまで美味しいブドウが活躍する料理?

そのまま食べても美味しいブドウ。あんまり工夫して食べることが少ない果物の一つかもしれませんが、ちょっと一手間加えるだけで、簡単美味しいアイデア料理がたくさんあるんです!ブドウの葉を使った異国のお料理もご紹介します♪

子どもと一緒に作れる包丁要らずの簡単料理♪興味を刺激する食育

「食育」という言葉だけでは難しそうなイメージですが、お料理しながら教えるというのも楽しいテクニック。子どもと一緒に作業をすることは、コミュニケーションも増えていいことだらけ!初めての料理は包丁を使わないレシピから挑戦してみましょう!

キーワード

ライター

ビデリシャス・ライター ビデリシャス・ライター