2017年7月19日 更新

そうめんの「めんつゆ」にちょい足しするなら何入れる?いつもと違うめんつゆアレンジ

夏の定番と言えば、そうめんや冷や麦などのサッパリとした麺類!でも、いつも同じ味だとちょっと飽きてしまいますよね。そんな時は冷蔵庫の中にあるものを使ってめんつゆにちょい足しして、味に変化をつけてみましょう♪

食欲のない日は「サッパリ系」めんつゆアレンジ

karinrin/Shutterstock (37529)

暑い夏の日や食欲のない日はサッパリしたものがいいですよね。そんなときは、いつものめんつゆに「梅干し」をちょい足ししてみましょう。食べるたびに少しずつ崩していただきます。

さらに、白ゴマや刻んだ大葉をちょい足ししてもいいですよ。もう少しコクをプラスしたい時は胡麻油をほんの少しちょい足ししてみるのもオススメ!ほかにも、生のトマトを角切りにしてちょい足ししたり、トマトジュースを少しちょい足しするというのもいいでしょう。

めんつゆに角切りトマトをちょい足しするなら、アボカドも一緒にちょい足しするとボリューミーなのでサッパリ&しっかり食べることができますね。チリソースやナンプラーをちょい足しするとちょっぴりエスニックな雰囲気になります♪

たまには「こってり系」めんつゆアレンジで♪

Freedom Life/Shutterstock (37530)

元々サッパリ系のそうめんをアレンジするなら、やっぱりこってり系でガッツリ食べたいときもあると思います。いつものめんつゆに、練り胡麻、砂糖、生姜をちょい足ししてみましょう。使う調味料はちょっと多めですが、家にあるものだけでアレンジすることができるのであまり難しくないですよね。

めんつゆをお水で薄めるとき、豆乳に変えてみるという方法もあります。そこにラー油をちょい足しすると担々麺風にもなります。めんつゆを水で薄めないもう一つのバリエーションが生卵です。釜玉うどんをイメージすると分かりやすいかもしれませんね。

卵をメインに考え、そこにめんつゆをちょい足しするというイメージで割るとちょうどいいかもしれません。

もっと!思わず試したくなるちょい足しアレンジ

Nungning20/Shutterstock (37531)

そうめん類はダイエットにもよく食べらる食事の一つですが、腹もちがあまり良くなかったり、食べた後にちょっと物足りなさを感じることがあると思います。トマトやアボカドなどの角切り野菜類もサラダっぽいので、どんなにアレンジをしても立て続けに食べると飽きてしまいそう。そんなときは、キムチや納豆など、濃い味の食材をちょい足し!めんつゆにキムチを入れると冷麺風になったり、納豆にはオクラやミョウガなどをちょい足ししてみるのもいいでしょう。

めんつゆだけでは物足りなかったつけ汁には、「ガッツリしたものを食べたい!」という欲求を満たす濃い味のちょい足し具材がオススメです。
そうめんや冷や麦はサッパリした味なのでどうしてもアレンジしたくなるものの、結局定番の味に落ち着いてしまいがちですよね。生姜やわさび以外にもめんつゆに合うちょい足し食材はたくさんあるので、是非色んな組み合わせで楽しんでみてくださいね。
thumbnail picture by aijiro/Shutterstock
11 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

夏の定番、そうめんを優しい明太クリームで和えたオシャレなカッペリーニに♫

【動画】夏の定番メニュー、そうめん!でも食べる機会が多すぎてちょっと飽きて来ちゃった・・・という方に是非チャレンジしていただきたいレシピ、そうめんの明太クリームカッペリーニ♪冷たくさっぱり、でもしっかりたらこや生クリーム、バターを味わえます!いつもと違うそうめんを味わってみて下さいね。

食欲がない時でもツルッと食べれる♡さっぱりヘルシーな翡翠色のなすそうめん

【動画】翡翠のような色合いが涼やかな「なすそうめん」のレシピをご紹介します。なすにひと手間加えるだけで、まるでそうめんのようなさっぱりとした一品に!小麦粉を使用していないので、そうめんよりもヘルシーです♪なすの皮も無駄なく甘辛なふりかけにしました!

「そうめん」は七夕に食べるものだった?夏にそうめんを食べる理由とそうめんレシピ

夏といえば「そうめん」というイメージが強いのですが、どうして夏に食べるのでしょうか?夏にそうめんを食べる理由には「七夕」と関係があるようです。七夕とそうめんの関係と、そうめんの美味しいレシピをご紹介します。

実は味も違う!?そうめんと冷や麦の違いは太さだけじゃなかった!

「そもそも、そうめんと冷や麦って何が違うの?」「見た目一緒じゃない?」と思っている人も多いと思います。でも、実際はそうでないようですよ。日本人なら知っておきたい、そうめんと冷や麦に関する豆知識をご紹介します。

しっかり食べて健康に!昭和女子大学の学生と先生が考えた「つくねのイガグリ風」と副菜レシピ

【動画】昭和女子大学健康デザイン学科・管理栄養学科では食事、運動を通して、体の中から美しくなる『輝け☆健康「美」プロジェクト(H&Bプロジェクト)』を展開中。今回はカラダの中から美しくなるランチメニューを紹介します。副菜と合わせて定食としていただいても、エネルギー量はひとりあたり615kcal!

キーワード

ライター

ビデリシャス・ライター ビデリシャス・ライター