2017年2月27日 更新

チャーハンは弱火がパラパラのコツ!IHでも実現可能なパラパラチャーハン

チャーハンと言えば、強火で一気に調理するものだからフライパンで一気に作るのが鉄則!と思いこんでいるかもしれませんが、IHコンロを使っているご家庭では実現できないのでしょうか?火力が弱くても美味しいパラパラチャーハンを作るコツをお教えします。

チャーハンは家庭料理には不向きな料理?

praphab louilarpprasert/Shutterstock (33022)

チャーハンを作ろうとすると、どうしてもベチャっとしたり、団子状になってしまったり、はたまた炒め過ぎてしまったりと、どうしても上手くいかないという人も多いと思います。最近ではオール家電のご家庭も増えてきましたが、IHでお料理をしている人はフライパンをふって料理をするということはどうしても難しいもの。また、多くのご家庭ではテフロン加工されたフライパンを使っていると思います。

実は、テフロン加工されたフライパンは強火で使うと表面のコーティングが剥がれてしまうという難点もあって、中火以上で使うのはあまり望ましくありません。強い火力で一気に炒めるという方法は、家で作るにはちょっと不向きでしょうか?

お米の下準備さえしっかりすればパラパラになる

sunabesyou/Shutterstock (33023)

チャーハンがパラパラにならないのは、ご飯に原因があります。パラパラチャーハンにするために炊き立てのご飯を使うという人もいると思いますが、大抵の場合は炊飯器や冷蔵庫、冷凍庫にある残りご飯を使っている人も多いですよね。残りものでサッと作るチャーハンなら、やっぱり下準備が大事!そもそも、チャーハンがベタつく原因はお米のでんぷん質が問題なのです。まとめてラップされたご飯はお米同士がくっついているので、無理矢理炒めると団子状になりますし、フライパンの中でご飯を無理矢理ほぐそうと油を多く使えばベタつきの原因になります。

そこで注目されいるのが、卵コーティングです。卵がお米の表面をコーティングすることで、お米同士がくっつくのを防ぐというやり方です。卵にアレルギーのある方は、少量の水でお米を菜箸でほぐしたあと、少量の油でお米をコーティングするという方法もあります。

IHコンロでも諦めないで!パラパラチャーハンのコツ

Richard Griffin/Shutterstock (33024)

強い火力で一気に炒めるのは、お米の水分を逃がさず、お鍋を振ることで全体に火を通すことができるプロならではの技です。チャーハンを美味しく作るコツは、「まんべんなく火を通しつつ、水分を逃がさないこと」です。家でチャーハンを作るなら、少し時間をかけるのがパラパラチャーハンを作るコツ。

例えば、強火で溶き卵を炒めると「炒り卵」になってしまいますが、弱火でじっくり加熱すると「スクランブルエッグ」になりますよね。それと同じ理屈でチャーハンも弱火で作っていいんです!

卵のたんぱく質は、急に加熱することで縮んでしまう性質があります。また、お米と卵にまんべんなく熱を加えないと水分が抜けてパサパサになってしまうので、ご飯は弱火でじっくり炒め合わせ、全体がパラパラになったら、最後の30秒は強火にして一気に炒め合わせて仕上げましょう。パサパサにならないパラパラのチャーハンになります。
チャーハンは慌てなくても美味しく作ることができます。むしろ、弱火で作れるなら初めての料理としてお子さんでもチャレンジできそうです。今までより少し時間はかかりますが、美味しいパラパラチャーハンを目指して試してみてくださいね。


thumbnail picture by Karissaa/Shutterstock
10 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

キッチンの上手な収納は手際よく料理するための近道!賢い片付け方のコツは?

キッチンでは毎日使う調理道具や調味料、大きな鍋やフライパン、缶詰や瓶詰の食料品など多くの物があるので、限られた収納スペースで収まらないこともありますね。片付け方のコツをマスターして、使いやすいきれいなキッチンにしましょう。

食卓にほしいあと一品!困ったときは手間をかけず簡単に作っちゃおう!

主菜と副菜、お味噌汁はできたけど、なんだかテーブルが物足りない…。あまり材料がないときに困る「あと一品」はどうする!?チョコっとプラスで手抜きに見えないコツもご紹介します♪

料理下手な人がやりがちな失敗って何?料理上手な人に学ぶ料理のコツ

料理が下手な人がやりがちなことは、料理上手な人はやっていないことかもしれません。もしかしたら、ちょっと勘違いしていることがあるかも?料理下手な人がやりがちなことって何?料理上手に近づくためのコツをご紹介します。

夏こそタイ料理!フルーティーな甘酸っぱさがクセになるパイナップルチャーハン

【動画】夏になると、無性にタイ料理が食べたくなりませんか?今回は甘酸っぱいパイナップルとチャーハンの塩気が絶妙なバランスの「パイナップルチャーハン」をご紹介します。パイナップルをくり抜いた器がインパクト大なので、パーティー料理にオススメ♪

スイカの切り方どうしてる?食べるシーンに合わせてスイカを切るコツ

種がいっぱいのスイカはお客様に出しづらい?子どもに食べさせるとき、みんなで1玉シェアするときはどうする?ちょっとした心遣いが嬉しい♪スイカを食べるシーンに合わせて切り方を変えるコツをご紹介します!

キーワード

ライター

ビデリシャス・ライター ビデリシャス・ライター