2016年11月2日 更新

茶渋は塩で? コップの汚れをピカピカにスッキリ落とす3つの裏技

コップ汚れの種類別に、ピカピカにする裏技を紹介します。 ガラスのコップもマグカップも、ちょっとしたコツを使えば買ったばかりの状態によみがえります。 知っていると役立つ暮らしのまめ知識、早速チェックしていきましょう。

水垢・カルキ汚れを落とすにはクエン酸

Sea Wave/Shutterstock.com

via Sea Wave/Shutterstock.com
ガラスのコップがくもってしまって、汚れて見えることがあります。 そんな水垢汚れに使ってほしいのが「クエン酸」。 水をはったボウルにクエン酸を少しいれて、コップを一晩つけておきましょう。 アルカリ性の水垢は、酸性物質で中和させてあげることで、落ちやすくなるようです。 気になるガラスのくもりや白い筋も、この方法でスッキリ落ちます。 長年こびりついた頑固な汚れは、何度か漬け置きを繰り返してみてください。 お酢でも同じ効果が得られますが、酸っぱい臭いが気になります。 100円ショップなどで手軽に買えるクエン酸ですっきり汚れを落としましょう。

スポンジで落ちない茶渋は塩でこする

exopixel/Shutterstock.com

via exopixel/Shutterstock.com
茶渋汚れに対しては「塩」がよくききます。 スポンジに小さじ1杯くらいの塩をのせ、コップの内側をこすりましょう。 洗剤ではいくら洗っても落ちない汚れも、塩の力できれいになります。 ただし、この方法は汚れを削って落としているだけ。 どうしても、多少の傷がついてしまいます。 絶対に傷つけたくないカップ・高級コップの茶渋落としには使えません。 普段使いのマグカップが汚れてしまったときに、試して頂きたい方法です。

コーヒー染みにはキッチン用の重層が効く

DJTaylor/Shutterstock.com

via DJTaylor/Shutterstock.com
お茶と同じくらい汚れが残りやすいのが「コーヒー」です。 しっかり洗っているつもりでも、数日すると茶色い輪ができてしまいます。 コーヒー汚れを落とすには、キッチン用の重層がおすすめです。 少し水を含ませたスポンジに重層を乗せ、軽く磨いてみてください。 耐熱タイプのコップなら、重層水とカップをお鍋に入れて煮立てると手軽。 沸騰させた後に冷めるまで放置するだけで、しつこい汚れがすっきりとれます。 キッチン用の重層なら、万が一コップに残ってしまっても安心です。 使った後の重層水は、三角コーナーに流して再利用。 脱臭効果があって、生臭さをとる働きをします。 重層は、家全体のお掃除に便利なお役立ちアイテム。 大きめパックを買って、常備しておくといいでしょう。
紹介した方法で洗えば、もうコップ磨きに悩む必要はありません。 クエン酸・塩・重層などのように家にあるものを活用するだけで、食器のお手入れが楽になるなら嬉しいはず。 落ちない汚れにお困りなら、ぜひ試してみてください。
10 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

本当に必要な洗剤の見極め方は汚れを見極めること?脱“洗剤コレクター”で節約♪

手軽に買えて、簡単に汚れが落ちてくれる洗剤は色んなところで大活躍! でもお風呂用、台所用、トイレ用と洗剤の種類が増えるたびに気になるのが出費です。 実はいらない洗剤まで買ってませんか? お掃除前に、しっかり汚れを見極めて「洗剤断捨離」してみましょう!

見えないところの汚れには要注意!見て見ぬふりが招くこわ~い掃除の“落し穴”

「これでお客様が来ても大丈夫♪」 ちょっと待って!その手を抜いたところが意外と見られているかも…? 「最近お肌の調子がよくないな~」 それはお掃除がきちんとできていないせいかも…? 今まで見て見ぬふりをしてきたお掃除要注意スポットを見逃さないで!

気になる浴室のカビ汚れにはまず換気!カビで汚れる前の予防対策も伝授★

浴室内のタイルの溝やパッキンなどに発生しがちなカビ。 汚れを落とすときに、自然派洗剤と普通のカビ取り用洗剤を使うときでは、汚れの落とし方のコツも変わってきます。 カビを予防するための秘策もご紹介しますので、最後までご覧ください!

キッチン小バエ撃退!シンクと排水溝をしっかり掃除して綺麗をキープしよう

いつもキッチン周りを綺麗にしたり、ゴミも定期的に捨てているはずなのに、気付くと小バエがいたりしませんか?それは普段からあまり目に触れることのない排水溝の汚れが原因かもしれません。

お手伝いはコミュニケーションの一貫!子どもと一緒に楽しくお掃除する方法

子どもにお手伝いをお願いすると親子のコミュニケーション機会が増えて、関係が良くなります。 お掃除を楽しく一緒にするアイディアを紹介するので、休日などを利用してチャレンジしましょう。

キーワード

ライター

ビデリシャス編集部 ビデリシャス編集部