2016年12月29日 更新

正しいテレビの掃除方法をマスター!画面をきれいにする方法・ほこりを予防する裏技

テレビのお掃除方法、どうやったらいいか知っていますか。 モニターのお掃除手順とテレビ台にほこりをつけにくくする裏技についてまとめました。 出来る主婦なら知っておきたい暮らしのお役立ち情報です。

まずブラシで表面のほこりを落とすことから

Ilike/Shutterstock

テレビのお掃除は、表面のほこりを落とすことからはじめます。 ほこりがついたまま磨いたとしても、画面を傷つけてしまうからです。 お掃除方法は簡単で、柔らかい毛先のブラシを使って、はらうだけ。 テレビの電源を切り、照明の反射を利用しながらふくと、汚れがしっかり落ちているか分かります。 細かな砂ほこりが気にならなくなるくらいまではらえば大丈夫です。 大型量販店やホームセンターに行くと、ほこり専用ブラシが売っています。 気になるときにさっとお手入れできるように、お掃除アイテムをそろえておくといいでしょう。

液晶画面・モニターをクリーニングクロスでふく

adriaticfoto/Shutterstock

液晶画面を拭くときにも、専用のクリーニングクロスを使います。 ガラスクリーナー・洗剤は、研磨剤が入っていることがあるので避けましょう。 繊維が細かなクロスを使えば、指紋汚れはすっきり落ちます。 力を入れて拭くのではなく、優しくこするように拭いていきます。 フィルターが剥がれてしまうくらい強く拭くのは厳禁です。 どうしても水ふきしたいなら、画面が冷えているとき、よくしぼった雑巾でお掃除すること。 掃除する前の数時間はテレビを消して、画面の温度を下げておきます。 水ふきした後に水分が表面に残ってしまうと、故障の原因にもなります。 さっと拭き取る程度で終えて、よく乾かしてから使いましょう。

テレビ台を柔軟剤でふいて静電気防止

VGstockstudio/Shutterstock

テレビ台にほこりがつきやすい原因は、静電気にあります。 静電気を防ぐなら、柔軟剤を薄めて布巾にしみ込ませてふくのが簡単。 お洗濯をするときに衣類が傷まないようにするものですが、家具や家電にも問題なく使えます。 フローラル系の柔軟剤を使えば、簡易的なアロマ効果も。 汚れがつきにくくなる上に部屋が良い香りになるなんて、こんなに良いことは バケツに柔軟剤を混ぜるのが面倒なら、スプレーボトルに小さじ1杯くらいをいれておくと便利です。 テレビ台にふきつけてカラ布巾でこするだけで、静電気の予防ができます。 そのまま、テレビ台の周りのガラステーブルや窓枠のお掃除にも使えます。 お部屋全体をすっきりきれいにしたい時に使いたい裏技です。
テレビをきれいに保つため、画面の近くでの焼き肉などは避けてください。 油汚れが飛び散ると、とれない汚れになってしまいます。 身近なものではありますが、精密機器のひとつです。 汚れがつかない工夫をして、長持ちするようにしてください。



Thumbnail picture by JTaI/Shutterstock
10 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

キッチン小バエ撃退!シンクと排水溝をしっかり掃除して綺麗をキープしよう

いつもキッチン周りを綺麗にしたり、ゴミも定期的に捨てているはずなのに、気付くと小バエがいたりしませんか?それは普段からあまり目に触れることのない排水溝の汚れが原因かもしれません。

お手伝いはコミュニケーションの一貫!子どもと一緒に楽しくお掃除する方法

子どもにお手伝いをお願いすると親子のコミュニケーション機会が増えて、関係が良くなります。 お掃除を楽しく一緒にするアイディアを紹介するので、休日などを利用してチャレンジしましょう。

お風呂掃除は天井まで!カビ汚れをスッキリ落として生えさせない工夫

毎日ちゃんとお掃除しているつもりなのに気付けばバスルームがカビだらけ、その汚れの原因は天井にあるかもしれません。忘れがちなお風呂の天井掃除の方法とカビを生えさせない防止策を見ていきます。

寒い冬のお風呂掃除をバッチリ時短!もしかしたらみんなやってる!?上手な手抜き術

冬のお風呂掃除って億劫ですよね。床は冷たいし、あまり丁寧にやって時間をかけていると身体が冷えてくるなんてことも…。もちろん冬だけでなく、オールシーズンできるお風呂掃除の上手な秘密の手抜きテクニックをご紹介します!

ホテル流!窓ふき掃除をプロから学ぶ目から鱗のお掃除テクニック

ホテルに行くといつも綺麗で清潔なガラスが目に入ります。多くの人が出入りするホテルなら、子供がベタベタ触ったり、大人でも不意に触ってしまうことはしばしば。実は、綺麗さをキープするために、とても簡単なテクニックと意外な秘密が隠されていました。

キーワード

ライター

ビデリシャス編集部 ビデリシャス編集部