2016年12月6日 更新

厳格なベジタリアンが誘惑に負けた!北欧のポテトグラタン"ヤンソンの誘惑"

【動画】スウェーデンの厳格なベジタリアン・ヤンソンさんが誘惑に勝てず、ついつい美味しすぎて食べすぎちゃった!というのが名前の由来と言われている、アンチョビ入りのポテトグラタンをご紹介します★じゃがいも、玉ねぎ、アンチョビを重ねて焼くだけの簡単料理ですが、あまりの美味しさにびっくりするはず!ヤンソンさんみたいに食べすぎ注意ですよ♪本場はチーズを使わないけど、ミックスチーズを乗せて焼いても美味しいです!

焼き上がりのアンチョビの香りがたまらない♡

ヤンソンの誘惑(Janssons frestelse)。なんとも不思議な名前の料理ですが、実はスウェーデンの伝統的な家庭料理で、クリスマスの定番メニューなんだそうです。言うなればポテトグラタンなのですが、ホワイトソースを使うようなクリーム系のグラタンじゃないので材料も少なく、作るのはカンタン。スウェーデンではアンチョビではなくスプラットを使うそうですが、今回は作りやすいようにスーパーマーケットで市販されているアンチョビで代用。細切りにしたジャガイモと玉ねぎとアンチョビを重ねて焼き上げるだけなのですが、アンチョビの塩辛さがお酒に合うし、ギャザリングにもピッタリ!不思議な料理名だから話のタネにも。

ヤンソンの誘惑の材料(2人分)

・じゃがいも…2個
・玉ねぎ…1/2個
・アンチョビ…10~12枚
・バター…10g
・生クリーム(動物性)…100ml
・パン粉…適量

つくり方

① じゃがいもを太めの細切り(3~4mmくらい)、玉ねぎを薄切りにする。

② フライパンにバターを敷き、玉ねぎがあめ色になるまで炒めて一度取り出しておく。

③ 耐熱皿にバター(分量外)を塗り、じゃがいも(全量の1/3)→玉ねぎ(半分)→アンチョビ(半分)を順番に重ねていく。この作業をもう1度繰り返し、1番上がじゃがいもになるように重ねる。

④ 生クリームを上からかけ、パン粉を全体にまぶす。

17 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ホワイトデーはこれで決まり!サクほろ食感のスノーボールクッキー

【動画】ブールドネージュとも呼ばれているフランスの焼き菓子「スノーボールクッキー」。口に入れるとほろっと崩れて、噛むとサクサクする食感がクセになります♪とっても簡単でアレンジも自在なので、好きなフレーバーで作ってみてくださいね!可愛くラッピングすれば、プレゼントにぴったりですよ♪

自然の甘みを生かした極上スイーツ!安納芋のきんつば

【動画】ねっとりとした食感と砂糖で煮詰めたかのような甘さが特徴の安納芋を使った「きんつば」のレシピをご紹介します。お芋自体が甘いから砂糖をほとんど使わずに作っているので、罪悪感なく食べられるスイーツ♡材料はたったの5つです!

炊飯器で簡単!ビビンバ風の甘辛いスペアリブご飯

【動画】炊飯器にお米とスペアリブと野菜を入れて一緒に炊き込んだ「ビビンバ風スペアリブご飯」のレシピをご紹介します。炊飯器に入れる前にフライパンでしっかりと焼き目をつけたスペアリブが香ばしい♪ビールと一緒に食べたくなるご飯です!

心奪われる華やかさ♡ドーナツ型でつくる「寿司ドーナツ」

【動画】今回ご紹介するのは、色鮮やかでとっても可愛い「寿司ドーナツ」です。ドーナツ作り以外では使い道がないドーナツ型を使えば、簡単に豪華な見た目のお寿司が作れます♡刺身の盛り合わせをスーパーで買って作れば、色んな種類のお寿司が楽しめるしリーズナブル♪ひなまつりの参考にしてみてくださいね!

春になると食べたくなる♡レンジで作る「さくら餅」

【動画】3月3日はひなまつり!今回は桃の節句によく食べられている和菓子「さくら餅」のレシピをご紹介します!さくら餅は関東風と関西風があり、今回は関西風を作りました。関西風のさくら餅は道明寺粉を蒸し器で蒸して作るのが一般的ですが、レンジでも簡単に作れちゃうんです♡

キーワード

ライター

ビデリシャス編集部 ビデリシャス編集部