2017年1月27日 更新

花粉から洗濯物を守る!取りこむときに払うだけじゃ足りない衣類の花粉対策

花粉が飛散する時期になると、寒くても毛足の長いセーターなどの衣類は避けないとクシャミや鼻水で辛くなるという人もいると思います。せっかく洗濯をしても室内干ししかできないのも我慢の一つですが、もっと楽になれる方法があるんです!

洗濯物から花粉を守るためにやりがちなNG行為

Jaruek Chairak/Shutterstock

これでバッチリ!と思ってやっていたことが実はNG行為だったということもあります。その代表例が「洗濯物を叩いて花粉を落とす」という行為。払い落す程度ならいいのですが、洗濯物を叩いてしまうと花粉を繊維の奥に叩きこんでしまうことになります。パッと払う程度で花粉は落ちるので、叩き入れないように気をつけます。

「花粉が飛散しない夜に外干しする」という行為も案外NGです。夜や午前中であれば花粉の飛散量が少ないから大丈夫という声もありますが、風が強い日は地面に落ちている花粉が舞いあがって洗濯物に付着してしまうことが考えられます。軽度の花粉症であれば大丈夫かもしれませんが、重度の人は避けた方が良いでしょう。どうしても洗濯物が増える時期ですが、「洗濯物を詰め込んで洗う」のも、洗い残しが気になるので避けた方がいいでしょう。

洗濯をする時に花粉をつけない対策

manoon phanwong/Shutterstock

静電気を防ぐ効果のある柔軟剤を使うと、花粉が衣類に付きにくくなるので効果的。というのはメジャーな話ですが、洗濯をする前に、洗濯物に付着した花粉を一度払い落すというのも効果的なんです。花粉は洗濯をすれば洗い流されることがほとんどですが、洗濯機に付着した水分に花粉が混ざっていた場合、水分が蒸発してまた花粉が洗濯機の中から舞いあがってくる可能性もあるのです。洗濯をする前にアウターとして着ていた衣類は外やお風呂場で払っておくのがベターです。

また、洗濯ネットに溜まったごみや、洗濯槽の内側も小まめに掃除しておきましょう。衣類についていた花粉が落ちて洗濯槽に付着している可能性があります。

どうしても外で干したい…!という人へ

Naurora/Shutterstock

洗濯物を部屋干しするとどうしても湿度が高くなってしまい、部屋干しのニオイもきになってしまいますよね。どうしても外に干したくて夜干し、午前中集中干しでなんとかこなしていた人も少なくないと思います。最近は、花粉防止カバーというものがあるのをご存知ですか?

物干し竿を使って、テントのように上からすっぽりガードしてくれるものから、ピンチハンガー(角ハンガー)用の花粉防止カバーもあるんです。ただ、通気性が良いとはいえ、上から1枚布がかかっているので、どうしても完璧にパリパリに乾かすというのはちょっと難しいので、「半乾きになる程度まで乾いてくれればいいや」という人なら試す価値ありですよ。
花粉が落ちやすい衣類を着るのも花粉を室内に持ち込まないための工夫です。表面がツルツルした素材やレザージャケットなどもいいですね。セーターなど、花粉が繊維の奥まで入り込んでしまうような衣類は避けた方が無難ですよ。


thumbnail picture by Jaruek Chairak/Shutterstock
10 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

天気の悪い日も早く乾いてほしい!室内でも洗濯物が早く乾く干し方のコツ

せっかく洗濯物を干したのに、取り込むときにちょっと湿っている… 外干しではうまく乾く干し方も、室内になるとどうもうまく乾かない… 効率よく洗濯物を乾かす干し方のコツについてご紹介します。

ヘルシー唐揚げは二度揚げが鉄則!? 意外な方法で美味しくカロリーカットするコツ

唐揚げをカラッと揚げるコツとして二度揚げなどがあります。確かに美味しいのですが、どうしてもヘルシーさに欠ける気がしますよね。でも本当に二度揚げは高カロリーなのでしょうか?油分をできるだけカットしつつ、美味しくあげるコツをご紹介します。

チャーハンは弱火がパラパラのコツ!IHでも実現可能なパラパラチャーハン

チャーハンと言えば、強火で一気に調理するものだからフライパンで一気に作るのが鉄則!と思いこんでいるかもしれませんが、IHコンロを使っているご家庭では実現できないのでしょうか?火力が弱くても美味しいパラパラチャーハンを作るコツをお教えします。

エアコンの簡単カビ取り・掃除するコツ!業者まかせを卒業しよう

エアコンのカビの臭い、気になったことはありませんか。業者にお願いすると結構な費用がかかるので、カビ取りとお掃除を自分でスッキリすませる方法をマスターしましょう。

洗濯物多過ぎ…!?ミニマリズムに学ぶ洗濯の量と回数を減らす工夫

洗濯機を回す回数が多くなってしまうのは一体何が原因なのでしょうか?洗濯物の量自体を減らすことは、水、電気、時間の節約にもなります。ミニマリズムの視点から上手に洗濯物の量を減らす工夫を取り入れてみましょう。

キーワード

ライター

ビデリシャス・ライター ビデリシャス・ライター