2017年2月10日 更新

苦みを出さない!ふきのとうの天ぷら下処理・美味しく揚げるコツ

春の訪れを感じる旬の味覚と言えば「ふきのとう」です。鮮やかな緑が美しく、芽生えの季節を教えてくれます。ところが天ぷらにすると苦みが気になって食べられない、という方も多いはず。苦みが気になりにくい下処理のポイント、美味しく揚げるコツを紹介します。

天ぷらの下処理は切り方がポイント

Kelly Marken/Shutterstock

天ぷらにする場合は、あく抜きなしで料理します。採ってきたふきのとうをよく水洗い、泥を落とした状態から食べやすい大きさに切りましょう。

天ぷら用に使うなら、丸い形のふきのとうが適しています。開きすぎると香りがやや落ちるので、素材の味が活きません。葉部分だけを煮物にすることもできますが、天ぷらには不向きです。

苦みをマイルドにするためには、花房に対して垂直に刃を入れます。花房部分に火が通ると苦みを感じにくく、子供でもおいしく食べられます。

ゆるめの衣でゆっくり揚げると失敗知らず

leungchopan/Shutterstock

下処理ができたら衣をつけて揚げるのですが、ここでも2つコツがあります。まず、ゆるめの衣を使うことです。天ぷら粉をややゆるめにとき、ふきのとうにくぐらせます。濃さの目安は、170度の油に落としたときに衣が飛び散る程度です。ダマができる位で大丈夫なので、神経質にならず進めましょう。衣をやや厚めかつしっかりとつけるのも、苦みを和らげるコツと言えます。低めの温度でゆっくり揚げ始めて、中までしっかり火が通ったことを確認しましょう。衣がきつね色になったら良い頃合いのサインで、サクサク食感に仕上がります。

三種のつけ塩を用意して味の変化を楽しもう

funnyangel/Shutterstock

麺つゆにつけても美味しく食べられますが、変わり種のつけ塩を作ってみましょう。つける塩によって味の変化を楽しめて、どんどんお箸が進みます。

▼抹茶塩:塩:抹茶:旨味調味料を10:1:1の割合で混ぜるだけです。マイルドな天然塩を使う場合、旨味調味料はいりません。抹茶の風味を強く出したい場合は、やや多めに調整しましょう。

▼カレー塩:子供が喜ぶつけ塩なら、カレー味をおすすめします。カレー粉:塩を1:1で用意して、よく混ぜて作ります。ふきのとうの緑とのコントラストも美しく、春の彩りを感じさせるレシピです。

▼山椒塩:大人のお酒のおつまみなら、山椒風味はいかがでしょうか。山椒:塩は3:1くらいがおすすめです。粉山椒の粒子が粗い場合は、フードプロセッサーにかけて使います。
天ぷら以外だと、おひたしや炒め物にしてもとても美味しく食べられます。花が開いて大きくなってしまったものは、そのまま放置。ふきに育ったところで収穫して、煮物や炒り煮にして頂きましょう。自分たちで収穫した春の味覚の味わいは格別です。少し郊外に行くだけで山菜スポットがたくさんあるので、春の味覚探しドライブに出かけてみましょう。



thumbnail picture by yoshi0511/Shutterstock
10 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

フライと天ぷらはどっちが高カロリー?意外と知らない揚げ物の違いと吸油率の関係

ダイエットの天敵ともいえる揚げ物ですが、どうしても食べたいときは我慢せずに食べたいところ。そのためできるだけカロリーを抑えたい揚げ物ですが、その違いは食材の吸油率にありそう。高カロリーな揚げ物をできるだけ美味しく低カロリーで抑える秘訣も伝授します。

生のたけのこはこう処理する!下処理・あく抜きの仕方を覚えて春の味覚を堪能しよう

水煮ではなく生のたけのこが手に入ったら、おいしく自宅で調理しましょう。 基本のあくぬき・下処理さえできれば、後はお好きなように食べるだけ。 水煮とは違った格上の味を楽しみたいなら、ぜひチェックしてみてください。

おやつにもおつまみにも♪やみつきになっちゃうアボカドの大人味ディップ!

【動画】テーブルの主役には中々なれないけれど、とってもおいしくてクセになる味が多いディップ。ディップの味はもちろんですが、ディップを塗る食材でそのクセになるおいしさは全然変わってきます。バケットにつけるもいいけれど、おやつになら断然ポテトチップスがオススメ!コンビニで買ったものじゃない、手作りの揚げたてサクサクのポテトチップスにアボカドとお味噌で作ったディップを塗れば食べるのが止まらなくなっちゃう、ちょっと大人なディップの完成です!

アメリカ人フィルが宮崎県・小林市でフリースタイル!?な郷土料理「竹筒蒸し」にトライ!

【動画】日本各地のおいしいを発見する「DELICIOUS JAPAN」、今回は宮崎県小林市の農家で郷土料理のワークショップに参加しました!新鮮な韮で作った韮団子に竹筒の中に地元で採れた野菜に、鶏肉を好きなだけ詰め込んで作った竹筒蒸しは、香りが最高!!みんなで仲良くいただきました!

オランダきたリセッテ&デニスが東京・浅草で観光に日本の家庭料理におおはしゃぎ♪

【動画】日本各地のおいしいを発見する「DELICIOUS JAPAN」、今回はオランダから日本に遊びに来た女性2人組リセッテ&デニスが電車に船、浅草に住む一般家庭でおおはしゃぎ!?観光と日本食どっちも楽しみつくします!!

キーワード

ライター

ビデリシャス・ライター ビデリシャス・ライター