2016年12月20日 更新

不思議!お餅みたいに伸び〜るマッシュポテト"アリゴ"

【動画】フランス・オーベルニュ地方の郷土料理「アリゴ」。おうちにあるようなシンプルな材料でとろ〜りと伸びる不思議食感のマッシュポテトが作れます!そのまま食べても美味しいし、パンや野菜など何にでも合う♪濃厚なチーズ味なので、チーズ好きの方にぜひ試してほしい一品です!

パーティーで盛り上がりそうな新食感マッシュポテト♡

今回はフランス・オーベルニュ地方の郷土料理「アリゴ」をご紹介します。じゃがいもを潰してチーズや生クリームと練り上げれば、まるでお餅のように伸びるマッシュポテトに!本場では肉料理の付け合わせとして出されますが、濃厚なチーズ味なので魚や野菜とも相性抜群です。ホームパーティーで盛り上がること間違いなし!

アリゴの材料

・じゃがいも…4個
・バター…大さじ1
・ニンニク…小さじ2
・モッツァレラチーズ…100g
・ミックスチーズ…200g
・生クリーム…60ml
・塩…2つまみ
・ブラックペッパー…適量

つくり方

① じゃがいもの皮を剥き、適当な大きさにカットする。

② じゃがいもが浸かる程度の水に塩を2つまみ入れ、じゃがいもが柔らかくなるまで茹でる。

③ ②を一度ザルにあげ、再び鍋に戻して中火で水分を飛ばす。

④ ③をマッシャーで潰し、マッシュポテトにしていく。

⑤ 鍋にバター、すりおろしたニンニクを入れて香りを出し、そこへモッツァレラチーズ、ミックスチーズ、生クリームを入れて弱火でよく溶かす。
20 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ジャガイモとベーコンを重ねて焼くだけ!カリカリほくほくのポテトスタック

【動画】スライスしたジャガイモとベーコンをミルフィーユのように重ねて焼くだけ!新感覚ベイクドポテト「ポテトスタック」のレシピをご紹介します!簡単なのにオシャレな見た目で、パーティーにぴったり♡ひと口でカリカリとホクホクの2つの食感が楽しめます!ベーコンとチーズの塩加減が程よくて、そのままでも美味しいけどオーロラソースとの相性もバッチリなので、ぜひ試してみてくださいね♪

オッス!ひと口サイズのプレッツェルとビール・チーズディップを作ってみた!

【動画】大して料理の出来ない編集部員が「簡単に作れる」と銘打っているレシピは本当に簡単で美味しく作れるのかを身を持って検証するチャレンジ企画、まさかまさかの第2弾!今回はハート型のような独特な形が特徴のプレッツェル。でもなかなかあの形を作るのは至難の技…なので、ひと口サイズのコロッとしたミニプレッツェルに挑戦しました!噛めば噛むほど香ばしくて、ムッチリとした食感が楽しめますよ♪岩塩をまぶしたことで生地の甘みも程よく際立って、大人味のビール・チーズディップとの相性もバッチリです!

お皿に山盛りにしたい世界一おいしいマッシュポテト!

【動画】クリスマスのテーブルは豪華で色鮮やか。いい匂いにお腹がグーグーなってしまいそうな大きな大きなお肉に、ふわふわクリームのケーキ。クリスマスをずっと待っていました!!というメニューばかり。でも1つくらいシンプルな定番メニューがあってもいいのでは?見た目がシンプルだから味だって普通でしょ。なんて考えをポイッと捨てて、シンプルで誰からも愛される " 世界一おいしい " マッシュポテトを食べてみてはどうでしょう?

オッス!トヨ型でサックサクなデニッシュパンを焼いてみた!

【動画】「簡単に作れる」と銘打っているレシピは本当に簡単で美味しく作れるのかを、大して料理の出来ない編集部員が身を持って検証するチャレンジ企画!今回は渦巻きパンを作った"トヨ型"を使って、耳がカリカリサックサクなデニッシュパンに挑戦しました!

チキンがほろっと崩れる♡札幌発祥のスープカレー!

【動画】スパイシーな中にも深いコクがある「スープカレー」のレシピをご紹介します。今では全国的にもメジャーなカレーとなっていますが、実は札幌発祥のグルメ!定番具材の大きなじゃがいもは、煮込みすぎて煮崩れするとスープがドロッとしてしまうので、あらかじめレンジで加熱しておくのがポイントです♪

キーワード

ライター

ビデリシャス編集部 ビデリシャス編集部