2016年12月4日 更新

「ハイカカオ」ブーム到来中!でも、本当に身体にいいの?強力すぎる栄養に要注意!

最近はいろいろなチョコレートメーカーがハイカカオなチョコレートを続々と販売開始しています!そもそもハイカカオって何?どうしてそんなに人気なの?本当に身体にいいの?そんな疑問を徹底解明します!

ハイカカオチョコレートは何%以上から?

Dark Chocolate On Rustic Background And Space For Text Stock Photo 515196739 : Shutterstock

一般的に、ハイカカオチョコレートと呼ばれるのは、カカオ含有量が70%以上のチョコレートを指します。一般的なチョコレートがおよそ30~40%なので、およそ倍にあたります。そのため苦みが強く、70%台であればまだ食べやすいのですが、80%以上になると、苦くて食べられないという声もチラホラ。

とはいえ、昔から「良薬は口に苦し」ということわざがあるように、カカオの苦さにある栄養は、女性にとって見逃せない効果がたくさんあるんです!

ハイカカオの成分と栄養効果は?

Close Up Of Chocolate Syrup  Stock Photo 515240215 : Shutterstock

カカオの苦みとなる成分「テオブロミン」には、血管や気管支を拡張して血流や代謝を高める働きがあり、利尿作用や脂肪分解作用などの効果もあるといわれています。またアンチエイジングに効果的なポリフェノールがたっぷり含まれている他、お通じが良くなったという声も良く聞かれます。

ただ、ハイカカオは脂質の割合が40.7~53.5%と多く、普通のチョコレートに比べて1.5倍もあると言われています。1日に100gで成人女性が1日に摂取したい目標脂質量を超える計算です。そのためダイエット目的で食べるのであれば、分量には気を付けたいところ。1日15g(1~5カケ程度)が目安です。

栄養価が高すぎるから気をつけたいこと

Portrait Of An Adorable Baby Eating Chocolate Stock Photo 501635440 : Shutterstock

ハイカカオチョコレートには、テオブロミンだけでなく、カフェインやポリフェノールなどもたくさん含まれています。特にハイカカオになるとテオブロミンやカフェインは刺激が一層強くなります。利尿作用に加え、興奮作用などもあるので、健康な大人なら大丈夫でも、子供や高齢者、妊婦さんは食べ方に注意が必要になってきます。

中には下痢や湿疹などの症状が出てしまう「チョコレートアレルギー」を起こしてしまう人もいます。そのため、ハイカカオチョコレートを食べる時は量を控える必要があります。チョコレートは苦手だけど栄養効果を見込んで食べたいという人は、1日1カケにするなど、計画的に食べることをおすすめします。
チョコレートが大好きな人にとってはついつい食べ過ぎてしまいそうですよね。ダイエット目的で食べるなら食べ方を考える必要がありますが、計画的に食べるなら健康効果は抜群です。動脈硬化予防や活性酵素を除去するアンチエイジング効果もあるので、健康志向の方は毎日のコーヒータイムに、ハイカカオチョコレートを取り入れてみてはいかがでしょうか?
10 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

百合根って一体何?食べなきゃ損!?おいしい百合根の栄養と茶碗蒸し以外の食べ方

お正月料理や茶碗蒸しの中に入っている百合根。食べてみれば、ぽくぽくとして美味しいのですが、「百合根は野菜?お花の百合?」なんて子供から聞かれたら答えられない人も多いと思います。あなたはどっちだと思いますか?

冬魚代表「わかさぎ」は年貢だった!? 徳川家との深いいカンケイとは?

年貢と言えばお米というイメージがあるかもしれませんが、実は「その土地の特産物」が年貢として納められていた歴史があります。知っているとチョット自慢できる?徳川家お気に入りの美味しい「わかさぎ」についてご説明します。

牡蠣の生い立ちを知れば怖くない!美味しい牡蠣を食べるために知っておくべきこと

牡蠣はあたると怖い…でも食べたい!そんな葛藤と戦いながら冬の味覚を楽しんでいる人も多いと思います。牡蠣はどうしてあたるものとあたらないものがあるんでしょうか?牡蠣の生い立ちを知ると、その理由が見えてきます。

最近話題の「ジビエ」って本当に美味しいの?生命力溢れる冬のごちそう!

豚や牛、鶏肉など、日頃から親しみのあるお肉だけでなく、最近ではジンギスカンのブームを筆頭に、羊やイノシシ、鹿など「ジビエ」と言われる野生鳥獣が人気を集めています。一体どうしてそんなに人気なのでしょうか?

バターはオリーブオイルより低カロリー!間違いだらけのバター知識にサヨナラ!!

バターは乳製品であること、味がこってりしていることから何となくカロリーが高そうでダイエットには不向きなイメージがありますが、本当にそうなのでしょうか?今、バターの実力が見直されています。

キーワード

ライター

ビデリシャス・ライター ビデリシャス・ライター