2017年2月25日 更新

口を閉ざしたアサリも死んでないことがある?アサリの口が開かない理由と砂抜きのコツ

アサリは口が閉じていると死んでいるって本当でしょうか?見た目では判断が難しいアサリの生死、そして上手くいかないアサリの上手な砂抜きのコツをご紹介します。

口が閉じていても生きている!?アサリの見分け方

sumire8/Shutterstock

アサリの砂抜きをしているとき、なかなか口が開かないアサリってありますよね。「口が開かないアサリは死んでいる」と言われていますが、実はそうとも限らないんです。臆病なアサリは、ちょっとした衝撃で口を固く閉ざしてしまいます。

例えば、貝の表面を水の中でこすり合わせながら洗っている時、生きたアサリは口を閉じているのに対し、死んだ貝は半開きになっていることがあります。これはアサリが死んで貝柱が貝を閉じる力を失ってしまった状態です。砂抜きをしているときに口が半開きになるのは、生きているアサリです。

何をしてもアサリの口が開かないということもあると思いますが、この段階で貝の口が閉じているからと言って死んでいるとは限りません。貝の合わせ部分が上手に噛みあっていないか、貝殻同士の繋ぎ目が壊れていることもあるのです。

アサリの生死を見極めるのは難しい

hilight/Shutterstock

砂抜きも終わり、加熱していてアサリが完全に口を開いていたら死んだ証拠ですが、口が閉じていても死んでいると判断しますよね。いずれにせよ、アサリは加熱すれば死んでしまうのですが、気になるのは腐っているのか、食べられるのかどうかだと思います。

アサリは死んでしまうと腐敗菌の増殖が早いうえ、毒素も発生します。強烈な臭いがするので、直感的に食べられないと判断することができます。ただ、口が閉じているアサリは見た目では生死の判断が難しいので、無理矢理貝をこじ開けて食べるのは危険な場合があります。毒素は加熱してもなくならないので、口を閉じている貝は生死にかかわらず食べない方が安全です。

なかなか口が開かないときは砂抜きの見直しを

Sokolova23/Shutterstock

砂抜きをするとき、きちんと海水と同じ塩分濃度の食塩水(3%)を作ったのに、なかなか砂を吐き出さない、口が開かないということがあります。それは、「水が冷たすぎる」ことが原因かもしれません。アサリは寒過ぎても暖か過ぎてもビックリして口を閉ざしてしまうので、上手く砂抜きさせるには適温であることも大切です。

また、アサリが全身水に浸かっていると今度は窒息してしまうので、貝同士が重なっていたり、ボウルのような深い容器に入れて砂抜きをするのもNG。砂抜きをさせるときの水温は15~20度で、深く浸からないバットなどの入れ物を使い、暗い場所で静かに放置するのがコツです。
砂抜きの段階でアサリの口が開かない理由は上手く砂抜きができていないか、元々開かないという場合の2パターンが考えられますが、加熱をしても固く口を閉ざしているアサリは食べない方が無難です。ちゃんと開いている貝だけ美味しくいただきましょう。



thumbnail picture by Nishihama/Shutterstock
10 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

七草粥は春だけじゃない?七草の歴史と七草粥の美味しい食べ方新提案!

七草というと、お正月のイメージがあると思いますが、夏や秋にも七草は存在するんです。実は「七草」は元々秋に食べるものでした。そして夏の七草も気になりますね。ここでは、七草やお粥のこと、そして美味しい食べ方について解説します。

昔の常識は今の非常識!?もしかしたらまだやってるNG掃除テクと新常識

時代の流れで変化してきた住まい。昔は畳の部屋も多かったと思いますが、今はほとんどがフローリングですよね。使う素材も天然素材から合成素材まで様々。でも、掃除の仕方は昔と同じでいいのでしょうか?実はその常識お掃除テク、今は非常識かもしれません。

タイムの種類は300以上!?キッチンハーブとして人気のハーブに秘められた栄養

煮込み料理をするときや、ブーケガルニとして使うことが多いタイム。実はその種類は300もあると言われていることはご存知でしたか?キッチンハーブとしても人気のタイムについて、詳しく調べてみました!

百合根って一体何?食べなきゃ損!?おいしい百合根の栄養と茶碗蒸し以外の食べ方

お正月料理や茶碗蒸しの中に入っている百合根。食べてみれば、ぽくぽくとして美味しいのですが、「百合根は野菜?お花の百合?」なんて子供から聞かれたら答えられない人も多いと思います。あなたはどっちだと思いますか?

「しらうお」と「しろうお」の違いって知ってる?知っておくと鼻が高い大人の豆知識

漢字で書くと「白魚」ですが、「しらうお」と「しろうお」読み方はどっちだと思いますか?実はこの二つには明確な違いがあるんです。お寿司屋さんや料理屋さんに行ったとき、知っていると思わず「おおっ!」と思われる大人の豆知識をご紹介します。

キーワード

ライター

ビデリシャス・ライター ビデリシャス・ライター