2017年1月6日 更新

大人も苦手なセロリを克服するためのコツはある?子供もペロリな美味しい食べ方

大人も子供も苦手な人が多いセロリ。好きな人は大好きなのですが、独特な苦みや風味がどうしてもダメ…!という大人も少なくないですよね。でも、大人が食べないものは子供もなかなか食べてくれないもの。セロリを克服するための美味しい食べ方をご紹介します。

大人だって苦手なセロリを克服したい!

Monkey Business Images/Shutterstock

独特の苦み、香り、繊維質…味覚に敏感な人が苦手とするポイントを網羅しているセロリ。食べられない人にとってはニオイを嗅いだだけでもダメなのに、好きな人は生でもボリボリ食べていますよね。「その差は一体何!?」と問われたら、「慣れです」としか言いようがないのもまた事実。パクチーや春菊もそうですが、苦手な人と好きな人の間には大きな溝があるように感じます。素敵なレストランに行っても、出されたお料理にセロリが入ってたら残してしまう、なんてカッコ悪いですよね。実は、ちゃんと下処理をすれば食べられるようになるかもしれないのです。

ポイントは料理前の下処理と使い分け

Red pepper/Shutterstock

セロリは表面に筋が通っていますよね。これが食べにくさの原因でもあります。茎の筋はピーラーを使って、根元に向かって取っていきましょう。ピーラーがなければ包丁でもOK。あまり筋を取り過ぎると食べる部分がなくなってしまうので気を付けてくださいね。

また、大根をお料理によって使う部分を分けているように、セロリも食べ方によって使う部分を分けるのもポイントの一つ。まるまる1本のセロリを買った場合、葉の部分は肉や魚などの臭みを取るハーブのような役割として香り付けに使いましょう。茎の部分はサラダや炒め物などに使います。そして、料理によってスティック状、輪切り、斜め切りなど、切り方を工夫しましょう。

セロリの種類を変えてみる&濃い味付けで回避!

farmer's daughter/Shutterstock

食べ方の工夫として、普通のセロリをピクルスにしたら食べられるようになったという人もいます。とはいえ、ピクルスでもまだ青臭さは少し残ります。細かく刻んでスープにしたり、薄く斜め切りにして炒めものにして加熱すれば食べやすくなります。スープやカレーなど、濃い味付けのものにすれば青臭さも気にならなくなります。

また、セロリにはいくつか種類があります。普通のセロリだけでなく、ホワイトセロリやミニセロリ、中には根茎を食べる「セロリアック(根セロリ)」という品種もあります。セロリアックはじゃがいものように茹でてから食べます。スープにしたり、マッシュポテトのように潰してもOK。セロリよりもクセは強くないので、まずはスープや煮物などにしてみましょう。
大人が美味しそうにセロリを食べていれば、子供も美味しそうと思って食べてくれるかもしれませんよね。セロリの種類には、三つ葉のように細いホワイトセロリやスプラウトのサラダセロリもあります。色んなセロリを試して、美味しく食べられる工夫をしてみましょう♪


thumbnail picture by AnjelikaGr/Shutterstock
10 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

関東では「春菊」、関西だと「菊菜」、知らないその差と美味しい食べ方を伝授します!

調理に困る野菜として知られているのが「春菊」です。すき焼きの時は入れるけど、一般的にはあまり食べる機会がないので、その栄養についてもあまり知られていません。野菜室で待ちぼうけしている春菊を使って簡単レシピにトライしてみませんか?

ココット鍋ひとつで作る!地中海風タコ飯

【動画】タコ飯といえば醤油ベースの味付けで、お味噌汁と相性ぴったり!なイメージですが、今回ご紹介するのはワインと一緒に食べたくなるような地中海風のおしゃれなタコ飯です♡パエリアのようにレモンを絞って食べるのがオススメ!

酸っぱいみかんも甘くなる♪冬の果物「みかん」の美味しい食べ方教えます!

冬と言えばコタツにみかん。みかんはビタミンCとビタミンAが豊富な、美容に欠かせない果物です。でも中には酸っぱくてイマイチなものも…。どうせなら美味しく食べたいですよね。そこで今回は、どんなみかんでも美味しく食べられる方法をお教えします!

生のままもりもり食べよう!おいしいクレソンの食べ方・おすすめサラダ3選

最強野菜と噂されるクレソン。ダイエットにデトックスと女性にうれしい栄養素の宝庫です。そんなクレソンを生のままモリモリ食べる方法を紹介します。付け合わせだけじゃもったいない!いろいろな食べ方を覚えて、毎日の食卓に取り入れてみましょう。

主食から始める、美しい食生活! 日本人だからこそ身に付けたい"ご飯"の作法。

日本人の主食、ご飯。幼い頃から食卓の上にあるのが当たり前で、「1日に1回は食べないと気が済まない!」という人もいるのではないでしょうか。でも、少しだけ立ち止まって考えてみてください。あなたは、ご飯の正しい食べ方や盛り付け方を把握していますか? あまりにも身近な存在すぎて、軽視しがちなご飯の作法。日本人として、しっかりと身につけておきましょう!

キーワード

ライター

ビデリシャス・ライター ビデリシャス・ライター