2017年1月6日 更新

大人も苦手なセロリを克服するためのコツはある?子供もペロリな美味しい食べ方

大人も子供も苦手な人が多いセロリ。好きな人は大好きなのですが、独特な苦みや風味がどうしてもダメ…!という大人も少なくないですよね。でも、大人が食べないものは子供もなかなか食べてくれないもの。セロリを克服するための美味しい食べ方をご紹介します。

大人だって苦手なセロリを克服したい!

Monkey Business Images/Shutterstock

独特の苦み、香り、繊維質…味覚に敏感な人が苦手とするポイントを網羅しているセロリ。食べられない人にとってはニオイを嗅いだだけでもダメなのに、好きな人は生でもボリボリ食べていますよね。「その差は一体何!?」と問われたら、「慣れです」としか言いようがないのもまた事実。パクチーや春菊もそうですが、苦手な人と好きな人の間には大きな溝があるように感じます。素敵なレストランに行っても、出されたお料理にセロリが入ってたら残してしまう、なんてカッコ悪いですよね。実は、ちゃんと下処理をすれば食べられるようになるかもしれないのです。

ポイントは料理前の下処理と使い分け

Red pepper/Shutterstock

セロリは表面に筋が通っていますよね。これが食べにくさの原因でもあります。茎の筋はピーラーを使って、根元に向かって取っていきましょう。ピーラーがなければ包丁でもOK。あまり筋を取り過ぎると食べる部分がなくなってしまうので気を付けてくださいね。

また、大根をお料理によって使う部分を分けているように、セロリも食べ方によって使う部分を分けるのもポイントの一つ。まるまる1本のセロリを買った場合、葉の部分は肉や魚などの臭みを取るハーブのような役割として香り付けに使いましょう。茎の部分はサラダや炒め物などに使います。そして、料理によってスティック状、輪切り、斜め切りなど、切り方を工夫しましょう。

セロリの種類を変えてみる&濃い味付けで回避!

farmer's daughter/Shutterstock

食べ方の工夫として、普通のセロリをピクルスにしたら食べられるようになったという人もいます。とはいえ、ピクルスでもまだ青臭さは少し残ります。細かく刻んでスープにしたり、薄く斜め切りにして炒めものにして加熱すれば食べやすくなります。スープやカレーなど、濃い味付けのものにすれば青臭さも気にならなくなります。

また、セロリにはいくつか種類があります。普通のセロリだけでなく、ホワイトセロリやミニセロリ、中には根茎を食べる「セロリアック(根セロリ)」という品種もあります。セロリアックはじゃがいものように茹でてから食べます。スープにしたり、マッシュポテトのように潰してもOK。セロリよりもクセは強くないので、まずはスープや煮物などにしてみましょう。
大人が美味しそうにセロリを食べていれば、子供も美味しそうと思って食べてくれるかもしれませんよね。セロリの種類には、三つ葉のように細いホワイトセロリやスプラウトのサラダセロリもあります。色んなセロリを試して、美味しく食べられる工夫をしてみましょう♪


thumbnail picture by AnjelikaGr/Shutterstock
10 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

沖縄フルーツ「カニステル」が気になる!次世代のアボカド?不思議な果実をご紹介!

沖縄フルーツと言えば、パッションフルーツやドラゴンフルーツ、スナックパイン、シークワーサーなどなど、ジューシーなフルーツがたくさんありますよね。その中でもちょっぴりマイナーな果物、カニステルにスポットを当ててみたいと思います。

観葉植物みたいな食べられる葉野菜!アイスプラントのプチプチ食感の虜に

フォトジェニックな見た目から、グルメなSNSユーザーの間で人気を集めているアイスプラント。実際に触ってみても食べられるような雰囲気はないのに、実際口にすると…!?

カニを美味しくする食べ方は解凍方法にアリ!身をパサパサにしないコツ

冷凍されたカニを解凍したら、「なんだか身がパサパサして美味しくない…」なんて経験はありませんか?それは、冷凍したカニが美味しくないのではなく、解凍の仕方が良くなったのかもしれません。上手に解凍しつつ、美味しくカニを食べる方法をご紹介します。

たんぽぽの葉を食べよう!美味しい食べ方・女性にうれしい効能とは

黄色くて可愛いお花のたんぽぽ、茎や葉を食用ハーブとして食べられることをご存知でしょうか。野草なので独特の苦みはありますが、身体に良い効能がたくさんあります。知られざるたんぽぽパワー、美味しい食べ方例を見てみましょう。

関東では「春菊」、関西だと「菊菜」、知らないその差と美味しい食べ方を伝授します!

調理に困る野菜として知られているのが「春菊」です。すき焼きの時は入れるけど、一般的にはあまり食べる機会がないので、その栄養についてもあまり知られていません。野菜室で待ちぼうけしている春菊を使って簡単レシピにトライしてみませんか?

キーワード

ライター

ビデリシャス・ライター ビデリシャス・ライター