2017年1月8日 更新

お手伝いはコミュニケーションの一貫!子どもと一緒に楽しくお掃除する方法

子どもにお手伝いをお願いすると親子のコミュニケーション機会が増えて、関係が良くなります。 お掃除を楽しく一緒にするアイディアを紹介するので、休日などを利用してチャレンジしましょう。

子ども専用のお掃除グッズを用意しよう

Ilike/Shutterstock

大人用の掃除用具は大きすぎたり重すぎたりして子どもには使いにくく、お掃除嫌いの引き金になってしまいます。子どもが使いやすい大きさのはたき、スポンジなどを用意して「○○ちゃん専用」などとプレゼントしましょう。

エプロンや三角巾、雑巾などを作ってあげるだけでも、お手伝いのやる気が出ます。お掃除をお願いする場所は、ダイニングのテーブルや玄関など毎日目にするところが適しています。定期的にお手伝いする習慣がつき、責任感が育つためです。お掃除が終わったら「助かった、ありがとう」とお礼の言葉をしっかり伝えて、子どものやる気を引き出します。

兄弟姉妹がいればゲーム要素を取り入れる

Africa Studio/Shutterstock

兄弟姉妹がいる場合は競争心が強くなるので、ゲーム感覚でお掃除できる方法を考えましょう。庭掃除なら「制限時間を決めて誰が一番大きな落ち葉の山を作れるか競う」などの具合です。

一人っ子の場合でも、制限時間を決めてどのくらいきれいにお掃除できるかチャレンジさせる方法が考えられます。ママが夕ご飯の支度をするのと子どもがお風呂掃除をするのと競い、どちらが早いか比べる方法も良いでしょう。ちょっとした工夫をするだけで、子どもが自らお掃除します。
負けた子どもがすねてしまうことがないように「頑張ってくれたからママはうれしい」などのフォローも重要です。

上手にお掃除できなくてもしからない

Sofi photo/Shutterstock

せっかくお手伝いしたのに失敗はかりを指摘されると、途端にお掃除が嫌いになって、やる気をそぐ結果になります。ここが足りない、汚れが残っているなど気になる点を伝える前に「ありがとう、助かった」の一言を伝えてください。

そのうえで上手にできなかったところに対して「次からこうしたらもっといい」など、肯定的な伝え方を意識しながら教えていきます。少しお掃除に慣れてくると他の場所にも挑戦したいと言い出すもので、好奇心を素直に受け止め、とりあえずやらせてみましょう。できることが一つずつ増えていくとモチベーションにつながって、自らお掃除できる子どもになります。
母親にとっては自分でやったほうが早いと思うことでも、お手伝いをお願いしましょう。子どもと向き合う時間が増える分だけ、親子の絆が深まります。何事も経験が重要、と考えるゆとりを持って、子どもと向き合う気持ちが重要です。


thumbnail picture by Yuganov Konstantin/Shutterstock
10 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

キッチン小バエ撃退!シンクと排水溝をしっかり掃除して綺麗をキープしよう

いつもキッチン周りを綺麗にしたり、ゴミも定期的に捨てているはずなのに、気付くと小バエがいたりしませんか?それは普段からあまり目に触れることのない排水溝の汚れが原因かもしれません。

お風呂掃除は天井まで!カビ汚れをスッキリ落として生えさせない工夫

毎日ちゃんとお掃除しているつもりなのに気付けばバスルームがカビだらけ、その汚れの原因は天井にあるかもしれません。忘れがちなお風呂の天井掃除の方法とカビを生えさせない防止策を見ていきます。

正しいテレビの掃除方法をマスター!画面をきれいにする方法・ほこりを予防する裏技

テレビのお掃除方法、どうやったらいいか知っていますか。 モニターのお掃除手順とテレビ台にほこりをつけにくくする裏技についてまとめました。 出来る主婦なら知っておきたい暮らしのお役立ち情報です。

寒い冬のお風呂掃除をバッチリ時短!もしかしたらみんなやってる!?上手な手抜き術

冬のお風呂掃除って億劫ですよね。床は冷たいし、あまり丁寧にやって時間をかけていると身体が冷えてくるなんてことも…。もちろん冬だけでなく、オールシーズンできるお風呂掃除の上手な秘密の手抜きテクニックをご紹介します!

ホテル流!窓ふき掃除をプロから学ぶ目から鱗のお掃除テクニック

ホテルに行くといつも綺麗で清潔なガラスが目に入ります。多くの人が出入りするホテルなら、子供がベタベタ触ったり、大人でも不意に触ってしまうことはしばしば。実は、綺麗さをキープするために、とても簡単なテクニックと意外な秘密が隠されていました。

キーワード

ライター

ビデリシャス・ライター ビデリシャス・ライター