2016年10月29日 更新

お掃除の基本+“ちょい掃除”で大掃除がなくなる!?試したくなる新習慣のススメ

毎日の掃除に時間がかかってしまうなど、掃除が苦手な人はいますよね。 でも、日々のお掃除の仕方次第で年末の大掃除がなくなるかも? お掃除の基本をマスターして1日5分の“ちょい掃除”にチャレンジ!

このひと手間で変わる!お掃除前の鉄則は整理整頓

部屋をぐるっと見渡したとき、出しっぱなしになっている物はありませんか?
テーブルの上の郵便物や読みかけの雑誌など、どこに片付けようか、捨てようか困ってしまうものもありますよね。
必要なものは元あった場所に片付け、いらないものは捨てる!
簡単なことですが、これが毎日できていれば意外と部屋の中はスッキリして感じます。

もちろん掃除機をかける前にも、まずは「整理整頓」からが鉄則。
床やテーブルの上に物がない状態であれば掃除機をかけるときに、一つ一つどかさなくてもいいのでスムーズです。
置きっぱなしのクッションや座椅子も、一旦ソファの上などに避難させましょう。

外出して帰ってきたときに部屋が散らかっているとイライラしますよね。
朝の支度が早く終わって少し時間があるのであれば、ちょこっと片付けてから出かけるといいですよ♪

お掃除の順番は上&奥からはじめるのが基本

ホコリは軽いので、ちょっとした風でフワッと舞い上がってしまいますよね。
そのため、掃除機をかけてから家具のホコリを落とすと、また掃除機をかけなくてはならいので二度手間になってしまいます。

最初に上の方からハタキやモップなどをかけて、下にホコリを落としてしまいましょう。
壁や家具のホコリを全て落としたら、今度は奥から手前に汚れを掻き出すように掃除機をかけましょう。
雑巾がけをするときも、上から下へ、奥から手前へと拭いていきます。

そうすると、部屋の角や、奥の方にほこりが溜まりにくくキレイに仕上がりますよ♪

1日5分の“ちょい掃除”が大掃除をなくす?

お掃除が嫌いな人やズボラさんは、1日一ヵ所、1日5分だけ“ちょい掃除”を心がけてみましょう。

●今日はテーブルの上だけ片付けよう
●テレビボードの上を拭こう
●玄関を掃除しよう

どんなに散らかっていても、「1日5分」や「1日一ヵ所」を心がけていれば無理しなくても大丈夫。
ちょっと休憩する前に、出かける前の5分だけでいいんです。
掃除機をかける普通の掃除はもちろん大切ですが、忙しいときはハンディモップやコロコロなどを使ってササッと掃除でOK。
ちょい掃除が習慣づけば、自然と綺麗な部屋になっていきますよ。
1日1ヵ所、1日5分は自分に合った計画で構いません。
日々片付けよう、掃除しようと習慣づけることで年末の大掃除に対する負担を軽くしてくれます。
掃除が苦手な人はとにかく気負わず、基本にならって自分のできる範囲でお部屋を綺麗にしましょう♪
10 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

洗濯機の汚れはどうしたらいい?洗濯槽だけでは終わらせない洗濯機のお掃除

洗濯しても洋服がにおう人は洗濯槽が汚れているかも!?思わず見て見ぬ振りしたくなってしまいがちな汚れもしっかりケアをしてカビを防止!意外と汚れている洗濯機の細かいパーツもしっかり綺麗にしましょう♪

エアコンの簡単カビ取り・掃除するコツ!業者まかせを卒業しよう

エアコンのカビの臭い、気になったことはありませんか。業者にお願いすると結構な費用がかかるので、カビ取りとお掃除を自分でスッキリすませる方法をマスターしましょう。

高い場所のほこり掃除をお忘れなく!快適な住まいを作る家事テクニック

天井やカーテンレールなど高い場所のほこり汚れ、気にしたことはありますか。ほこりがたまっているとアレルギー症状の引き金にもなり、小さな子どもがいるご家庭なら意識したいところです。正しいお掃除方法を見直して、快適な住まいを維持しましょう。

そういえばいつから掃除してない…?ついつい忘れられがちなお掃除スポット

大掃除はぬかりなく全部きれいにしたし大丈夫!と思っているかもしれませんが、実は見落としているスポットがあるかもしれません。みんながついつい忘れてしまう、指摘されて思わずハッと気づくお掃除スポットをご紹介します。

新常識!洗えない絨毯や大きなラグは水拭きお手入れで綺麗長持ち♪

家具のファブリック類はお手入れ方法に困ってしまいますが、掃除機をかける以外どうしようもないと思っていませんか?特に絨毯や大きなラグなどは色んな人の足で踏まれている場所なうえ、布なのでダニの存在も気になるところ。新常識のお手入れを伝授します!

キーワード

ライター

ビデリシャス・ライター ビデリシャス・ライター