2016年10月13日 更新

カッチョ・エ・ぺぺ(チーズと黒胡椒のパスタ) | Chef’s Holiday

【動画】2種類のチーズと胡椒のみというシンプルパスタ。パルミジャーノとペコリーノチーズのコクと旨みが凝縮。ワインのお供にもなりますね。

イタリア、ローマ発祥のスパゲティ『カッチョ・エ・ぺぺ』です。カッチョはイタリア語でチーズ、ぺぺは黒胡椒を指します。チーズの使い方がポイント、クラッシックなレシピはペコリーノ・ロマーノのみですが、パルミジャーノ・レッジャーノを加えると香りとコクが増します。シンプルながらローマで愛されるパスタです。

材料

【レシピ】

[材料(2人前)]

・スパゲッティ(1.7~1.9mm) 160g
・パルミジャーノ・レッジャーノ 20g
・ペコリーノ・ロマーノ 70g(仕上げ用10g含む)
・ビーフストック 120cc
・エクストラ・ヴァージン・オリーブオイル 20cc
・黒こしょう 適量
・塩 適量

作り方

1. スパゲッティを茹で始める。
2. フライパンにビーフストックとピュア・オリーブオイルを入れ、一度強火で沸かした後、弱火にして削ったパルミジャーノチーズとペコリーノ・ロマーノチーズを入れてゆっくりかき混ぜて、フォンデュの状態にする。

3. スパゲッティが茹であがったら2のフライパンに加え、手早く混ぜ合わせる。味をみて薄ければ塩で味を整える。

4. 器に盛り付け、たっぷりと黒こしょうをかけ、仕上げにペコリーノ・ロマーノチーズを削りかける。

18 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

"南イタリアの伝統料理" リコッタチーズとレモン、アンチョビのパスタ|Chef’s Holiday

【動画】南イタリアで人気のクラシックな料理、リコッタチーズとレモン、アンチョビを使ったパスタです。 東麻布「Ristorante Pellini Adagio(リストランテ ペリーニ アダージオ)」東條吉輝シェフが紹介してくれますよ。 使っている材料はシンプルなパスタですが、リコッタチーズのコクと爽やかさが売りの一品、ぜひお試しくださいね。

生クリーム不要!レモンを使ったさっぱりカルボナーラ | Sapore di Junta

生クリームの代わりに、白ワインとレモンを使ってさっぱりと仕上げるカルボナーラです。お好みで、パンチェッタはカリッと焼くと食感が良くて美味しいですよ!

タリアータ・ディ・マンゾ(牛肉の薄切りレアステーキ) | Chef’s Holiday

【動画】バルサミコ酢が芳醇な味わいを引き立てる、牛肉のレアステーキ。秋のパーティメニューにピッタリです。

本場ローマの味をおうちで!スパゲッティーカルボナーラを作ろう♪

あなたの好きなパスタは何ですか?子供から大人まで大人気のカルボナーラですが、ちょっとしたポイントをおさえれば実は簡単に作れちゃうんです!

野菜とマカデミアナッツの食感が楽しい、ブロッコリーとドライトマトのパスタ♪

【動画】今週は野菜の旨味がぎゅっと凝縮されたブロッコリーとドライトマトのパスタを作りました。パスタとブロッコリーを一緒に茹でるので、時間もかからず簡単に作れます!ブロッコリーやドライトマトの他に、細かくしたマカデミアナッツが入っているので、色々な食感を楽しみながら味わえるパスタです♪

キーワード

ライター

ビデリシャス編集部 ビデリシャス編集部