2016年12月17日 更新

お風呂場のぬめりと決別宣言!イヤ~な「ぬめりの原因」をなくす解決策3つ

気が付いたらいつの間にか発生しているお風呂場のぬめり汚れ。 一体どうしたらなくなるの!? 困ったぬめり汚れを最小限に抑えて、できるだけ日々のお掃除タイムを楽にしてくれる解決策をご紹介します★

シャンプーやボトル類を直置きしない

Basin And A Bottle Of Shampoo And Soap Isolated On White Background Stock Photo 352212761 : Shutterstock

分かっていても収納場所がないと床に置きっぱなしにしてしまうボトル類。
バスルーム用の収納グッズを使って、できるだけボトル類と床の「接地面を減らす工夫」をすることがポイントになってきます。
吊るす収納を利用するのも有効です。

女性だと洗顔フォームやお手入れグッズなども一緒に置いている人も多いですよね。
洗面器などもぬめりが発生しやすいものなので、ボトル類と一緒にまとめてバスルームから追い出すという手もあります。
普段は洗面器の中にボトル類を入れて脱衣所などにまとめて置いておき、使うときだけ持って入るようにしてみましょう。
ぬめりの心配をする必要もなく、ボトル類がバスルームにないことで掃除しやすい環境になります。

実はカビじゃなかった!?ピンク汚れの正体

Single Hotel Maid In Blue And White Uniform Taking Off Pink Towel From Heated White Rack On Gray Tiled Wall In Bathroom Stock Photo 397142266 : Shutterstock

浴室のぬめりの中に、「ピンク色」になっているものを見つけたことはありませんか?
よくピンクカビと呼ばれているので、カビだと思っている人も多いと思います。
確かに菌の一種ではありますが、ピンクぬめりは「ロドトルラ」という酵母菌の一種です。

ロドトルラ菌は繁殖力が高いのが特徴です。
この、ロドトルラ菌が発生しやすい場所は、カビ菌が発生しやすいポイントでもあります。
放っておくと、ピンクぬめりの下に黒カビが潜んでいることも…!

少し洗えばピンク色が消えるので「落ちた」と思うかもしれませんが、同じ場所に何度も発生するようなら菌がへばりついている証拠。
ピンクぬめりはカビではないので、カビ用洗剤を使っても落ちません。
エタノールなどでしっかり消毒するか、ピンクぬめり専用の洗剤を使って落としましょう。

ニオイに誤魔化されないでしっかりチェック!

Hand In Pink Protective Glove Cleaning Tiles With Sponge. Early Spring Cleaning Or Regular Clean Up. Maid Cleans House. Stock Photo 385902592 : Shutterstock

お風呂場はボディーソープやシャンプーの良い香りに包まれているので、清潔感があるような気がします。
でも、「良い香り=清潔」だとは限らないのがバスルームの罠。
ボトルや排水溝のぬめりから目を逸らすと、後になってお掃除が大変なことになります。
ニオイだけで綺麗だと思い込まないよう、一度触ったり目でしっかり確認してみましょう。

毎日スポンジで掃除をしているのにぬめりが気になる場合は、スポンジに雑菌が繁殖している可能性があります。
スポンジは定期的に取り換えて清潔なものを使うように心がけましょう。
お風呂場のドア付近や、壁の真下あたりなど、水がたまりやすい場所はぬめりが発生しやすい場所でもあります。
ドアの溝などもチェックしてみてくださいね。
意外と汚れていることに気付くかもしれませんよ…!
小まめなお手入れと毎日の換気が綺麗なお風呂場をキープするコツです★
ボトル類の収納に関しても一度見直してみると意外と使いやすくなるかもしれませんね。
浴槽内外だけでなく周辺環境も毎日掃除ができればいいのですが、最低でも一週間に一度はお風呂場のお手入れをしましょう。
10 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

先人たちに学ぶ!洗濯物の花粉対策「鉄の掟」がかなり合理的な理由

この春、いよいよ花粉デビューしてしまった人もいるのではないでしょうか。「みんな一体どうやって洗濯物を花粉から守ってるの?」と疑問に思いますよね。探ってみると、洗濯物の花粉対策には鉄の掟がありました。洗濯物を花粉から守ってくれるその掟とは?

ついに今年も花粉が襲ってくる…!掃除の仕方、徹底掃除ポイントをおさらいしよう

「今年の花粉の飛散量は…」とニュースで目にする季節、既に花粉の気配を感じている敏感な目鼻のセンサーをお持ちの皆さんにとっては憂鬱なシーズンの到来です。花粉が襲ってくるなら徹底的な部屋掃除で花粉と距離を置きましょう!

アイロンと掃除機でやっつける!お布団に住みついたダニ対策&住ませないコツ

布団にはおよそ30万匹以上ものダニが住んでいると言われています。 目に見えないほど細かいダニや死骸がついた布団、ただ外に干して終わりにしてしまってはいませんか? 冬用から夏用へと、お布団を入れ替えるタイミングに実践してほしいダニ対策をご紹介します。

赤ちゃんがいる家庭なら徹底しよう!カーペット・布団のダニ除去方法・駆除対策

小さな子どもがいると、カーペットや布団のダニが気になります。 ちょっとしたコツを覚えれば、じめじめした季節も快適に過ごせます。 効果的な除去・駆除方法を覚えて、住まいを清潔に保ちましょう

花粉は絶対にゆるせない!家を徹底的にお掃除して花粉症から解放されよう

家の中の花粉をなるべく早く除去することが、住まいの花粉対策の鉄則です。 くしゃみがとまらずひどい目のかゆみから解放されるなら、掃除の手間など些細なこと。 ひどい花粉症という方にためしてほしい掃除テクニックを紹介します

キーワード

ライター

ビデリシャス・ライター ビデリシャス・ライター