2015年6月15日 更新

ロンドンっ子の国民食、フィッシュ&チップス

他のヨーロッパの都市と比べて食事が美味しくないと言われるロンドンですが、最近は美味しいレストランがたくさん!とはいえロンドンらしい食べ物…と言えばフィッシュ&チップス。ロンドンに行った際には是非試してみてください。

日本もイギリスも海に囲まれているせいか、魚を食べる機会が多いですね。日本では、刺身がメインで、てんぷらや煮物、焼き物等いろいろな楽しみに方がありますが、イギリスの場合は、ほとんどと言っていいほど、フィッシュ&チップスです。
写真素材なら「写真AC」 (5903)

学校給食でも?!

町の中で、食べ物を扱っているお店には大抵メニューの中に書いてあります。しかも、ファーストフードだろうが、居酒屋だろうがあるのが不思議ですね。さらに言えば、学校給食にも出てきます。うそ~!!と思われる方もいると思いますが、本当です。
写真素材なら「写真AC」 (5906)

フィッシュ&チップスのフィッシュは、日本で言うタラが多いですね。フィッシュ&チップスに限らず、タラは大衆魚ですから、手に入りやすいのかもしれません。これに衣をつけて揚げればフィッシュ&チップスのできあがりです。

サクサクの衣はどうやって

もちろん衣にひと工夫くわえています!
日本では、小麦粉と卵を水で溶きますが、フィッシュ&チップスの場合は、水のかわりにエール、つまりビールを使います。あのビールのシュワシュワがサクサク感の正体なのです。

もちろん、発泡性のあるドリンクであればいいので、ビールでなくても、炭酸水で代用することもできます。私の友人は、よくペリエを使っています。

フィッシュ&チップスというけれど…

写真素材なら「写真AC」 (5911)

付け合せのチップスですが、これってフライドポテトだよね!という、声が聞こえてきそうですが、実はフライドポテトは、日本語です。言い換えれば、イギリスでもアメリカでも通じません。

日本のフライドポテトは、イギリスでは、Chips(チップス)と言い、塩を軽くふりモルトビネガーで食べます。アメリカでは、French fries(フレンチフライ)と言い、ケチャップで食べます。お隣のカナダは、アメリカと同じくFrench fries(フレンチフライ)と言いますが、食べ方はイギリス式で、塩を軽くふりモルトビネガーで食べます。
イギリスの場合は、おしゃれなレストランにいくとレモンの輪切りが付いていたりします。フライドポテトが、かなりおしゃれなメニューになるのですね。
そういうわけで、フィッシュ&チップスは、サクサクのお魚のフライとフライドポテトということになります。

文化の違いで魚の食べ方も色々

写真素材なら「写真AC」 (5916)

17 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

「越後そば 青山一真」で新潟の食に出会う

新潟県魚沼地方発祥の郷土料理「へぎそば」の名店。

魚をきれいに食べたい!人に見られても恥ずかしくない上手な魚の食べ方

大切な人と食事に行って出てきた魚料理に戸惑ってしまった経験はありませんか?魚を上手に食べるのがどうしても苦手な人は、食べ終わったお皿の中は骨と皮でぐちゃぐちゃになりがちです。魚をきれいに食べるためのコツをレクチャーします!

食事にもおやつにもなる!カリッと食感のクリスピーラビオリ

【動画】ラビオリに衣をつけて油でカリッと揚げた「クリスピーラビオリ」のレシピをご紹介します。フードプロセッサーを使ってつくるラビオリの生地は、揚げればカリッと茹でればモチッとして美味しいですよ♪

フライと天ぷらはどっちが高カロリー?意外と知らない揚げ物の違いと吸油率の関係

ダイエットの天敵ともいえる揚げ物ですが、どうしても食べたいときは我慢せずに食べたいところ。そのためできるだけカロリーを抑えたい揚げ物ですが、その違いは食材の吸油率にありそう。高カロリーな揚げ物をできるだけ美味しく低カロリーで抑える秘訣も伝授します。

心奪われる華やかさ♡ドーナツ型でつくる「寿司ドーナツ」

【動画】今回ご紹介するのは、色鮮やかでとっても可愛い「寿司ドーナツ」です。ドーナツ作り以外では使い道がないドーナツ型を使えば、簡単に豪華な見た目のお寿司が作れます♡刺身の盛り合わせをスーパーで買って作れば、色んな種類のお寿司が楽しめるしリーズナブル♪ひなまつりの参考にしてみてくださいね!

キーワード

ライター

ビデリシャス編集部 ビデリシャス編集部