2015年7月9日 更新

そろそろワインをはじめてみませんか? Vol.6

泡が出るワインはシャンパン!?ほとんどの泡の出るワインはシャンパンではないのです!

「シャンパンありますか?」

泡の出るワインは、全てシャンパンだと思ってみえる方が多くいらっしゃいます。
でもそれは間違いなのです…
image by 筆者 (9414)

via image by 筆者
「お誕生日のお祝いにシャンパンを買ってきたよ!!」

シャンパンだと思って買ったものが、実はシャンパンではなかった…という失敗をしない為に、今回は「泡の出るワイン」についてお話しますね♪

その前に…
シャンパンとシャンペンという呼び方の違いって、何だと思われますか?

これはフランス語読みと英語読みの違いです。
ですがシャンパンというのも英語読みが変形したものなので、正しくは「シャンパーニュ」という呼び名が正解です。

シャンパーニュって言い難いですから、ご注文の際には「シャンパン」でいいんですけれど(笑)
機会がありましたらマメ知識として御披露ください♪

以下からは「シャンパン」ではなく「シャンパーニュ」という名称を使用しますね!!
image by 筆者 (9416)

via image by 筆者
「泡の出るワイン」とは発泡性ワインや弱発泡性ワインのことで、1気圧以上のガス圧を持ったワインを指します。

その中で通常は3気圧以上のガス圧を持つものを、発泡性ワイン=スパークリング・ワイン(Sparkling wine)と呼びます。
それ以下の気圧のものは、弱発泡性ワインとして区別されます。

シャンパーニュ(Champagne)と呼ぶことが出来る発泡性ワインは、フランスのシャンパーニュ地方で造られ、フランスのワイン法(A.O.P.)の規定条件を満たしていなくてはいけません。

A.O.P.: Appelation d'Origin Protegee(アペラシン・ドリジン・プロテジェ)保護原産地呼称の略。

その規定とは、葡萄栽培地域、葡萄品種、栽培方法、伝統的製造方法(メトード・トラディショナル(Méthode Traditionnelle)=シャンパーニュ方式(Methode Champenoise))、アルコール度数(11度以上)といった項目があります。

全てを満たした発泡性ワインのみ「シャンパーニュ」という名称を名乗ることが出来るのです。

「シャンパーニュ」以外にも、各国には様々なスタイルを持つ発泡性ワインがあり、それぞれの国の呼称があります。

フランス=ヴァン・ムスー(Vin Mousseux)、クレマン(Cremant)

Comté Crémant du Jura by AtlantaWineGuy (9419)

シャンパーニュ地方以外で造られたフランスの発泡性ワインは、すべてヴァン・ムスーと呼ばれます。

「ムスー」とは「泡」という意味です。
ヴァン・ムスーには、シャンパーニュ方式と同じ製法で造られたものと、密閉タンクで2次発酵を行うシャルマ方式で造られたものがあります。

代表的なものに、ロワール地方のソーミュール地区で造られるヴァン・ムスーがあります。
シュナン・ブラン(白葡萄品種)を主体として、シャンパーニュ方式で造られます。
フランスのワイン法により、ソーミュール・ムスー(Saumur Mousseux)という呼称が認められています。

クレマンの名の由来は「泡が半分取り除かれたシャンパーニュ」です。
シャンパーニュよりもガス圧が低く、優しい泡が特徴です。

シャンパーニュの製法とほぼ同じ製法で造られ、シャンパーニュと同じように厳しい規定が設けられています。
その為フランスのワイン法で、「クレマン」という呼称が認めれているのです。

イタリア=スプマンテ(Spumante)

Spumante  by Conani| Flickr (9422)

スプマンテはイタリア語で「発泡性の」という意味です。
スプマンテはイタリアで造られた発泡性ワインの総称です。
ほとんどがシャルマ方式で造られています。

ドイツ=シャウムヴァイン(Schaumwein)、ゼクト(Sekt)

Bernhard Sekt by  khawkins04 | Flickr - Photo Sharing! (9425)

シャウムヴァインは発泡性ワインの総称です。
但し原酒(ワイン)はEUのものであること、ヴィンテージ、葡萄品種のエチケットへの表示は不可です。

ゼクトはEU各国で生産することが出来ます。
原酒が1つ国からのものなら、その国名をエチケットに表示できます。
例えば、French Sekt、Italian Sectといった表示が可能です。
原酒が複数の国からのブレンドである場合はSectという表示のみで、国名は表示できません。

ガスは二次発酵により得られたものという規定があり、注入したものは不可。
シャンパーニュ方式またはシャルマ方式で造られたもののみということです。

また、ドイツ産の葡萄100%でドイツ国内において造られたものは、ドイチャー・ゼクト(Deutscher Sekt)
と表示されます。

ドイツの法律は、とても複雑で難しいですね…

スペイン=エスプモーソ(Esupumoso)、カヴァ(Cava)

20 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

食通が憩う隠れイタリアン「神楽坂イルカンポ」

神楽坂にある本場仕込みの隠れ家レストラン!

【ワイン特集】新しい文化の誕生、オーストリアワイン×日本料理!

今、オーストリアワインと寿司を始めとした会席料理は風味や味わいの相性が良いと注目されています!

ピンクのクリームで華やかにデコレーション♪おしゃれでキュートなおつまみ「エクレア・サレ」

【動画】サクサクのエクレア生地に、サーモンとクリームチーズの爽やかなクリームを添えて。ワインなどのアルコールのお供にもぴったりです!彩りをプラスして華やかな仕上がりに。見ているだけで気分が上がるフィンガーフードです♪気軽につまめるのでイベントやパーティーで活躍すること間違いなし!

ワインに合う♡ベーコン&バジルのもちもちポンデケージョ

【動画】ブラジル生まれのチーズパン「ポンデケージョ」。チーズの塩気ともちもち食感がクセになる美味しさです。今回は刻んだベーコンとバジルを入れてワインにぴったりな味に仕上げましたが、黒ごまやコーンなど好きなものを入れてアレンジしてみてくださいね♪

2色のぶどうを白ワインゼリーで閉じ込めた♡大人のフルーツテリーヌ

【動画】今回は2色のぶどうを使った大人のフルーツテリーヌをご紹介します。白ワインとサイダーのゼリーに2色のぶどうをたっぷりと閉じ込め、さらにミントとヨーグルトの爽やかなゼリーを重ねて2層のテリーヌにしました。切った時の断面に感動するはずですよ♡

キーワード

ライター

ビデリシャス編集部 ビデリシャス編集部