2015年7月21日 更新

こどもの日は、なぜ粽(ちまき)を食べるの?

子供の頃は、単純に「5月5日は柏餅や粽(ちまき)を食べられる日♪」と思っていた方も多いと思いますが、このような習慣は一体どこから来たのでしょうか?

そもそも、こどもの日のルーツって?

Kondo Yukihiro (9638)

五月五日はこどもの日ですね。武者人形を飾ったり、鯉のぼりを立てたりするお家もあるのではないでしょうか。

こどもの日は正確には、季節の変わり目を祝う五節句の中の一つで、「端午の節句」と言われます。午は「五」に通じ、端は「始まり」を意味する言葉で、五月の最初の五日となります。
昔はこの日から衣替えになり、邪気を祓うためにショウブやアヤメを軒先に飾っていました。
Demi (9639)

これが江戸時代に入って「ショウブ」が「尚武(武道などを大事なものと考える考え方)」に通ずるとして、子供、特に男の子の武芸上達を祈る行事となり、武者人形や鍾馗などの絵が描かれた幟、こいのぼりなどを飾るようになりました。

粽(ちまき)を食べる習慣はどこから来たの?

端午の節句には柏餅(ちまき)や粽を食べるのも一つの楽しみです。何気なく食べていますが、改めて考えると粽はお菓子にしては甘さも控えめなもの。子供のころは甘味が足りない変な食べ物だと思っていたこともあります。
粽は邪気を払うと言われますが、何故端午の節句に粽を食べるのでしょうか。
粽は古くは茅(ちがや)の葉で巻いたことから、「ちまき」と呼ばれるようになりました。

端午の節句に粽を食べるのは、元々中国で水神への供物を捧げていた行事が、屈原と言う楚時代の政治家の命日(五月五日)を弔う際に、米を竹筒に入れたり、笹の葉に包んで汨羅(べきら)の淵に投げ込んだ故事と結びついたのが始まりと言われています。

水神を祀る行事と、邪気や疫払いのいわれがある茅で巻いたことが、粽を食べることで邪気を払うと言われるようになったのかも知れません。
五月五日を含めた様々な行事が中国から伝わり、日本では端午の節句を含めた五節句に、季節ごとの食べ物を供えて祝う習慣になりました。後年、江戸時代には幕府がこの五節句を公式行事とし、特別な日としてお祝いをするようになり、民間へも広くこの行事が普及しました。

武士階級では、諸侯が祝い餅として粽を将軍に献上したと言います。

家ではおそらく武士も庶民も、粽や柏餅を作って食べたことでしょう。あるいは、余裕があれば菓子舗でこれらを購入していたこともあったのではないでしょうか。

粽の基本的な作られ方

yonibunga /Shutterstock.com (9647)

via yonibunga /Shutterstock.com
もともとの粽は米やもち米を葉で三角形、あるいは円錐形に包んで蒸したものでした。

発祥の中国では形は三角形のまま、肉や野菜を混ぜ込んだり、甘い餡を入れたりして米の形が残っている形態の粽へと発展します。

一方の日本では米の形が残ったものよりも、上新粉や米粉などを練った餅状の粽へと変わったようです。日本でも三角形の系統を保持しているところがありますが、粽と言えば円錐形に包まれたものが一般的になっています。細長い茅の葉の形から起こったと考えられるいわれと同じく、先のとがった円錐形が邪気を払う刃のように見えるからでしょうか。

粽の作り方にもいろいろありますが、基本は米粉に餅米粉を混ぜて、葭(よし)の串に付け、菰(こも)の葉に包んで蒸したものだったようで、蒸し上がったものに砂糖や蜜、黄粉をつけて食べていたようです。

京都の道喜粽(どうきちまき)

18 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

レンジで簡単!こどもの日に欠かせない「柏餅」

【動画】こどもの日に欠かせない食べ物といえば…柏餅!さわやかな柏の葉の香りに包まれたお餅は、昔から老若男女に愛されていて、毎年欠かさずこの時期になると食べているという方も多いのではないでしょうか?市販の柏餅も、もちろん美味しいですが手作りならではの出来立てをぜひ味わってくださいね♪

どうして端午の節句に「かしわもち」を食べるの?「ちまき」との違いは?

柏の葉に包まれた丸いおもち。端午の節句には欠かせないですよね!でも、地域によって「かしわもち」だったり「ちまき」だったりと、その形は様々あるようです。一体どんな違いがあるのでしょうか?端午の節句にかしわもちを食べるようになった理由と一緒に解説します!

香り豊かな竹に包まれた、具だくさんでちょっぴり贅沢な中華ちまき

【動画】豚肉や野菜の旨味をたっぷり吸わせたもち米は、蒸しあげるとモッチリした食感で食べ応え抜群!香り豊かな竹の皮でギュッと包むと美味しさ倍増です。冷めても美味しいので行楽シーズンにピッタリ♪

竹の皮のいい香りがさらにおいしさを引き立たせる簡単ヘルシー中華ちまきのつくり方

【動画】】今週のVEGGIE DISHESは、肉なし野菜いっぱいの中華ちまきです。出来上がったちまきは竹の皮に包んで蒸すと、竹の皮の香りがちまきにうつり、おいしさ倍増!竹の皮は洗って干せば数回使用可能なので、竹の匂いを感じながら召し上がってみてください。

桜餅と柏餅について

桜餅と柏餅・・・どっちを食べよう?ちょっと迷っちゃう、似ているようで似ていない?春の和菓子、桜餅と柏餅についてご紹介します。

キーワード

ライター

ビデリシャス編集部 ビデリシャス編集部