2015年7月23日 更新

初心者の為のウイスキーvol.4 「ジャパニーズ・ウイスキーについて」

最近、若い女性からも注目を集めるウイスキー。でも、そもそもウイスキーの原料って?バーボン、スコッチって何?このシリーズでは、そんな方でも楽しめるようウイスキーの生産地や種類、飲み方などをご紹介していきます。今回は、ジャパニーズ・ウイスキーと、ウイスキーの一般的な飲み方についてご紹介します。

ジャパニーズ・ウイスキーとは?

amigocosmo (9868)

日本で生まれた日本人の舌にあうウイスキー、それがジャパニーズ・ウイスキー。

主な蒸留所としては、【山崎蒸留所】【御殿場蒸留所】【軽井沢蒸留所】【宮城蒸留所】【余市蒸留所】などがあります。ジャパニーズ・ウイスキーも本家(イギリス)と同じように、「モルトウイスキー」と「ブレンデッドウイスキー」がありますが、日本人向けに香りを抑えている他、水割りにしても風味を損なわないのが特徴といえます。

【モルトウイスキー】
大麦麦芽を原料とし単式蒸留器で2回蒸留をおこないオーク樽で熟成させます。本家スコッチウイスキーに似ていますが、香りを抑えているため飲みやすいのが特徴です。

【グレーンウイスキー】
トウモロシなどの穀物を原料とし連続式蒸留器で蒸留しオーク樽で熟成させます。くせが少ないのが特徴で主にブレンド用として使われます。

【ブレンデッドウイスキー】
モルトウイスキーとグレーンウイスキーをブレンドしたウイスキーです。スコッチよりもくせが少なく、ソフトな香りと水で割っても風味が損なわれにくいのが特徴です。

一般的な飲み方をご紹介♪

【ストレート】

【ストレート】

小さめのグラスに3分の1程度ウイスキーを注ぎます。少なめに入れる事で、グラスの中で香りの広がりを楽しむことができます。味が強いと感じたら、加水して味を調整してみてください。
ストレートで飲む時は、チェイサーをつける事が基本です。一般的にミネラルウォーターを使用しますが、水にこだわる必要はありません。牛乳やお茶、はたまたビールをチェイサーとしても問題ありません。多種多様なウイスキーとチェイサーの組み合わせで、味わいは無数に広がります。
【オン・ザ・ロック】

【オン・ザ・ロック】

グラスに大きな硬い氷を入れ、氷が溶けないうちに数口で飲みきれる量を注ぎます。ストレートと同じようにチェイサーをつけて飲んでもOKですよ。
via HandmadePictures/Shutterstock.com
【水割り】

【水割り】

氷を入れたグラスに3分の1程度ウイスキーを注ぎ、ミネラルウォーターを注ぎます。水道水を使用すると、カルキなどでウイスキーの味や香りが損なわれるので気をつけてください。
【ハイボール】

【ハイボール】

水割りと同じ要領で、ミネラルウォーターの代わりにソーダ水やトニックウォーターを注ぎます。
via photonewman/Shutterstock.com
ウイスキーにも個性があり、それぞれ個性を活かした飲み方があります。

香りや味に特徴があるシングルモルトは、ストレートやオン・ザ・ロックといった飲み方があっていますが、くせの少ないブレンデッドウイスキーは、水割りやソーダで割って飲むといったバリエーションを楽しむことができます。好みの飲み方は人それぞれ、自分なりの飲み方を探してウイスキーを楽しんでください。

thumbnail by amigocosmo on pixabay
https://goo.gl/LmJ7m2
10 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

初心者の為のウイスキーvol.3 「アメリカンウイスキーについて」

最近、若い女性からも注目を集めるウイスキー。でも、そもそもウイスキーの原料って?バーボン、スコッチって何?このシリーズでは、そんな方でも楽しめるようウイスキーの生産地や種類、飲み方などをご紹介していきます。今回は、アメリカンウイスキーについて。

初心者の為のウイスキーvol.2 「スコッチウイスキーについて」

最近、若い女性からも注目を集めるウイスキー。でも、そもそもウイスキーの原料って?バーボン、スコッチって何?このシリーズでは、そんな方でも楽しめるようウイスキーの生産地や種類、飲み方などをご紹介していきます。

初心者の為のウイスキーvol.1

最近、若い女性からも注目を集めるウイスキー。でも、そもそもウイスキーの原料って?バーボン、スコッチって何?このシリーズでは、そんな方でも楽しめるようウイスキーの生産地や種類、飲み方などをご紹介していきます。今回はまず、生産地による特徴から!

バーボンの香りがふわっと広がるお酒のおつまみ干し柿とくるみのフィグログ!

【動画】お酒のおつまみもいろいろで、揚げ物やスナック、ちょっとおしゃれなものだと生ハムにアヒージョ、ピンチョス。どれもとってもおいしいけれど、なんとなくいつも同じおつまみに選んでしまっていませんか?たまには気分を変えて、ワインとの相性が抜群で、香りも食感も楽しめる干し柿で作ったイタリアのお菓子「フィグログ」を作ってみてはどうでしょう?いつも違うおつまみにチャレンジしてみるとお酒ももっとおいしく飲めるかもしれませんよ。

「ウイスキーはお好きでしょ?」小雪だけじゃない魅惑のウイスキー

 小雪さんのサントリー角のCM、「ウイスキーはお好きでしょ?」フレーズはまだ頭のなかで鳴っていること思います。ウイスキーを語るのは小雪だけじゃない! ウイスキー好きのわたしがおススメする本当に美味しいウイスキーの話です。

キーワード

ライター

ビデリシャス編集部 ビデリシャス編集部