2016年10月6日 更新

まるで飲む美容液!?最近話題の「バーチウォーター」はもう試した?

ヘルシー志向の海外ではもう常識!? ココナッツオイルやチアシード、キヌアなど、次々と上陸しては大ブームを巻き起こすスーパーフード。 ついにデンマークから日本に上陸した「バーチウォーター」って一体何?

とっても貴重な「白樺の樹液」に熱視線!

 (27771)

バーチウォーターは、白樺の樹液のことで、ホワイトバーチウォーターとも言われています。
多くが亜寒帯の高原で育つ白樺の木。

白樺は別名「ウォーターツリー」とも言われている通り、大木なら1本の木から150リットルも採取することができるそう。
しかし、バーチウォーターは一年の中でも春先に数週間しか採取することができない貴重なもの。

健康志向に敏感な海外のセレブやモデルが火付け役となって海外で一大ブームを巻き起こした形で日本人にも知れ渡ることになりましたが、実は日本でも北海道の一部店舗で「限定販売」されていました。

大変貴重なので、全国に出荷されることなく北海道だけで「地産地消」されていたのですね。

バーチウォーターは「飲む美容液」?

 (27772)

白樺が芽吹くために地上から吸い上げた養分が樹液となって採取できるのがバーチウォーターです。

樹木を通して土壌の栄養が樹液、つまりバーチウォーターになります。
北欧など、白樺が生息する諸外国では「森の看護婦」ともいわれており、なんと1000年以上も前から民間療法として飲まれていました。

肝臓や腎臓の毒素を排出し、細胞を若返らせるアンチエイジング効果があるともいわれています。
体内で作りだすことのできない必須アミノ酸やミネラル、ビタミン、エンザイムなど、美肌効果に期待できる栄養が満点!
それは、「飲む美容液」や「赤ちゃんが体内にいるときの羊水」に近いとも例えられているほどなんです。

ママも子どもも安心して飲めるオーガニックな飲料

 (27773)

白樺の幹の皮部分は、ガムなどに含まれている「キシリトール」の原料にもなっています。
バーチウォーターも飲めばほんのりと甘いのですが、キシリトールの清涼感もあります。

欧米では「子供向けの飲料」としても人気。
砂糖や人工甘味料を使うことなく、甘さを感じられるので、健康やオーガニックなものにこだわるママたちにとっては強い味方のようです。

もちろん「飲む美容液」はヘルシー志向の女性にも大人気。
現地では、そのまま飲むのはもちろんのこと、お菓子の材料にしたり、発酵させればお酒にもなるそうです!
一度飲んでみたいですね♪
実はココナッツオイルを凌駕する勢いで注目を浴びているバーチウォーター。
これまで保存方法が難しく、市場に流通することはありませんでした。
でもこれからはデンマークをはじめ、多くのメーカーからバーチウォーターが出てきそうな予感!
今は日本であまりお目にかかれませんが、見つけたら試してみては?
10 件

キーワード

ライター

ビデリシャス・ライター ビデリシャス・ライター