2016年2月9日 更新

そろそろワインをはじめてみませんか? vol.15

11月の第三木曜日といえば、ボージョレ・ヌーボーの発売日ですね♪ 毎年毎年、今年のボージョレ・ヌーボーは素晴らしい!!と言われていますが… 2015年のボージョレ・ヌーボーは、本当に素晴らしい出来栄えでした!!

2015年の夏は暑く糖度が上がりました。

糖度が上がったが酸度が足りないと心配されましたが、収穫前に冷たい雨が降ったことで酸度が上がったそうです。造り手からは、「結果的にとてもいいバランスになったんだ!!」という喜びの声が聞けました。
Beaujolais by karaian (15619)

via Beaujolais by karaian
お天気任せなのかと思われるでしょうが、ワインは葡萄から造られるものです。栽培に気候が影響することを避けることは出来ません

ここ数年は世界的に天候が悪く安定していませんが、ボージョレ地方でもそれは同じで葡萄の成長不良に悩まされていました。
雹により葡萄の樹や果実が傷つくなどの被害に見舞われたのです。

そして気温の低い寒い夏。
ボージョレ・ヌーボーは、11月の第三木曜日に発売という決まりがあります。
その為、果実に糖度が足りないと感じても、葡萄の収穫を遅らせるには限度があります。
こういったマイナス面を抱えながらも、造り手達は丁寧な選果と醸造技術とでマイナス面を補い素晴らしいワインを造り出していました。

ボージョレ・ヌーボーのヌーボーって何?

Nouveau 2009 by jetalone (15622)

via Nouveau 2009 by jetalone
ヌーボー(Nouveau)とは新酒という意味です。
フランスでは新酒を、ヴァン・ド・プリムール(Vin de Primeur)/ヴァン・ヌーボー(Vin Nouveau)と呼んでいます。
ワインの新酒とはボージョレ地方だけのものでなく、フランス国内の他の地方にもヌーボーが存在し、ラングドックなどのヌーボーは近年人気が出てきています。
フランスのA.O.C.ヌーボーには規定があり、ブルゴーニュはアリゴテで作られる白ワイン、ラングドックはロゼワインと赤ワインなどと決められています。

法律内で認められている「初物ワイン」なのです。
その年の葡萄の出来栄えを評価する為のワインであり、ワイン業者を対象に提供されるものでした。

日本では1980年代に入り、バブル景気と共にボージョレ・ヌーボーは一大ブームとなりました。
今年は全盛期の半分の輸入量だと言われていましたが、それでも日本は今も最大の取引国です。

ヌーボーはフランスだけのものではありません。
例えば…
ノヴェッロ (Novello) 

ノヴェッロ (Novello) 

イタリアの新酒で「出来立ての」「生まれたばかりの」という意味です。
イタリア全土で白ワイン赤ワイン共に認められ、11月6日が解禁日です。
via Novello by ryumu
ホイリゲ (Heurige)

ホイリゲ (Heurige)

オーストリアの新酒で「今年の」という意味です。
ホイリゲを提供するワイン専門の居酒屋も「ホイリゲ」と呼ばれています。
11月11日が解禁日です。
via image by 筆者

ボージョレ・ヌーヴォーって美味しいの?

Gamay grapes by Sue1454 (15627)

via Gamay grapes by Sue1454
ボージョレ・ヌーボーと同じ価格を払うなら他に美味しいワインがある!!
近年のボージョレ・ヌーボーの消費の落ち込みは、売り場に多くの国々のワインが充実し、選択肢が広がったことが影響していると考えられています。

ボージョレ・ヌーボーなんて美味しくない!!という評判を聞くと悲しい気持ちになります。
ボージョレ・ヌーボーってそんなに美味しくないワインなのでしょうか?
ボージョレ・ヌーボーが美味しくないと言われる理由はその醸造方法にある、という内容の話をネット内でよく見掛けます。

ボージョレ・ヌーボーはガメイ(Gamay)という黒葡萄から造られます。
香りの中に苺やラズベリーの赤い果実が感じられ、どことなく甘さを感じることが出来ます。
子供の頃食べた苺キャンディーを思い出す香りがします。
渋み(タンニン)は少なく、新鮮な果実味を感じるワインに仕上がります。

では製造方法ですが、ボージョレ・ヌーボーは9月に収穫した葡萄を短期間でワインに仕上げなければいけません。
その為にマセラシオン・カルボニック(Macération Carbonique)と呼ばれる製造法を行います。

マセラシオン・カルボニック(Macération Carbonique)とは?

Vendange Monthélie 2008 by Karen 21 (15630)

※C6H12O6 → 2 C2H5OH + 2 CO2
糖分→エチルアルコール+二酸化炭素

これがアルコール発酵の化学式です。
アルコール発酵では、糖分が酵母の働きによりエチルアルコールと二酸化炭素を生成します。
via Vendange Monthélie 2008 by Karen 21
マセラシオン・カルボニック(Macération Carbonique)を日本語では「炭酸ガス浸透法」と呼びます。

通常は収穫した葡萄を破砕しますが、マセラシオン・カルボニックでは破砕しません。ステンレスタンクに上から順に葡萄を入れていきます。
タンクの下の葡萄は重さで潰れていきます。そして果汁が流れ出て自然に発酵が始まります。

発酵が始まると炭酸ガス(二酸化炭素)が生成されます。

やがてタンク全体は、炭酸ガスで充満されていきます。
炭酸ガスが充満したタンクの中では、潰れていない葡萄の細胞内部が酵素の働きによってリンゴ酸を分解し、アルコール、アミノ酸、コハク酸などを生成していきます。
葡萄の皮からも成分が浸出していきます。

「マセラシオン・カルボニック」とは、細胞内の酵素による発酵を利用する醸造方法なのです。
醸造の話は難しいですね。もう少しついてきて下さいね!!

マセラシオン・カルボニックには人工的に炭酸ガス注入をする方法もありますが、ボージョレでは自然に発生する炭酸ガスを利用しています。自然に発生する炭酸ガスを利用することに拘り続けています。
26 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

そろそろワインをはじめてみませんか? vol.17

二回に渡りボージョレ・ワインについてお話してきました。ボージョレ地方の生産者は、とてもとても苦境に立たされています。 ボージョレ地方全体の生産量は激減しています。輸入量が、全盛期の半分の量まで減ってきているお話をしました。 ボージョレ・ヌーボーが世界的に買われなくなっただけでなく、ボージョレ地方全体の生産量が10年前と比べると半分の生産量に減っています。買われなくなったことで、廃棄しているワインもあると聞きます。新しくワインを造っても、前年度のワインが残っていては置き場所に困ってしまいます。勿体無いとは言っていられない現実がここにあります。人気の低いワイン産地もあるのですが、日本は世界中のワインが集まってくる幸せな国です。もっともっと、色々な産地の色々な葡萄品種、様々なワイン達を飲んでみて欲しいなって思います。もう少しボージョレ・ワインについてお話したいと思います。 ボージョレ地方、そしてボージョレの地で作られるガメイ種についてお話させてください!!

そろそろワインをはじめてみませんか? vol.16

ボージョレ・ヌーボーが造られているのは、フランスのボージョレ地方でしたね!!ボージョレ・ヌーボーの最大のマーケットである日本には、解禁日に合わせて多くの生産者がセールス・プロモーションの為に来日します。来日した生産者とお話していると聞こえてくる本音…「日本はボージョレ・ヌーボーは買ってくれるけど、ボージョレを買ってくれない」ヌーボーは「新酒」として生産され販売される、ちょっと特殊なワインでしたね!!それではボージョレ地方では、他にどんなワインが生産されているのでしょうか?今日はボージョレ地方のワインについてお話したいと思います。

そろそろワインをはじめてみませんか? vol.24

皆さん、楽しいお酒との時間を過ごされていますか? ワインを飲むことが出来る飲食店は増え続けていますが、皆さんはどんなワインを楽しまれているのでしょうか? 今日はブランデーのお話をしたいと思います。レストランでちょっと格好良く、食後にブランデーを飲めたら素敵だと思いませんか? デザートでオーダーするほど甘いものが お好きでない方の為に、デザートとチーズのどちらかを選べるレストランは多くあります。 チーズと甘いワイン(貴腐ワインやポートワインなど)もいいですが、甘いものがとにかく苦手な方にはブランデーがお薦めです♪

そろそろワインをはじめてみませんか? vol.23

2016年4月16日~19日 第15回A.S.I.世界最優秀ソムリエ・コンクール アルゼンチン大会‼ ソムリエという職業はその技術と知識を競い合う、コンクールという素晴らしい機会のある仕事です。 今日は是非ソムリエ・コンクールについてお話させてください♪

そろそろワインをはじめてみませんか? vol.21

2016年、日本ソムリエ協会は新しい会長を迎え、新たな気持ちでスタートを切りました。 日本で一番有名なソムリエですね!!田崎信也さんが会長となりました。 今年4月は「第15会世界最優秀ソムリエコンクール」がアルゼンチンで開催されます。コンクールは3年に一度開催され、田崎さんは1955年第8回の優勝者です。ソムリエという仕事が注目を浴びそうに思います。

キーワード

ライター

ビデリシャス編集部 ビデリシャス編集部