2015年4月13日 更新

【ごはん映画】ショコラ | 新しいものをもたらす象徴のチョコレートとは?

"食"にまつわる映画を紹介する「ごはん映画」の連載、今回のテーマはチョコレート!タイトルはアカデミー賞5部門にノミネートされた『ショコラ』(’00)です。

 (555)

今回の「ごはん映画」のテーマはチョコレート、タイトルはアカデミー賞5部門にノミネートされた『ショコラ』(’00)です。

出演は、映画『トリコロール/青の愛』(’93)や『イングリッシュペイシェント』(’96)で知られるフランス出身の名女優ジュリエット・ビノシュ、オスカー常連のジュディ・デンチ、そして、数多くの美女と浮名を流し、つい先日、23歳下の女優アンバー・ハードと結婚したジョニー・デップなど豪華な布陣です。

監督は名匠ラッセ・ハルストレム。そういえば、彼は『ギルバート・グレイプ』(’93)や『砂漠でサーモンフィッシング』(’11)、『マダム・マロリーと魔法のスパイス』(’14)など、食を絡めた作品に何かと縁がありますね。

では、早速ストーリーをご紹介しましょう。

物語の舞台はフランスのランスケネ村。古くからの伝統を重んじ、氷のように閉ざされたそこに、ある日、赤いマントを羽織ったいかにも風変わりな母・ヴィアンヌ(ジュリエット・ビノシュ)と娘・アヌーク(ヴィクトワール・ティヴィソル)がやってきて、チョコレートの店を開きます。南国を想わせる水色の壁をした店は、静かで暗い村の中ですっかり浮いた存在。しかも時は四旬節の断食期。村人たちからは好奇の目を向けられて、店には客が寄り付きません。そして、ミサに参加しないヴィアンヌは異端者として扱われ、特に敬虔な信仰を持つ村長のレノ伯爵(アルフレッド・モリーナ)から反発を買いますが、そのうち店の大家である老女アルマンド(ジュディ・デンチ)や、夫のDVに苦しむジョゼフィーヌ(レナ・オリン)をはじめとする村人たちの心を、自らのチョコレートで少しずつ溶かしていきます……。
ところで、皆さんはチョコレートの起源を知っていますか?

劇中、「2000年前のレシピで作った」ホットチョコレートが登場することからも伺い知れるように、紀元前のオルメカ文明(日本では縄文時代後期から弥生時代ぐらい)にチョコレートは誕生したとされています。そして、その古代メキシコでは、カカオは“神様の食べ物”といわれていたようです。

また、ヴィアンヌが娘アヌークに添い寝しながら聞かせることに、古代マヤ族はチョコレートを神の捧げものとして儀式に用いていたという話があります。チョコレートの原料であるカカオは、「心の鍵を開き、運命を解き放つもの」と崇められていたようですね。ちなみに味は、今のように甘くなく、チリなどのスパイスを混ぜて食されていたのだとか。

このチリパウダーがかかったホットチョコレートを、ヴィアンヌはアルマンドや流れ者のルー(ジョニー・デップ)らに振る舞います。実際、私も試しにチリをパラパラ振って飲んでみたのですが、なんとまあエキゾチックな口当たりだったことか。甘さの中に隠れたピリピリに頭と心が刺激されて、どことなく前向きな気持ちになりました。

よく、チョコレートは恋の媚薬だなんていわれます。バレンタインデーは、そもそも菓子メーカーの販売戦略から始まったものですが、乗っかってみるのは悪いことではないと思いますし、チョコレートのチカラで何か新しいことが起こるかもしれないと期待を抱くのは夢のある話ではありませんか?

映画の終盤。ヴィアンヌのチョコレートによって変化を遂げた村人が集うミサで神父が次のように説教します。

「人間の価値とは何を禁じるか、何を排除するかではなく、何を受け入れるか、何を創造するかで決まるのではないか」

新しいもの、新しいものをもたらす象徴としてチョコレートが取り上げられている本作。楽しみを享受する大切さや人生の誘惑を、やさしく語りかけてくれます。まだ観ていないという方は、大切な誰かとご覧になってみてはいかがでしょうか。

(甘利美緒)
 (560)

『ショコラ』
ブルーレイ ¥2,381+税
DVD¥1,429+税
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
6 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ピンクペッパーのブラウニー| SOUL FLAVOR

【動画】カカオの濃厚な風味にピリっとピンクペッパーのアクセント。練り込んだクルミも加わり食感も楽しめる大人なスイーツ。是非、お試しあれ!

チョコレートは美容・健康の強い味方!「神様の食べ物」カカオの栄養成分と効能

はるか昔から、「神様の食べ物」として人類に愛されてきたカカオ。チョコレートやココアとして親しまれているとても身近な存在ですが、ただ美味しいだけではないんです。美容や健康を助ける、優れた栄養成分とその効能をご紹介します。

奥沢のチョコレート職人が作る1日限りのチョコレートパーティー

【動画】あま~い香りに包まれながらチョコレートの作り方を目の前で見ることができる特別な日。1日限りのチョコレートパーティーにみなさんをご招待!

プレゼントにしても喜ばれちゃうこと間違いなし♪見た目も味も栗づくしの栗ケーキ!

【動画】可愛い栗の型にマロンクリームを混ぜた生地を入れ、白あん・栗の甘露煮えを入れて焼き上げた秋のおやつ、栗ケーキの作り方をご紹介します。栗の下となる部分にチョコレートをつけ、上からけしの実をまぶし、見た目をより栗に近づけてみました。見た目も味も秋をいっぱい感じられるおやつですよ。

ベイクドなのにレア?両方のいいとこ取りした濃厚なチョコレートベイクドレアチーズケーキ

【動画】チーズケーキも好きだけど、チョコレートケーキも好き!ベイクドチーズケーキもレアチーズケーキも両方食べたい!そんなわがままが叶ってしまう、夢のようなスイーツ♪チーズ生地にはクリームチーズ以外にサワークリームやチョコレートを入れて、さらに上からグラッサージュをかけているから、チーズもチョコも濃厚!ベイクドチーズケーキとレアチーズケーキのいいとこ取りした食感も楽しんでくださいね♡

キーワード

ライター

ビデリシャス編集部 ビデリシャス編集部