2015年6月10日 更新

【ごはん映画】マラサダに白いロールキャベツ。見た事のない料理が雰囲気を演出『ホノカアボーイ』

ハワイ島の北、忘れられた町ホノカア。取り残された映画館で働くことになったレオ(岡田将生)は、町で一番ヘンクツでイタズラ好きのビー(賠償千恵子)と出会う。人見知りって優しい人のほうがなるのかな。恋のように、友のように惹かれあう2人の出会いと、胸をつく別れ。高山なおみの料理と、信じられないほどに美しい音楽。そのすべてが美しい。

 (5304)

動画はコチラからhttp://goo.gl/e3hc6N
皆さんは「マラサダ」というお菓子をご存じでしょうか。もとはポルトガルの家庭で作られていたもので、それが移民とともにハワイへ渡り、今ではハワイのローカルスイーツとして知られるようになりました。見た目は小学校の給食で出てきた揚げパンのよう。強力粉とイーストを混ぜて発酵させた生地を揚げ、粉砂糖やシナモンをまぶした熱々は、表面はサクッとしていて中はふんわりモチモチ。頬張ると、なんとも言えない懐かしさがこみあげてきます。ここ数年、ハワイアンフードの店が続々と日本上陸を果たしているので、実際に口にした方もいらっしゃるかもしれませんね。
 
ちょっぴり前置きが長くなりましたが、今回、ピックアップする“ごはん映画”『ホノカアボーイ』(’09)は、そのマラサダが日本でブレイクしたきっかけになったとされている作品です。

物語の舞台はハワイ島の北にあるホノカア。かつては日本人の移民によるサトウキビ農園やマカダミアナッツ産業で栄えた小さな町です。目抜き通りのママネストリートには、古き良き時代を彷彿とさせる「ホノカア・ピープルズ・シアター」という映画館があり、サンフランシスコの大学に通う主人公の玲雄(岡田将生)は、そこで映写技師としてアルバイトをすることになります。そして、それまでの生活とは違った、緩やかに流れる時の中で、玲雄はさまざまな住人たちと交流することに。例えば、日本のドラマと料理をこよなく愛する日系人のおばあさん・ビーさん(倍賞千恵子)や、映画館の館主で、常に何かを食べて口をモグモグさせているエデリさん(松坂慶子)、日本語が読めずに“同性愛”とプリントされたTシャツを着て、玲雄に日本のエロ本を取り寄せてくれとねだる好々爺・コイチさん(喜味こいし)、そしてハサミさばきが不器用で、玲雄のもみ上げの仕上げを左右非対称にしてしまう床屋のミツエさん(正司照枝)など。そうした風変りな彼らとの出会いによって、玲雄は少しずつ成長を遂げていきます。
ごはん映画的に注目したいのはビーさんが作る料理。監修しているのは料理家の高山なおみさんです。映画館で売られているマラサダはもちろんのこと、ビーさんが玲雄に振舞う“白いロールキャベツ”には観ているだけで胃袋をムギュッと掴まれてしまいます。つなぎに、パン粉の代わりにごはん(冷やごはんが◎)を使うのは、ぜひ試していただきたいですね。ごはんは肉の旨みやスープを吸うので、具がいっそうジューシーに仕上がります。あらびきソーセージやチェダーチーズを入れるのもポイント。これがコクをもたらします。ロールキャベツ一つに対してキャベツ2枚使うから栄養もたっぷり取れるし、煮込む前にオリーブオイルで焼くので香ばしさもプラスされる。そうそう、なぜ“白い”かって、仕上げにサワークリームと生クリームを使うんです。一般的なトマト味やブイヨンとは違って、まろやかでガッツリした味わいになりますよ。とても手間がかかっていますが、恐らくビーさんの玲雄に対する愛情があってのことでしょう。大切な人には、ゆっくり時間をかけておいしいものを作ってあげたいと思うものですから。

ビーさんが玲雄に抱いていた感情は明確にはされません。孫に対するようなものかもしれないし、一連の流れを観るにつけ、恋だったのかも、とも思わされます。物語の終盤、ビーさんと玲雄が糸電話でやりとりする場面があります。玲雄が「ごちそうさま」と伝えたのに対し、ビーさんが何と言ったのか。糸電話で口元を覆っているから、彼女の口の動きは見えないし、音声はそれを観客に伝えません。彼女が玲雄のために料理を作っていた姿を通して、その言葉を想像する。それも、この“ごはん映画”から得られる愉しみの一つかもしれません。

(甘利美緒)
 (5307)

『ホノカアボーイ』
発売中
発売元:フジテレビジョン/電 通
販売元:ポニーキャニオン
価 格:¥4,700(本 体)+税
(C) 2009 FUJITELEVISION/DENTSU / ROBOT
4 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

おもてなしにぴったりの色鮮やかなハワイ料理♪さっぱり冷たい"ロミロミサーモン"

【動画】「ロミロミ」とは、ハワイの言葉で「揉む」という意味。サーモンとトマト、玉ねぎなどを細かく切ってロミロミ優しく混ぜたさっぱり冷たい前菜です。カラフルでとっても華やかなので、おもてなし料理にぴったりです!

ニンニクの香りが食欲をそそる!ハワイのB級グルメ「ガーリックシュリンプ」

【動画】日本人観光客にも大人気のハワイアングルメ「ガーリックシュリンプ」。たっぷり入ったニンニクが食欲をそそりますよね♪エビは殻ごと豪快に炒めるから中の身はプリプリで、エビ好きにはたまらない一品♡今回はレモンバター風味で、まるでフレンチのような上品な味わいのガーリックシュリンプに仕上げました!

ふわふわで優しい甘さ♡ハワイのおやつ「紫いものマラサダ」

【動画】ハワイの定番おやつ「マラサダ」!日本の揚げパンやドーナツみたいなお菓子で、優しい甘さともっちりふわふわとした食感がクセになりますよ♪今回は紫いもパウダーで作りましたが、かぼちゃパウダーやココアなど色々な味のマラサダを作ってみてくださいね!

丸めてポンッ♪と揚げたら完成!!ふっわふわのドーナツ、マラサダの作り方

【動画】今回はハワイでよく食べられるドーナツ、マサラダを作ります。生地を丸めて揚げるだけで作れちゃうので、ちょっと小腹が空いた時に時間もかからず簡単に作れちゃいます♪スタンダードなものはクリームなど入っていませんが、中にクリームを入れたり、メープルシロップをかけて食べるのもおいしくオススメですよ!

レンジで簡単!お家で本格ポップコーンが楽しめるポップコーンメーカー

映画館に行くと甘い香りが漂っていて、つい食べたくなってしまうポップコーン。外出先でなくても、お家でもポップコーンは作ることができます。「弾ける勢いが良過ぎて怖くないの?」そんなことはありません。自宅でできるポップコーンポッパーを是非お試しあれ!

キーワード

ライター

ビデリシャス編集部 ビデリシャス編集部