2016年8月24日 更新

そろそろワインをはじめてみませんか? vol.22

2016年4月16日~19日 第15回A.S.I.世界最優秀ソムリ エコンクール アルゼンチン大会が終わりました。 今日はアルゼンチン大会の内容に触れたいと思います。

予選はヨーロッパ大陸、アメリカ大陸、アジア・オセアニアの各地域代表、世界各国での予選を突破した58カ国60名で行われました。
そこから準決勝に残ったのは15名です。
その15名の中に日本人が二人。これはとても誇らしいことです♪


1 Raimonds Tomsons (Latvia 35歳)
2 Gareth Ferreira (South Africa 30歳)
3 Jon Arvid Rosengren (Sweden/Europe 31歳)
4. Christian Jacobsen (Denmark 29歳)
5. Hiroshi Ishida (Japan/Asia-Oceania 46歳)
6. Rassadkin Alexander (Russia 28歳)
7. Henrik Dahl Jahnsen (Norway 24歳)
8. Paz Levinson❤  (Argentina/Americas 37歳)
9. Julie Dupouy ❤ (Ireland 33歳)
10. Heidi Makinen❤  (Finland 27歳)
11. Elyse Lambert ❤ (Canada 42歳)
12. Satoru Mori (Japan 38歳)
13. David Biraud (France 43歳)
14. Robert Andersson (Sweden 32歳)
15. Piotr Pietras (Poland 28歳)

※❤マークは女性選手です
北欧の勢いを感じますね!!
ソムリエール達も勢いがあります!!

女性のセミファイナリストは、2010年のチリ大会では(12人中)4名、2013年の東京大会では(12人中)3名、そして今回2016年のアルゼンチン大会では、(15人中)4名が進出しました。
東京大会では、カナダ出身で南北アメリカ大陸代表 Veronique Rivest選手が2位獲得♪
今アジア大会の女性セミファイナリストは4名でした♪♪

準決勝実技試験

課題は4つの部屋を次々と周る方式でした。
White & Rose Wine by uetchy (22152)

via White & Rose Wine by uetchy
Room① デギュスタシオン(Degustation) (制限時間7分)
ロゼワイン白ワイン(甘口)を飲みフルコメントします。外観、味わい、香り、提供温度などなどコメントして、最終的にワインを特定します。
Fine Port by dailylifeofmojo (22154)

via Fine Port by dailylifeofmojo
Room② テーブルが一つ。課題は2つ。

課題1 (制限時間3分)
1, 2名の仮想客がポートをグラスで飲みたいと希望している。
2, このレストランではグラスでのポートの提供はない。しかしワインリストにボトルでの提供の3種類のポートがある。

トゥニーポート10年(Tawny Port 10 Years Old)
レイト・ボトルド・ヴィンテージ 2009 (Late Bottled Vintage 2009)
ヴィンテージ・ポート 2000(Vintage Port 2000)

3, どうしてもポートが飲みたいが、ボトルでの注文ではなくグラスでの注文という御要望に対応する。
Vino Argentina by @jesusdehesa (22156)

via Vino Argentina by @jesusdehesa
課題2 (制限時間4分)
1,アルゼンチン産マルベック種の酒精強化ワインが用意されている。
・テイスティングして簡単にコメントする。
・2名の仮想客にグラスでサービスし、用意された複数の前菜(ブルーチーズや牛肉のカルパッチョなど)から一つ選んで提供する
Russian Blinis and smoked salmon by Catherine Ford MALAGA (22158)

via Russian Blinis and smoked salmon by Catherine Ford MALAGA
Room③テーブルが二つ(AとB)。AとBで別々の課題。
テーブルA (制限時間5分)

1, 卓上には白ワインと赤ワイン、ブリニ(甘くない塩味のパンケーキ)とゴートチーズとスモークサーモンの前菜が置かれている
2, 料理を食べ、ワインをテイスティングし、どちらのワインを薦めるかプレゼンテーションする。
3, 薦めるワインに対して「違うワインにしたい」と否定されます。それに対応し状況を打開する。



テーブルB (制限時間1分+4分の計5分)

1, 最初の1分で仮想客に質問し状況を把握する。この時、ワインに触れてはいけない。
※状況は以下の内容
会社の20周年記念で50名のパーティーを、一ヶ月後にメンドゥーサで行う。
パーティーでは白赤甘口のワインを用意したいとの希望。
ワインを用意したが、あるワインだけ「このワインは希望と違う」と思っている。
2, 続く4分間でワインの特定と説得。
※ワインはシェリーだったようです。(多くの選手がフィノとコメントしていました)

※シェリーはおおまかに4種類に分けられます。「フィノ」「マンサニーリャ」「アモンティリャード」「オロロソ」です。 「フィノ」は軽めの辛口シェリーです。
Room④ 課題に対して口頭で提案。(制限時間5分)

1, 海外からの観光客でワイン好きグループが、初めてのアルゼンチン旅行でメンドーサを訪れました。
2, グループは40歳位の男女30名。
3, アルゼンチンワインを楽しむ為に、複数のレストランに問い合わせをしている。
4, 問い合わせを受けているレストランは、この予約を是非受注したい。
5, 詳細は自由に決めて良いので、 他店に負けない魅力ある提案をする。

このような課題を次々にこなしていきます。
課題を事前に教えて貰えるわけではありませんから、本物の実力、それに持久力が要求される厳しい内容です。

決勝進出者の発表は準決勝当日、その日には発表されません。
準決勝と決勝の間を一日空け、準決勝翌日はワイナリー見学をします。
決勝進出者は決勝当日に発表され、そして決勝が行われます。

いよいよ決勝!!

決勝進出者は3名です。

Jon Arvid Rosengren (Sweden/Europe 31歳)
Julie Dupouy (Ireland 33歳)
David Biraud (France 43歳)

では決勝の課題‼

課題① (制限時間8分)。
テーブルに4人の仮想客。

・3人はMoet et Chandon Extra Brut、1人はVery Dry Martiniが飲みたい。
・ワインクーラーにはExtra Brutがないので、説明し別のワイン(Moet et Chandon Vintage 2006)をサービスする。
・Martiniのタイプを訊くとClassicとの返答。カクテルを作ってサービスする
26 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

そろそろワインをはじめてみませんか? vol.24

皆さん、楽しいお酒との時間を過ごされていますか? ワインを飲むことが出来る飲食店は増え続けていますが、皆さんはどんなワインを楽しまれているのでしょうか? 今日はブランデーのお話をしたいと思います。レストランでちょっと格好良く、食後にブランデーを飲めたら素敵だと思いませんか? デザートでオーダーするほど甘いものが お好きでない方の為に、デザートとチーズのどちらかを選べるレストランは多くあります。 チーズと甘いワイン(貴腐ワインやポートワインなど)もいいですが、甘いものがとにかく苦手な方にはブランデーがお薦めです♪

そろそろワインをはじめてみませんか? vol.23

2016年4月16日~19日 第15回A.S.I.世界最優秀ソムリエ・コンクール アルゼンチン大会‼ ソムリエという職業はその技術と知識を競い合う、コンクールという素晴らしい機会のある仕事です。 今日は是非ソムリエ・コンクールについてお話させてください♪

そろそろワインをはじめてみませんか? vol.21

2016年、日本ソムリエ協会は新しい会長を迎え、新たな気持ちでスタートを切りました。 日本で一番有名なソムリエですね!!田崎信也さんが会長となりました。 今年4月は「第15会世界最優秀ソムリエコンクール」がアルゼンチンで開催されます。コンクールは3年に一度開催され、田崎さんは1955年第8回の優勝者です。ソムリエという仕事が注目を浴びそうに思います。

そろそろワインをはじめてみませんか? vol.19

みなさんはソムリエの仕事って、ワインの給仕だけだと思われていませんか?ソムリエはワインだけでなく、水、日本酒など飲料全般の提供や管理などを行います。 店舗によって一部の飲料しか揃えていない等ありますが、全ての飲料に対してアドバイス出来るように知識を蓄える必要のある仕事なのです。パリのミシュラン星付きレストラン等では、日本酒を見掛けるようになりました。 ソムリエ達の日本酒への関心は高く、その知識もとても高く兼ね備えています。 フランス料理に日本酒を巧みに合わせてくれ、驚きと感激を与えてくれます。食の都パリで日本酒が認められていることは嬉しいことですね♪今日はフランスで頑張っている日本酒について、ちょっと触れてみたいと思います。

そろそろワインをはじめてみませんか? vol.17

二回に渡りボージョレ・ワインについてお話してきました。ボージョレ地方の生産者は、とてもとても苦境に立たされています。 ボージョレ地方全体の生産量は激減しています。輸入量が、全盛期の半分の量まで減ってきているお話をしました。 ボージョレ・ヌーボーが世界的に買われなくなっただけでなく、ボージョレ地方全体の生産量が10年前と比べると半分の生産量に減っています。買われなくなったことで、廃棄しているワインもあると聞きます。新しくワインを造っても、前年度のワインが残っていては置き場所に困ってしまいます。勿体無いとは言っていられない現実がここにあります。人気の低いワイン産地もあるのですが、日本は世界中のワインが集まってくる幸せな国です。もっともっと、色々な産地の色々な葡萄品種、様々なワイン達を飲んでみて欲しいなって思います。もう少しボージョレ・ワインについてお話したいと思います。 ボージョレ地方、そしてボージョレの地で作られるガメイ種についてお話させてください!!

キーワード

ライター

ビデリシャス編集部 ビデリシャス編集部