2016年6月14日 更新

梅干しは日本のスーパーフード!あの酸味に隠されたアンチエイジング効果とは?

最近流行のスーパーフードですが、日本でもずっと愛されてきた“梅干し”にもたくさんの健康効果があることはご存知でしたか? 1日1粒の梅干しがあなたの身体を健康にする秘密について迫ります!

ミネラルが豊富なアルカリ性食品で身体のサビを防ぐ

karins/Shutterstock.com (20534)

via karins/Shutterstock.com
梅干しにはカリウムやマグネシウム、カルシウムなどのミネラルが含まれています。
ミネラルはビタミン同様に体内で作り出すことができない栄養素なので、意識して取らないと不足しがちです。
代謝酵素、消化酵素など、ダイエット効果があるものも多い酵素を作り出すためにもミネラルの助けは欠かせません。
また、梅干しはアルカリ性食品の一つです。
肉類や米、小麦粉などの酸性食品を多く摂りがちな現代人の身体をアルカリ性食品である梅干しが中和して体内のバランスを整えてくれるのです。
ご飯、うどんなどの炭水化物と一緒に一粒の梅干しを口にすれば身体の酸化を防いでくれる効果が期待できます。

梅干しはすっぱくないとアンチエイジング効果なし!?

BrianWancho/Shutterstock.com (20535)

via BrianWancho/Shutterstock.com
梅干しが持つ独特な酸味の正体はクエン酸です。
血液をサラサラにして代謝を促し、疲れにくい身体を作るクエン酸は、レモンなどの柑橘系果物にも含まれています。
酸っぱい物を食べれば、唾液が分泌されますよね。
中には「写真を見ただけでも酸っぱくなってくる!」なんていう人もいると思います。
梅干しを食べることで分泌される唾液には、若返りホルモンとも言われている“パロチン”が含まれています。
病気の原因になる活性酵素の毒性を消す効果が高く、細胞を活性化してくれるのです。
抗酸化作用もある梅は、身体の酸化を防いでくれるので、生活習慣病やがん予防にも効果があると言われているほどなのです。

小さな梅干し一つが身体の救世主に

liza54500/Shutterstock.com (20536)

via liza54500/Shutterstock.com
まだまだたくさんある梅干し効果。
どんな時に効果を発揮するのか、いくつかご紹介します。

●酔い止め
唾液が三半規管のバランスを整えてくれるると言われています。

●血行促進
血圧が安定し、サラサラ血液になるので、動脈硬化、脳梗塞、心筋梗塞などの予防にもなります。

●疲労回復
クエン酸が血液に溜まった乳酸を代謝させるので、疲労回復や肩こりにも効果的です。

●口臭予防
口臭の原因は腸内で細菌が発酵してしまうからと言われています。
梅の殺菌作用は腸まで届くので、腸内環境を整えるだけでなく、口臭も予防します。
梅干しは1日に2個以上食べると塩分の摂りすぎになってしまうので、朝食に1個の梅干しをプラスするだけでOK。
スーパーやコンビニでも手軽に買うことができるのもいいですよね。
疲れた時には梅干しを食べて元気になりましょう!
10 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【栄養×美味×お手軽】秋の栄養素を堪能するならデニーズへ!

2018年9月11日より、全国のデニーズにて秋の栄養素メニュー開始!

モチモチな白パン×甘酸っぱい干し梅♪意外な組み合わせ!はちみつ梅干しパン

【動画】今回は和の食材を使って、さっぱりとした新しい組み合わせ!まるで大福のようにモチモチでフワフワな白パンに、甘酸っぱいはちみつ梅干しを練り込みました♪ぜひ作ってみてくださいね。

甘さと辛さと酸味が絶妙!タイ料理の定番「パッタイ」

【動画】タイの代表的な料理「パッタイ」は、日本でいう焼きそばのようなポピュラーな料理。ほんのり酸味が効いた甘辛さはとにかくクセになる味で、食欲が刺激されるので食べ過ぎ注意です!ぜひ本格タイ料理にチャレンジしてみてくださいね。

冷え性を改善する栄養とは?身体を温める食材を選んで身体を芯から温める食事法

食材や調味料などの中には、身体を温めるものもあれば、逆に身体を冷やしてしまうものもあります。食材が持っている栄養素を知れば、体を温めてくれる食材を選ぶことができますよね。悩んでいた「冷え性」も改善されるかもしれません。

薬だけで風邪は治らない!? 風邪やインフルエンザから身を守る栄養素と予防医学

病院でもらう薬はいずれも、「風邪症状を緩和させる目的」で処方されるもので、ウイルス自体をやっつける効果はあまりないといわれています。そんな厄介な風邪をひく前に、しっかり栄養をとって「風邪予防」に努めましょう!

キーワード

ライター

ビデリシャス・ライター ビデリシャス・ライター